アイドレスsystem4 > アロイ市市民図書館

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: アロイ市市民図書館 RD:17 評価値:6
    • 大部品: 無名騎士藩の特色 RD:2 評価値:1
      • 部品: 所在地
      • 部品: 蔵書の特徴
    • 大部品: 図書館 RD:15 評価値:6
      • 大部品: 遵守すべき使命 RD:4 評価値:3
        • 部品: 知る権利を守る
        • 部品: プライバシーを守る
        • 部品: 地域貢献
        • 部品: 学びの場の提供
      • 大部品: 図書館サービスの提供 RD:4 評価値:3
        • 部品: 資料の管理、保存
        • 部品: 資料の提供
        • 部品: 読書案内
        • 部品: レファレンスサービス
      • 大部品: 設備とアイテム RD:5 評価値:3
        • 部品: カウンター
        • 部品: 開架書庫と閉架書庫
        • 部品: 読書スペース
        • 部品: フリースペース
        • 部品: 貸出カード
      • 大部品: 危機管理 RD:2 評価値:1
        • 部品: 守るものの優先順位
        • 部品: トラブルへの対処



部品定義


部品: 所在地

所在地はながみ藩との合併後に新たに建設されたアロイ市である。他の各市にも市民図書館が存在している。
誰でも利用しやすく、勉強のため学生や職人がよく利用している。

部品: 蔵書の特徴

無名騎士藩はその風土から技術関連本、料理関連本の寄贈が多い傾向がある。とはいえもちろんそればっかりというわけではなく、あえて特徴を上げるとすれば、という感じだ。
なお、寄贈本ではバンライスで作られるプラモデルに関する本も何気に収蔵されている。

部品: 知る権利を守る

 図書館は、国民が必要とする資料を入手し利用する権利を保障する。
そのため、図書館は資料収集の自由と資料提供の自由を有しており、図書館は総力をあげて資料の収集、管理、提供を行わなければならない。
 図書館は人種や性別、年齢、思想等で差別されず、すべての国民は図書館を利用する権利を持っている。

部品: プライバシーを守る

 利用者の読書記録や図書館の利用事実、レファレンスサービスの記録は外部に漏れないように厳重に管理しなければならない。読書履歴やレファレンスサービスの記録を見るということは、人の脳を覗き見るのと同義である。

部品: 地域貢献

図書館は国民の生活に役立つ資料を集め、提供する。そのためには国民の生活に関係する資料や貴重な資料の収集し、利用者に提供できるようにしておかなければならない。

部品: 学びの場の提供

 図書館は国民の知的好奇心を刺激させる場でなければならない。そのために、多方面から文化や価値観を知ることのできる資料を収集することや、児童の読書の機会の提供などをしなければならない。

部品: 資料の管理、保存

 これまでの、これからの資料を管理、保存し、利用することができる状態にすることが求められる。図書館における資料とは幅広く、単行所や学術書だけでなく美術品や模型、標本など現物も含まれる。
 図書館はいつでも資料を利用できる状態にしておかなければならない。そのためには資料がどこに配架されているのかを明確にしなければならず、目録規則を定め配架することで図書館員にも利用者にも利用しやすい環境を整える。また、利用の少ない資料を閉架書庫に入れる作業や、痛んだ資料を修理・修復もしなければならない。

部品: 資料の提供

 資料提供は主に閲覧や貸出、読書案内やレファレンスサービスなどがあげられる。図書館が資料を提供することで、利用者は資料の中に含まれる情報や知識を得る。

部品: 読書案内

読書案内とは、利用者の資料選択の参考となり、図書館員が利用者に資料選択を援助する際に使用される書誌リストのことである。特定のテーマをあげて、テーマに関連した資料や組織などをまとめて作成される。

部品: レファレンスサービス

レファレンスサービスとは、利用者が必要な情報や資料を求めた際、図書館員が検索や提供、回答をすることで利用者の援助をするサービスである。また、質問頻度の多いものに関しては個別に書誌を作成し、利用者にいつでも利用できるようにカウンターなどに配置しておく。

部品: カウンター

資料の貸出カウンターやレファレンスカウンターがある。シンプルな木でできたカウンターであり、丸みを帯びた角は図書館の安全性を考えて作られている。

部品: 開架書庫と閉架書庫

開架書庫は人の背丈ほどの本棚が並ぶ。目録規則によってジャンルに分けられて配下されている。また、児童書コーナーでの本棚は子どもの取りやすい背丈のサイズになっている。
閉架書庫では価値がある資料、また利用頻度の少ない資料がならべられている。利用頻度の少ない資料を利用する場合、図書館員に伝えることで利用することができる。

