通信・電話会社

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 通信/電話会社 RD:21 評価値:7
    • 大部品: 電気通信事業者 RD:7 評価値:4
      • 部品: 国営持ち株企業
      • 部品: 公衆電話の設置
      • 部品: 民間用通信回線の開通
      • 部品: 固定電話の販売と貸与
      • 部品: 良心的な電話料金
      • 部品: 電信による遠隔へのメッセージサービス
      • 部品: 電話番号の登録と販売
    • 大部品: 埋設型有線通信網 RD:6 評価値:4
      • 部品: 通信インフラの整備
      • 部品: 環状線と電話線の埋設
      • 部品: 電話交換局の設置
      • 部品: 遠隔地の孤立回避
      • 部品: 耐久ケーブルの使用
      • 部品: 通信局舎による広域管理
    • 大部品: 緊急通信設備 RD:5 評価値:3
      • 部品: 救急/警察への通報手段
      • 部品: 専用回線の使用
      • 部品: 予備回線によるサボタージュ対策
      • 部品: 緊急通信局の設置と業務
      • 部品: 通報の悪用と電話料金
    • 大部品: 通信の管理と規制 RD:3 評価値:2
      • 部品: 守秘義務の制定
      • 部品: 災害時の通信統制
      • 部品: 通信事業者の登録



部品定義


部品: 国営持ち株企業

電話会社は民間にその裁量の大きな部分を委ねている。これはある意味では賢明な事で利益的の追求と予算の使用用途という意味ではより商業的に利潤を目指すことが出来る。しかしその反面として裁量を大きく委ねる事で経営陣が暴走し予期せぬ事故を引き起こすこともあり得る。その為、電気会社の所持する株式のうち6割超を藩国で所有する事でこれらの防止策と制御をなし、半官半民の法人としてバランスをもって運営がなされている。

部品: 公衆電話の設置

各地に公衆電話を設置する事で各地への連絡を容易にするとともに、緊急時の通報などが効率的に行えるよう考慮され設置された。公共機関や交通機関などを中心にホテルやレジャー施設、人通りの多い通りなどに設置され、電話料金は先払いは硬貨かテレホンカードの挿入によって行われた。初期は少々高価な価格設定が為されていたが民間用の電話が普及するにつれて価格は安定し誰でも使えるようにその都度再設定された。

部品: 民間用通信回線の開通

公衆電話の設置から遅れて各地の商業施設や会社、少し裕福な家庭などに電話回線が開通した。初期はぜいたく品の一種、もしくは業務用の連絡手段としての使用が目されていたが普及するにつれて価格が低下、安定したおかげで一般家庭にも少しずつ普及していった。電話線は主に埋設されるか電線と共に人々の頭上を這う形で設置され、開通工事の際には国に届け出を為され開通作業が行われた。

部品: 固定電話の販売と貸与

当然ながら回線を開いただけでは電話をすることが出来ない。その為電話機の販売及び貸与が行われた。デザインはシンプルなものであったが使用面に関して言えば過不足はなかった。

部品: 良心的な電話料金

電話料金については誰でも利用できるようにする為に比較的安価に設定された。この価格は普及率と電話使用率に合わせて毎年改定され公示が行われ、高すぎないよう、しかし安すぎて赤字が出すぎない範囲で調整が為された。

部品: 電信による遠隔へのメッセージサービス

電信によって簡易的なメッセージを送るサービスが電話通信と並行して行われた。この簡易メッセージは祝電や弔辞などを中心に使用され、行事事などで重宝される事となった。

部品: 電話番号の登録と販売

通信回線を利用するための電話番号は基本的に登録制である。個人の場合は1世帯に一つ、法人は業務に複数必要なためにこの限りではなかった。基本的には登録料金を払う事で電話回線が開通される。登録番号の使用時間によって課金が為され翌月に使用した分の料金を払うことになる。また稀に縁起のいい番号などが記念的に販売され、これを抽選販売するなどの催しもあった。

部品: 通信インフラの整備

電話線は地中に埋設される形で各地に配線された。これには大規模な土木工事が行われた。しかし何らかの事情で地中に設置できない場合があり、その場合は電線を通じて各家庭へと繋がれる形になった。

