年表

2016年3月
中国GPD Technology社が「GPD Win」のを発表。クラウドファンディングサイトIndiegogoにて出資者を募る。
1台$299、10台で$2890(送料込)。市販価格は$499を予定。
2016年4月26日
Indiegogoにて出資締め切り。目標価格$100,000のところ$720,283達成。
なお出資者の60%は日本人。




2016年10月20日
約束されたIGG出資者への配送初日。にもかかわらずGPDはノーリアクション。IGGのコメント欄に苛立ちの声が載り始める。
2016年10月22日
国内IGG出資者に届き始める。ただこの期においてもIGGの声明はなく、IGG出資勢は五里霧中のような感覚になる。
住所の数字部分が計算されているなど予期しない配送トラブルもあり、中国具合を思い知らされる。
2016年10月25日
久々にGPDがIGGを更新。度重なるトラッキングコード請求にイラついたのか、IGGオーダー番号とトラッキングコードとともに本名がまとめられたExcelファイルが公開され、ちょっとした阿鼻叫喚がネットを駆け巡る。
恐らく中国は同姓同名が多いため感覚のズレがあるのではないかと思われる。
2016年12月19日
2017年1月10日以降販売分よりマイナーチェンジを予告。キーボードの押し心地やゲームパッドのシリコンパッドを変更する模様。一部パーツはアクセサリーパックとしてAliexpress販売する予定とのこと。