部品: 読書スペース

読書スペースは広く作られている。子供が転んでも大丈夫なように円のテーブルが主におかれている。また、一人で座って読書を進めるスペースもある。

部品: フリースペース

図書館主催のイベント会場としても使われるが、利用されていない日は図書館に届出が提出されれば、利用者は自由に使用できる。勉強会が開かれたり、はたまた読書会が開かれることもある。

部品: 貸出カード

利用者には貸出制限冊数分の貸出カードと、袋状のブックカードが渡される。ブックカードとはどの資料を貸出たかを記録するために、あらかじめ資料を特定する情報を記載しているもので、資料に張られたポケットに納められている。
利用者が貸出をした場合、袋状のブックカードにはさみ、ブックカードの記載された登録番号や書名で配架され保管される。
貸出カードであるため利用者の携帯に便利であり、そして返却後に貸出記録が残らないため、プライバシーを守ることにもつながっている。

部品: 守るものの優先順位

危機に陥ったとき、利用者の命を守ることが第一であるが、図書館にとって資料を守ることも優先すべき事項である。

部品: トラブルへの対処

 トラブルには人的トラブルと災害によるトラブルの二種類ある。
 人的トラブルには図書館員やスタッフは問題の人物に対して毅然とした態度で対処をすること。ただし、一人では行動せず複数の職員で対処をする。
 災害によるトラブルには予知できる災害に対しては資料を安全な場所に避難させ、図書館を閉館するなど対処をとる。予知できなかった場合は利用者や職員の人命、そして資料の保存に最善を尽くす 。



提出書式


 大部品: アロイ市市民図書館 RD:17 評価値:6
 -大部品: 無名騎士藩の特色 RD:2 評価値:1
 --部品: 所在地
 --部品: 蔵書の特徴
 -大部品: 図書館 RD:15 評価値:6
 --大部品: 遵守すべき使命 RD:4 評価値:3
 ---部品: 知る権利を守る
 ---部品: プライバシーを守る
 ---部品: 地域貢献
 ---部品: 学びの場の提供
 --大部品: 図書館サービスの提供 RD:4 評価値:3
 ---部品: 資料の管理、保存
 ---部品: 資料の提供
 ---部品: 読書案内
 ---部品: レファレンスサービス
 --大部品: 設備とアイテム RD:5 評価値:3
 ---部品: カウンター
 ---部品: 開架書庫と閉架書庫
 ---部品: 読書スペース
 ---部品: フリースペース
 ---部品: 貸出カード
 --大部品: 危機管理 RD:2 評価値:1
 ---部品: 守るものの優先順位
 ---部品: トラブルへの対処
 
 
 部品: 所在地
 所在地はながみ藩との合併後に新たに建設されたアロイ市である。他の各市にも市民図書館が存在している。
 誰でも利用しやすく、勉強のため学生や職人がよく利用している。
 
 部品: 蔵書の特徴
 無名騎士藩はその風土から技術関連本、料理関連本の寄贈が多い傾向がある。とはいえもちろんそればっかりというわけではなく、あえて特徴を上げるとすれば、という感じだ。
 なお、寄贈本ではバンライスで作られるプラモデルに関する本も何気に収蔵されている。
 
 部品: 知る権利を守る
  図書館は、国民が必要とする資料を入手し利用する権利を保障する。
 そのため、図書館は資料収集の自由と資料提供の自由を有しており、図書館は総力をあげて資料の収集、管理、提供を行わなければならない。
  図書館は人種や性別、年齢、思想等で差別されず、すべての国民は図書館を利用する権利を持っている。
 
 部品: プライバシーを守る
  利用者の読書記録や図書館の利用事実、レファレンスサービスの記録は外部に漏れないように厳重に管理しなければならない。読書履歴やレファレンスサービスの記録を見るということは、人の脳を覗き見るのと同義である。
 
 部品: 地域貢献
 図書館は国民の生活に役立つ資料を集め、提供する。そのためには国民の生活に関係する資料や貴重な資料の収集し、利用者に提供できるようにしておかなければならない。
 
 部品: 学びの場の提供
  図書館は国民の知的好奇心を刺激させる場でなければならない。そのために、多方面から文化や価値観を知ることのできる資料を収集することや、児童の読書の機会の提供などをしなければならない。
 