部品: 環状線と電話線の埋設

環状線に隣接する形で配線用の埋設スペースを確保する事で各都市への電話回線を広く配する事が出来るよう配慮された。これにより都市間の電話線が各種工事で掘り起こされ断線してしまう可能性を減らし、同時に広い範囲へ通信するための基盤を整えられたのである。

部品: 電話交換局の設置

この通信網は一度電話をかけると各地に設置された電話交換局へと回線がつながり、電話交換士がかかってきた電話に対して有効な電話番号へその名の通りプラグを繋ぎ変える事で回線を繋ぐことによって機能している。これは非常に不便な方法で混戦などの事故も起こったがネットワーク化を防ぐための必要な手段でもあった。

部品: 遠隔地の孤立回避

この通信網は商業的な理由だけでなく通常の行き来が不便な遠隔地に対して有効な連絡手段を維持する目的としても重宝された。物理的な移動は困難でも少なくとも連絡をとる事で現状を知る事が出来、もしもの時に助けを送る事が出来るように各所の遠隔地には優先的に電話回線が設置された。

部品: 耐久ケーブルの使用

地中や電線にそってケーブルを這わせた場合腐食や雨風によるダメージが大きな課題となる。定期的に整備し交換しなければケーブルは駄目になってしまう事もあり得る。これを回避するために耐久性を重視したケーブルが使用され、メンテナンスが必要な期間を出来る限り引き延ばすことが出来るように配慮された。

部品: 通信局舎による広域管理

各地に電話料金の管理や設置、登録の受付などの通常業務を行う窓口となる通信局舎が設置された。これは通信設備の管理に断線状況や通信状況の確認を行う為の広域管理業務も担っており電話通信が円滑に行われるよう常日頃から普請される事となった。

部品: 救急/警察への通報手段

救急/警察への通報手段 電話回線は各地で事件が起きたときの通報手段としても活用され、特定の通報用の番号へと連絡すると通報専用の電話センターに接続され救急車や消防、警察などへの通報が行えるようになっていた。これにより円滑な緊急通報が為される事となり事件が起きたときの即応能力の改善に一役買う事となった。

部品: 専用回線の使用

緊急通報用の専用回線を用意する事により電話回線の混線やパンクを防ぎ、円滑な緊急通報が出来るよう配慮された。また同時に警察や消防、救急などは各自が個別連絡するための専用回線を個別で用意され、これらを通じて業務の円滑な連携が取れるよう配慮された。


部品: 予備回線によるサボタージュ対策

通信回線をサボタージュなどのテロ行為で攻撃された場合、通信手段の一つが寸断され情報連携が取れなくなってしまう事がある。これを防ぐための緊急通報用の回線は予備が用意され、応急的な連絡手段が維持できるよう考慮されている。

部品: 緊急通信局の設置と業務

各地に緊急連絡と非常時の通信対応を担う緊急通信局が設置された。これは通報に対する対応の他に災害時の連携や緊急時の通信統制などを担う場所の1つであり、公的機関の職員が常に詰める事となった。

部品: 通報の悪用と電話料金

緊急通報について電話料金は基本的にとられることはない。ただし悪戯や悪意的な活用ではこの限りではなく、犯罪発覚の遅延などのような悪意的な目的で大量の通報が行われるなどした場合などには逮捕者には多額の罰金が課せられる事となった。


部品: 守秘義務の制定

電話連絡は通常、個人的な目的、もしくは商業的な連絡のためなど各種秘密を持つこととなる。その為これらの秘密を守るために守秘義務が制定された。これは警察機関などが犯罪の捜査を行う場合に書類申請と審査を行ったうえで藩国からの許諾を得られた場合を除き電話や電報による通信を行った当事者以外がその内容を漏らすことを禁じるものであり。会話の秘密を守るためには必須のものであった。


部品: 災害時の通信統制

災害時には回線の使用が一時的に制限され、そのリソースを各種の対応に回されることがある。これは回線のパンクによってパニックが起こる事を防ぐためであると共に、その回線を悪用した犯罪やテロを防ぐための措置でもある。

