竜を探して 1時間目 ~張り込み準備~

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





ユウタ(藩国滞在ACE)
機械の森に住む人間の少年。背はそれなり以上にあります。 人里に下りず、地竜を兄弟として生きています。
ユウタ君のお兄さん(地竜)
地竜であり、大きい蜘蛛のような形。車輪を装備しており、小さなコクピットがある。ユウタ君のヘッドセットを通して話すことも出来る。
脚を畳み、覆いの着いたバイクのような形状になれる。その時の体高は1m10㎝、体長は3m。
ユータ:「凄い兄さんさ。100mだってジャンプできる」

地竜
竜と言う独自の兵器体系に属する多脚歩行戦車。自力で増える。完全に機械である。




竜宮 司:こんばんは、小笠原ゲームをしに参りました。

芝村:記事どうぞ

竜宮 司:記事はこちらになります

竜宮 司:●小笠原ゲーム

【予約者の名前】1800345:竜宮 司:詩歌藩国
【実施予定日時】2007/12月/3日 20:00~23:00
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別:消費マイル】
 ・通常イベント(3時間):30マイル
【召喚ACE】
 ・ユウタ:藩国滞在:0マイル
【合計消費マイル】計30マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・1800345:竜宮 司:詩歌藩国:仮入学(既):30マイル

芝村:OK.

芝村:お。一人で3時間ゲームとは派手な使い方だね(笑)

竜宮 司:やってみたくて(笑)。途中で終わりそうな気もしますが。

芝村:ははは。

芝村:イベントは?

竜宮 司:竜を探しに冒険とかにいきたいのですがやっぱり危険ですか?

竜宮 司:そもそも小笠原に竜いるのか、な感じもしますが。

芝村:竜はいるかどうかわからないけど、いいんじゃないかな

竜宮 司:ではそれでお願いします。

芝村:OK



芝村:/*/

芝村:ユウタはのびー。してる

竜宮 司:「ユウタ君、こんにちは」

ユウタ:「こんにちは。僕、なんて呼べばいい?」

竜宮 司:「好きなように呼んでいいよ。」

ユウタ:「えー」

ユウタ:「じゃID0098で」

竜宮 司:アイディーゼロゼロキューハチ、と読んでいますか?(笑)

芝村:え。

芝村:ええ。

竜宮 司:「…いやまぁ、ユウタ君がそれがいいなら。でも長くない?」

竜宮 司:ありがとうございます。長いなぁ(笑)