 部品: 資料の管理、保存
  これまでの、これからの資料を管理、保存し、利用することができる状態にすることが求められる。図書館における資料とは幅広く、単行所や学術書だけでなく美術品や模型、標本など現物も含まれる。
  図書館はいつでも資料を利用できる状態にしておかなければならない。そのためには資料がどこに配架されているのかを明確にしなければならず、目録規則を定め配架することで図書館員にも利用者にも利用しやすい環境を整える。また、利用の少ない資料を閉架書庫に入れる作業や、痛んだ資料を修理・修復もしなければならない。
 
 部品: 資料の提供
  資料提供は主に閲覧や貸出、読書案内やレファレンスサービスなどがあげられる。図書館が資料を提供することで、利用者は資料の中に含まれる情報や知識を得る。
 
 部品: 読書案内
 読書案内とは、利用者の資料選択の参考となり、図書館員が利用者に資料選択を援助する際に使用される書誌リストのことである。特定のテーマをあげて、テーマに関連した資料や組織などをまとめて作成される。
 
 部品: レファレンスサービス
 レファレンスサービスとは、利用者が必要な情報や資料を求めた際、図書館員が検索や提供、回答をすることで利用者の援助をするサービスである。また、質問頻度の多いものに関しては個別に書誌を作成し、利用者にいつでも利用できるようにカウンターなどに配置しておく。
 
 部品: カウンター
 資料の貸出カウンターやレファレンスカウンターがある。シンプルな木でできたカウンターであり、丸みを帯びた角は図書館の安全性を考えて作られている。
 
 部品: 開架書庫と閉架書庫
 開架書庫は人の背丈ほどの本棚が並ぶ。目録規則によってジャンルに分けられて配下されている。また、児童書コーナーでの本棚は子どもの取りやすい背丈のサイズになっている。
 閉架書庫では価値がある資料、また利用頻度の少ない資料がならべられている。利用頻度の少ない資料を利用する場合、図書館員に伝えることで利用することができる。
 
 部品: 読書スペース
 読書スペースは広く作られている。子供が転んでも大丈夫なように円のテーブルが主におかれている。また、一人で座って読書を進めるスペースもある。 
 
 部品: フリースペース
 図書館主催のイベント会場としても使われるが、利用されていない日は図書館に届出が提出されれば、利用者は自由に使用できる。勉強会が開かれたり、はたまた読書会が開かれることもある。 
 
 部品: 貸出カード
 利用者には貸出制限冊数分の貸出カードと、袋状のブックカードが渡される。ブックカードとはどの資料を貸出たかを記録するために、あらかじめ資料を特定する情報を記載しているもので、資料に張られたポケットに納められている。
 利用者が貸出をした場合、袋状のブックカードにはさみ、ブックカードの記載された登録番号や書名で配架され保管される。
 貸出カードであるため利用者の携帯に便利であり、そして返却後に貸出記録が残らないため、プライバシーを守ることにもつながっている。
 