部品: 通信事業者の登録

電話通信を通じて各種サービスを行う場合、通信事業者としてその事業内容の登録と一定期間ごとに適切な業務を行っているかの審査を受ける事になる。これは詐欺や違法な業務を防ぐための措置であり、適切に登録された業者が業務を行う事を妨害するためのものではない。



提出書式


 大部品: 通信/電話会社 RD:21 評価値:7
 -大部品: 電気通信事業者 RD:7 評価値:4
 --部品: 国営持ち株企業
 --部品: 公衆電話の設置
 --部品: 民間用通信回線の開通
 --部品: 固定電話の販売と貸与
 --部品: 良心的な電話料金
 --部品: 電信による遠隔へのメッセージサービス
 --部品: 電話番号の登録と販売
 -大部品: 埋設型有線通信網 RD:6 評価値:4
 --部品: 通信インフラの整備
 --部品: 環状線と電話線の埋設
 --部品: 電話交換局の設置
 --部品: 遠隔地の孤立回避
 --部品: 耐久ケーブルの使用
 --部品: 通信局舎による広域管理
 -大部品: 緊急通信設備 RD:5 評価値:3
 --部品: 救急/警察への通報手段
 --部品: 専用回線の使用
 --部品: 予備回線によるサボタージュ対策
 --部品: 緊急通信局の設置と業務
 --部品: 通報の悪用と電話料金
 -大部品: 通信の管理と規制 RD:3 評価値:2
 --部品: 守秘義務の制定
 --部品: 災害時の通信統制
 --部品: 通信事業者の登録
 
 
 部品: 国営持ち株企業
 電話会社は民間にその裁量の大きな部分を委ねている。これはある意味では賢明な事で利益的の追求と予算の使用用途という意味ではより商業的に利潤を目指すことが出来る。しかしその反面として裁量を大きく委ねる事で経営陣が暴走し予期せぬ事故を引き起こすこともあり得る。その為、電気会社の所持する株式のうち6割超を藩国で所有する事でこれらの防止策と制御をなし、半官半民の法人としてバランスをもって運営がなされている。
 
 部品: 公衆電話の設置
 各地に公衆電話を設置する事で各地への連絡を容易にするとともに、緊急時の通報などが効率的に行えるよう考慮され設置された。公共機関や交通機関などを中心にホテルやレジャー施設、人通りの多い通りなどに設置され、電話料金は先払いは硬貨かテレホンカードの挿入によって行われた。初期は少々高価な価格設定が為されていたが民間用の電話が普及するにつれて価格は安定し誰でも使えるようにその都度再設定された。
 
 部品: 民間用通信回線の開通
 公衆電話の設置から遅れて各地の商業施設や会社、少し裕福な家庭などに電話回線が開通した。初期はぜいたく品の一種、もしくは業務用の連絡手段としての使用が目されていたが普及するにつれて価格が低下、安定したおかげで一般家庭にも少しずつ普及していった。電話線は主に埋設されるか電線と共に人々の頭上を這う形で設置され、開通工事の際には国に届け出を為され開通作業が行われた。
 
 部品: 固定電話の販売と貸与
 当然ながら回線を開いただけでは電話をすることが出来ない。その為電話機の販売及び貸与が行われた。デザインはシンプルなものであったが使用面に関して言えば過不足はなかった。
 
 部品: 良心的な電話料金
 電話料金については誰でも利用できるようにする為に比較的安価に設定された。この価格は普及率と電話使用率に合わせて毎年改定され公示が行われ、高すぎないよう、しかし安すぎて赤字が出すぎない範囲で調整が為された。
 
 部品: 電信による遠隔へのメッセージサービス
 電信によって簡易的なメッセージを送るサービスが電話通信と並行して行われた。この簡易メッセージは祝電や弔辞などを中心に使用され、行事事などで重宝される事となった。
 
 部品: 電話番号の登録と販売
 通信回線を利用するための電話番号は基本的に登録制である。個人の場合は1世帯に一つ、法人は業務に複数必要なためにこの限りではなかった。基本的には登録料金を払う事で電話回線が開通される。登録番号の使用時間によって課金が為され翌月に使用した分の料金を払うことになる。また稀に縁起のいい番号などが記念的に販売され、これを抽選販売するなどの催しもあった。
 