ユウタ:「じゃあ、何がいいかな」

ユウタ:「司? 竜宮さん?」

竜宮 司:「どっちでも。呼びやすいほうでいいよー」

芝村:ユウタは兄と話している。

ユウタ:「個別識別は98司で」

竜宮 司:「98はどこから?」

ユウタ:「兄貴の割り振り番号だよ。98司」

竜宮 司:「うん、わかった。じゃあそれで」

竜宮 司:「そういえば、ユウタ君のお兄さんの名前はなんていうの?」

ユウタ:「コウタ・ヒメリアス・ドラグゥーン」

竜宮 司:「あなたのことをコウタさんと呼んでもいいですか?」<コウタ

芝村:地竜は目を光らせた。

竜宮 司:「いいの、かな?」ユウタ君のほうを見る

ユウタ:「うん」

竜宮 司:「ありがとう」

ユウタ:「発光信号だよ。いまのはOKのサイン」

竜宮 司:「NOだと、どうなるの?」

芝村:ユウタはうなずいた。

芝村:コウタがチカチカっと目を光らせた。2回だ

竜宮 司:「点滅の回数が違うんだね。ありがとう」

ユウタ:「で、今日はどこに遊びに行くの?98司」

竜宮 司:「竜を探して見ようと思うんだ。」

芝村:ユウタは兄をぺしぺしと叩いた。

竜宮 司:「うん、わかってるけどさ。こう、自然の状況下でどんなふうにしてるのかなぁ、と」

ユウタ:「のら?」

竜宮 司:「うん」

竜宮 司:「メタルリーフじゃない世界の竜も見てみたいしね」

ユウタ:「こっちの竜?」

竜宮 司:「うん、やっぱりドラゴーン、な感じなのかなー。」

芝村:ユウタは兄と相談している。

ユウタ:「わかった。じゃあいこうか」

竜宮 司:「ありがとう。じゃあまずどこに向かおうか。居そうな場所とか思いつく?」

ユウタ:「のらはいつも、情報があつまるところにいるんだ」

竜宮 司:「それは電子的な?」

ユウタ:「電子的?」

ユウタ:「ううん。どういう意味でも」

竜宮 司:「そっか。じゃあ…」

竜宮 司:「人が多いところにはいなさそうだしなぁ」

竜宮 司:「人が少なくて情報が多いとこ…どこだろう」

ユウタ:「人間は竜を狩るからね」

ユウタ:「あの山は?」

竜宮 司:「山か…」

芝村:たんぽぽの天文台だ

竜宮 司:「うん、いいかもしれない。行ってみよう」

芝村:/*/

芝村:さて、ここは人工的に作られた山の上だよ。

芝村:今、たんぽぽは収納状態になっている。

竜宮 司:「うーん」辺りを見回す

竜宮 司:「何か気配感じる?」

ユウタ:「うん」

芝村:光った。

竜宮 司:「どこらへん?」

ユウタ:「待たなきゃ」

竜宮 司:「分かった」

ユウタ:「竜は朝日の中や影の中に出ることが多いんだ」

竜宮 司:「そうなんだー」

芝村:ユウタはニコッと笑った。

芝村:ユウタは座った。

ユウタ:「まとう」

竜宮 司:「うん」座ります

竜宮 司:「今は収容状態だけどあそこには、たんぽぽ、ていう巨大な望遠鏡があるんだ。」ハッチを指差しつつ

竜宮 司:今はハッチの上に居るのかな?

芝村:ハッチの上ですよ。

ユウタ:「動いたほうがいい?」

竜宮 司:「うーん、平気だと思うけど…。」

竜宮 司:「今、無線使っても竜逃げたりしない?」

芝村:ユウタはうなずいた。

竜宮 司:たんぽぽの使用予定があるかどうか無線で聞きます

芝村:朝にまた出す予定だそうだ

竜宮 司:今はお昼でしょうか?

芝村:ええ。昼過ぎだね

竜宮 司:「朝に使うみたいだね。だから明日の朝までへーきっ」

ユウタ:「そっか」

芝村:ユウタは舌打ちしている。

芝村:チカチカ、チカ

竜宮 司:辺りをみわたします

ユウタ:「そんなに簡単にはでないよ」

ユウタ:「寝る?」

竜宮 司:「寝る前にご飯と飲み物を買ってくるよ。」

ユウタ:「うん」

ユウタ:「いこうか?」

竜宮 司:「うん」

竜宮 司:「ユウタ君はいつもはどんなもの食べてるの?」

芝村:ユウタはペレットを出した。

芝村:1cmくらいの薬だよ。焼き固めてある。

竜宮 司:「へー、これで一食分?」

ユウタ:「うん」

芝村:ユウタは服からペレットを出した。

ユウタ:「熱量の70%までは、回生できてる」

竜宮 司:「ペレットはどうやって作ってるの?」

芝村:ユウタは袖を振ったよ。

芝村:ペレットが出てきた。

ユウタ:「これ」

竜宮 司:「んー?服で作ってるの?」ペレットを見つつ

ユウタ:「うんっ」

竜宮 司:「そうなんだー、すごいなぁ」

竜宮 司:「ユウタ君は何か買いたい物あるー?」

ユウタ:「H2O200ml アミノ酸30g……熱量8000ジュール」

竜宮 司:「アミノ酸は…どこで手に入るんだ・・・?」

ユウタ:「えっと」

竜宮 司:「とりあえず、米とバナナか…?」

芝村:ユウタは兄のハッチを開けた。

芝村:モニターがあるよ。

竜宮 司:見ます

芝村:写真みたいだ。 食べ物の袋が映ってる。

竜宮 司:「んー?」

竜宮 司:見覚えありますか?

芝村:アミノ酸を大量に含んだ栄養ドリンクの粉みたいだね

芝村:袋入りで良く売ってある

竜宮 司:「わかった。これを買えばいいのね」

竜宮 司:薬局かなぁ

芝村:いってくるかい?

竜宮 司:はい

芝村:まあべつに、言われたとおりでなくてもいいとは思うけど

竜宮 司:「じゃあこれ買いに行くねー」

芝村:ユウタはうなずいた。

竜宮 司:他に水とか清涼飲料水とかお握りとかパンとか買います

芝村:はい。

芝村:/*/




芝村:さて、少し休憩を挟みましょうか。

竜宮 司:はい

芝村:3分くらい?

竜宮 司:それぐらいでお願いします

芝村:OK

芝村:2102から

竜宮 司:了解です

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。