北海道駅めぐり > 根室本線 > 古瀬駅

古瀬駅


白糠町和天別にある根室本線の駅である。駅ナンバリングはK46である。2020年3月の改正で廃止が予定されている。

古瀬駅の様子

2面2線の交換可能駅である。保線小屋がある側の1番線が本線であり、列車交換がない時は両方向の列車がこちらを通る。
1番線と2番線は千鳥式でかなり離れている。
古瀬駅の1番のりば 古瀬駅2番のりば
古瀬駅の駅名標 古瀬駅の駅ノート
古瀬駅構内略図

歴史

1954年に客扱い付きの信号場として開業、1971年に無人化された。

利用状況

1日の利用者数は1人以上10人未満(2013年-2017年の特定日調査平均)。

駅周辺

駅周辺には森が広がる。2番のりばは構内踏切を渡らないと正式な道に出ることはできない。駅前の道を左手に行くと線路と立体交差する道路に出る。左に曲がって海側に進んでいくと線路を渡り、右手に大橋牧場が見える。この道を進んでいくと国道38号との交差点にくしろバス古瀬バス停がある。ここには釧路駅音別駅を結ぶくしろバス36系統が停車するが、本数は平日に下り4本、上り3本(土曜・休日は2往復減)しかない。

大きな地図で見る
[2019/04/20,乗リツ]

隣接駅


音別(K45)←古瀬(K46)→白糠(K47)



Copyright 1997-2019 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|