 部品: 通信インフラの整備
 電話線は地中に埋設される形で各地に配線された。これには大規模な土木工事が行われた。しかし何らかの事情で地中に設置できない場合があり、その場合は電線を通じて各家庭へと繋がれる形になった。
 
 部品: 環状線と電話線の埋設
 環状線に隣接する形で配線用の埋設スペースを確保する事で各都市への電話回線を広く配する事が出来るよう配慮された。これにより都市間の電話線が各種工事で掘り起こされ断線してしまう可能性を減らし、同時に広い範囲へ通信するための基盤を整えられたのである。
 
 部品: 電話交換局の設置
 この通信網は一度電話をかけると各地に設置された電話交換局へと回線がつながり、電話交換士がかかってきた電話に対して有効な電話番号へその名の通りプラグを繋ぎ変える事で回線を繋ぐことによって機能している。これは非常に不便な方法で混戦などの事故も起こったがネットワーク化を防ぐための必要な手段でもあった。
 
 部品: 遠隔地の孤立回避
 この通信網は商業的な理由だけでなく通常の行き来が不便な遠隔地に対して有効な連絡手段を維持する目的としても重宝された。物理的な移動は困難でも少なくとも連絡をとる事で現状を知る事が出来、もしもの時に助けを送る事が出来るように各所の遠隔地には優先的に電話回線が設置された。
 
 部品: 耐久ケーブルの使用
 地中や電線にそってケーブルを這わせた場合腐食や雨風によるダメージが大きな課題となる。定期的に整備し交換しなければケーブルは駄目になってしまう事もあり得る。これを回避するために耐久性を重視したケーブルが使用され、メンテナンスが必要な期間を出来る限り引き延ばすことが出来るように配慮された。
 
 部品: 通信局舎による広域管理
 各地に電話料金の管理や設置、登録の受付などの通常業務を行う窓口となる通信局舎が設置された。これは通信設備の管理に断線状況や通信状況の確認を行う為の広域管理業務も担っており電話通信が円滑に行われるよう常日頃から普請される事となった。
 
 部品: 救急/警察への通報手段
 救急/警察への通報手段	電話回線は各地で事件が起きたときの通報手段としても活用され、特定の通報用の番号へと連絡すると通報専用の電話センターに接続され救急車や消防、警察などへの通報が行えるようになっていた。これにより円滑な緊急通報が為される事となり事件が起きたときの即応能力の改善に一役買う事となった。
 
 部品: 専用回線の使用
 緊急通報用の専用回線を用意する事により電話回線の混線やパンクを防ぎ、円滑な緊急通報が出来るよう配慮された。また同時に警察や消防、救急などは各自が個別連絡するための専用回線を個別で用意され、これらを通じて業務の円滑な連携が取れるよう配慮された。
 
 
 部品: 予備回線によるサボタージュ対策
 通信回線をサボタージュなどのテロ行為で攻撃された場合、通信手段の一つが寸断され情報連携が取れなくなってしまう事がある。これを防ぐための緊急通報用の回線は予備が用意され、応急的な連絡手段が維持できるよう考慮されている。
 
 部品: 緊急通信局の設置と業務
 各地に緊急連絡と非常時の通信対応を担う緊急通信局が設置された。これは通報に対する対応の他に災害時の連携や緊急時の通信統制などを担う場所の1つであり、公的機関の職員が常に詰める事となった。
 
 部品: 通報の悪用と電話料金
 緊急通報について電話料金は基本的にとられることはない。ただし悪戯や悪意的な活用ではこの限りではなく、犯罪発覚の遅延などのような悪意的な目的で大量の通報が行われるなどした場合などには逮捕者には多額の罰金が課せられる事となった。
 
 
 部品: 守秘義務の制定
 電話連絡は通常、個人的な目的、もしくは商業的な連絡のためなど各種秘密を持つこととなる。その為これらの秘密を守るために守秘義務が制定された。これは警察機関などが犯罪の捜査を行う場合に書類申請と審査を行ったうえで藩国からの許諾を得られた場合を除き電話や電報による通信を行った当事者以外がその内容を漏らすことを禁じるものであり。会話の秘密を守るためには必須のものであった。
 