 部品: 守るものの優先順位
 危機に陥ったとき、利用者の命を守ることが第一であるが、図書館にとって資料を守ることも優先すべき事項である。
 
 部品: トラブルへの対処
  トラブルには人的トラブルと災害によるトラブルの二種類ある。
  人的トラブルには図書館員やスタッフは問題の人物に対して毅然とした態度で対処をすること。ただし、一人では行動せず複数の職員で対処をする。 
  災害によるトラブルには予知できる災害に対しては資料を安全な場所に避難させ、図書館を閉館するなど対処をとる。予知できなかった場合は利用者や職員の人命、そして資料の保存に最善を尽くす 。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "アロイ市市民図書館",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "無名騎士藩の特色",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "所在地",
             "description": "所在地はながみ藩との合併後に新たに建設されたアロイ市である。他の各市にも市民図書館が存在している。\n誰でも利用しやすく、勉強のため学生や職人がよく利用している。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "蔵書の特徴",
             "description": "無名騎士藩はその風土から技術関連本、料理関連本の寄贈が多い傾向がある。とはいえもちろんそればっかりというわけではなく、あえて特徴を上げるとすれば、という感じだ。\nなお、寄贈本ではバンライスで作られるプラモデルに関する本も何気に収蔵されている。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "図書館",
         "children": [
           {
             "title": "遵守すべき使命",
             "children": [
               {
                 "title": "知る権利を守る",
                 "description": " 図書館は、国民が必要とする資料を入手し利用する権利を保障する。\nそのため、図書館は資料収集の自由と資料提供の自由を有しており、図書館は総力をあげて資料の収集、管理、提供を行わなければならない。\n 図書館は人種や性別、年齢、思想等で差別されず、すべての国民は図書館を利用する権利を持っている。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "プライバシーを守る",
                 "description": " 利用者の読書記録や図書館の利用事実、レファレンスサービスの記録は外部に漏れないように厳重に管理しなければならない。読書履歴やレファレンスサービスの記録を見るということは、人の脳を覗き見るのと同義である。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "地域貢献",
                 "description": "図書館は国民の生活に役立つ資料を集め、提供する。そのためには国民の生活に関係する資料や貴重な資料の収集し、利用者に提供できるようにしておかなければならない。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "学びの場の提供",
                 "description": " 図書館は国民の知的好奇心を刺激させる場でなければならない。そのために、多方面から文化や価値観を知ることのできる資料を収集することや、児童の読書の機会の提供などをしなければならない。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "図書館サービスの提供",
             "children": [
               {
                 "title": "資料の管理、保存",
                 "description": " これまでの、これからの資料を管理、保存し、利用することができる状態にすることが求められる。図書館における資料とは幅広く、単行所や学術書だけでなく美術品や模型、標本など現物も含まれる。\n 図書館はいつでも資料を利用できる状態にしておかなければならない。そのためには資料がどこに配架されているのかを明確にしなければならず、目録規則を定め配架することで図書館員にも利用者にも利用しやすい環境を整える。また、利用の少ない資料を閉架書庫に入れる作業や、痛んだ資料を修理・修復もしなければならない。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "資料の提供",
                 "description": " 資料提供は主に閲覧や貸出、読書案内やレファレンスサービスなどがあげられる。図書館が資料を提供することで、利用者は資料の中に含まれる情報や知識を得る。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "読書案内",
                 "description": "読書案内とは、利用者の資料選択の参考となり、図書館員が利用者に資料選択を援助する際に使用される書誌リストのことである。特定のテーマをあげて、テーマに関連した資料や組織などをまとめて作成される。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "レファレンスサービス",
                 "description": "レファレンスサービスとは、利用者が必要な情報や資料を求めた際、図書館員が検索や提供、回答をすることで利用者の援助をするサービスである。また、質問頻度の多いものに関しては個別に書誌を作成し、利用者にいつでも利用できるようにカウンターなどに配置しておく。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "設備とアイテム",
             "children": [
               {
                 "title": "カウンター",
                 "description": "資料の貸出カウンターやレファレンスカウンターがある。シンプルな木でできたカウンターであり、丸みを帯びた角は図書館の安全性を考えて作られている。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "開架書庫と閉架書庫",
                 "description": "開架書庫は人の背丈ほどの本棚が並ぶ。目録規則によってジャンルに分けられて配下されている。また、児童書コーナーでの本棚は子どもの取りやすい背丈のサイズになっている。\n閉架書庫では価値がある資料、また利用頻度の少ない資料がならべられている。利用頻度の少ない資料を利用する場合、図書館員に伝えることで利用することができる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "読書スペース",
                 "description": "読書スペースは広く作られている。子供が転んでも大丈夫なように円のテーブルが主におかれている。また、一人で座って読書を進めるスペースもある。 ",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "フリースペース",
                 "description": "図書館主催のイベント会場としても使われるが、利用されていない日は図書館に届出が提出されれば、利用者は自由に使用できる。勉強会が開かれたり、はたまた読書会が開かれることもある。 ",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "貸出カード",
                 "description": "利用者には貸出制限冊数分の貸出カードと、袋状のブックカードが渡される。ブックカードとはどの資料を貸出たかを記録するために、あらかじめ資料を特定する情報を記載しているもので、資料に張られたポケットに納められている。\n利用者が貸出をした場合、袋状のブックカードにはさみ、ブックカードの記載された登録番号や書名で配架され保管される。\n貸出カードであるため利用者の携帯に便利であり、そして返却後に貸出記録が残らないため、プライバシーを守ることにもつながっている。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "危機管理",
             "children": [
               {
                 "title": "守るものの優先順位",
                 "description": "危機に陥ったとき、利用者の命を守ることが第一であるが、図書館にとって資料を守ることも優先すべき事項である。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "トラブルへの対処",
                 "description": " トラブルには人的トラブルと災害によるトラブルの二種類ある。\n 人的トラブルには図書館員やスタッフは問題の人物に対して毅然とした態度で対処をすること。ただし、一人では行動せず複数の職員で対処をする。 \n 災害によるトラブルには予知できる災害に対しては資料を安全な場所に避難させ、図書館を閉館するなど対処をとる。予知できなかった場合は利用者や職員の人命、そして資料の保存に最善を尽くす 。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
最終更新:2017年08月20日 23:32