 
 部品: 災害時の通信統制
 災害時には回線の使用が一時的に制限され、そのリソースを各種の対応に回されることがある。これは回線のパンクによってパニックが起こる事を防ぐためであると共に、その回線を悪用した犯罪やテロを防ぐための措置でもある。
 
 部品: 通信事業者の登録
 電話通信を通じて各種サービスを行う場合、通信事業者としてその事業内容の登録と一定期間ごとに適切な業務を行っているかの審査を受ける事になる。これは詐欺や違法な業務を防ぐための措置であり、適切に登録された業者が業務を行う事を妨害するためのものではない。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "通信/電話会社",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "電気通信事業者",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "国営持ち株企業",
             "description": "電話会社は民間にその裁量の大きな部分を委ねている。これはある意味では賢明な事で利益的の追求と予算の使用用途という意味ではより商業的に利潤を目指すことが出来る。しかしその反面として裁量を大きく委ねる事で経営陣が暴走し予期せぬ事故を引き起こすこともあり得る。その為、電気会社の所持する株式のうち6割超を藩国で所有する事でこれらの防止策と制御をなし、半官半民の法人としてバランスをもって運営がなされている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "公衆電話の設置",
             "description": "各地に公衆電話を設置する事で各地への連絡を容易にするとともに、緊急時の通報などが効率的に行えるよう考慮され設置された。公共機関や交通機関などを中心にホテルやレジャー施設、人通りの多い通りなどに設置され、電話料金は先払いは硬貨かテレホンカードの挿入によって行われた。初期は少々高価な価格設定が為されていたが民間用の電話が普及するにつれて価格は安定し誰でも使えるようにその都度再設定された。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "民間用通信回線の開通",
             "description": "公衆電話の設置から遅れて各地の商業施設や会社、少し裕福な家庭などに電話回線が開通した。初期はぜいたく品の一種、もしくは業務用の連絡手段としての使用が目されていたが普及するにつれて価格が低下、安定したおかげで一般家庭にも少しずつ普及していった。電話線は主に埋設されるか電線と共に人々の頭上を這う形で設置され、開通工事の際には国に届け出を為され開通作業が行われた。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "固定電話の販売と貸与",
             "description": "当然ながら回線を開いただけでは電話をすることが出来ない。その為電話機の販売及び貸与が行われた。デザインはシンプルなものであったが使用面に関して言えば過不足はなかった。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "良心的な電話料金",
             "description": "電話料金については誰でも利用できるようにする為に比較的安価に設定された。この価格は普及率と電話使用率に合わせて毎年改定され公示が行われ、高すぎないよう、しかし安すぎて赤字が出すぎない範囲で調整が為された。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "電信による遠隔へのメッセージサービス",
             "description": "電信によって簡易的なメッセージを送るサービスが電話通信と並行して行われた。この簡易メッセージは祝電や弔辞などを中心に使用され、行事事などで重宝される事となった。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "電話番号の登録と販売",
             "description": "通信回線を利用するための電話番号は基本的に登録制である。個人の場合は1世帯に一つ、法人は業務に複数必要なためにこの限りではなかった。基本的には登録料金を払う事で電話回線が開通される。登録番号の使用時間によって課金が為され翌月に使用した分の料金を払うことになる。また稀に縁起のいい番号などが記念的に販売され、これを抽選販売するなどの催しもあった。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "埋設型有線通信網",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "通信インフラの整備",
             "description": "電話線は地中に埋設される形で各地に配線された。これには大規模な土木工事が行われた。しかし何らかの事情で地中に設置できない場合があり、その場合は電線を通じて各家庭へと繋がれる形になった。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "環状線と電話線の埋設",
             "description": "環状線に隣接する形で配線用の埋設スペースを確保する事で各都市への電話回線を広く配する事が出来るよう配慮された。これにより都市間の電話線が各種工事で掘り起こされ断線してしまう可能性を減らし、同時に広い範囲へ通信するための基盤を整えられたのである。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "電話交換局の設置",
             "description": "この通信網は一度電話をかけると各地に設置された電話交換局へと回線がつながり、電話交換士がかかってきた電話に対して有効な電話番号へその名の通りプラグを繋ぎ変える事で回線を繋ぐことによって機能している。これは非常に不便な方法で混戦などの事故も起こったがネットワーク化を防ぐための必要な手段でもあった。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "遠隔地の孤立回避",
             "description": "この通信網は商業的な理由だけでなく通常の行き来が不便な遠隔地に対して有効な連絡手段を維持する目的としても重宝された。物理的な移動は困難でも少なくとも連絡をとる事で現状を知る事が出来、もしもの時に助けを送る事が出来るように各所の遠隔地には優先的に電話回線が設置された。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "耐久ケーブルの使用",
             "description": "地中や電線にそってケーブルを這わせた場合腐食や雨風によるダメージが大きな課題となる。定期的に整備し交換しなければケーブルは駄目になってしまう事もあり得る。これを回避するために耐久性を重視したケーブルが使用され、メンテナンスが必要な期間を出来る限り引き延ばすことが出来るように配慮された。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "通信局舎による広域管理",
             "description": "各地に電話料金の管理や設置、登録の受付などの通常業務を行う窓口となる通信局舎が設置された。これは通信設備の管理に断線状況や通信状況の確認を行う為の広域管理業務も担っており電話通信が円滑に行われるよう常日頃から普請される事となった。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "緊急通信設備",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "救急/警察への通報手段",
             "description": "救急/警察への通報手段\t電話回線は各地で事件が起きたときの通報手段としても活用され、特定の通報用の番号へと連絡すると通報専用の電話センターに接続され救急車や消防、警察などへの通報が行えるようになっていた。これにより円滑な緊急通報が為される事となり事件が起きたときの即応能力の改善に一役買う事となった。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "専用回線の使用",
             "description": "緊急通報用の専用回線を用意する事により電話回線の混線やパンクを防ぎ、円滑な緊急通報が出来るよう配慮された。また同時に警察や消防、救急などは各自が個別連絡するための専用回線を個別で用意され、これらを通じて業務の円滑な連携が取れるよう配慮された。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "予備回線によるサボタージュ対策",
             "description": "通信回線をサボタージュなどのテロ行為で攻撃された場合、通信手段の一つが寸断され情報連携が取れなくなってしまう事がある。これを防ぐための緊急通報用の回線は予備が用意され、応急的な連絡手段が維持できるよう考慮されている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "緊急通信局の設置と業務",
             "description": "各地に緊急連絡と非常時の通信対応を担う緊急通信局が設置された。これは通報に対する対応の他に災害時の連携や緊急時の通信統制などを担う場所の1つであり、公的機関の職員が常に詰める事となった。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "通報の悪用と電話料金",
             "description": "緊急通報について電話料金は基本的にとられることはない。ただし悪戯や悪意的な活用ではこの限りではなく、犯罪発覚の遅延などのような悪意的な目的で大量の通報が行われるなどした場合などには逮捕者には多額の罰金が課せられる事となった。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "通信の管理と規制",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "守秘義務の制定",
             "description": "電話連絡は通常、個人的な目的、もしくは商業的な連絡のためなど各種秘密を持つこととなる。その為これらの秘密を守るために守秘義務が制定された。これは警察機関などが犯罪の捜査を行う場合に書類申請と審査を行ったうえで藩国からの許諾を得られた場合を除き電話や電報による通信を行った当事者以外がその内容を漏らすことを禁じるものであり。会話の秘密を守るためには必須のものであった。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "災害時の通信統制",
             "description": "災害時には回線の使用が一時的に制限され、そのリソースを各種の対応に回されることがある。これは回線のパンクによってパニックが起こる事を防ぐためであると共に、その回線を悪用した犯罪やテロを防ぐための措置でもある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "通信事業者の登録",
             "description": "電話通信を通じて各種サービスを行う場合、通信事業者としてその事業内容の登録と一定期間ごとに適切な業務を行っているかの審査を受ける事になる。これは詐欺や違法な業務を防ぐための措置であり、適切に登録された業者が業務を行う事を妨害するためのものではない。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
最終更新:2017年08月15日 22:12