ゴロネコ藩国@Wiki

イベント33・戦勝パレード

最終更新:

is_sevenspiral

- view
メンバー限定 登録/ログイン

イベント33・戦勝パレード



#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (i32)


~GHK特番・戦勝パレード実況中継~

「さあ、まもなく根源種族との戦いに無謀にも少数中隊で出兵し、国を空にした面々がやってまいります。今日の解説はハカマダさんです。ハカマダさん、よろしくお願いします。」

「あ、やってまいりました。藩王以下7名の勇士の凱旋です。」
「先頭をきってやってきたのは榊聖藩王です。王猫ゴロネコとともに走ってきます。手を振っています。私が女王よとばかりに手を振っています。まさに才色兼備・酒池肉林をまさに地でいくような…。採食健美、採食犬尾とも噂される情報も入っていますが、どーなんでしょう?ハカマダさん」

「続いてやってきたのはYOT、雑賀有の両摂政です。この二人のツープラトン攻撃の前には根源種族もひれ伏したとも噂されるゴロネコ藩国きっての切れ者二入です。今日は笑顔で何やら二人で相談しています。藩王のお相手、ほんとうにご苦労様です。」

「あ、わたどりがやってまいりました。合コン大臣わたどり。わたどりんと愛称で呼ばれる彼が携帯を見ながら自転車に乗ってやってきます。いや、マジで危ないので気をつけてください。」

「その後ろにアム、エスト、が続きます。藩国の理性と称されるこの二人、笑顔です。私、個人的にこの2人のイラストがちょー大好きです。」
「しんがりはアールヴです。あっ!?ヅラが落ちた!?………」


(しばらくお待ち下さい)


「失礼いたしました。気を取り直して戦勝パレードの中継を続けさせていただきます。」

「戦勝パレードが始まりました。沿道は7名の勇姿を一目見ようとつめかけた人々で立錐の余地もありません。ニャーニャーうるさくてかないません。」
「さあ、花火の打ち上げが始まりました。7名の勇士を祝福し国庫厳しい中を7000発もの特性花火が次々と打ち上げられていきます。いやー壮観ですねー、ハカマダさん」
「税金返せー」

ドーン、ヒュルヒュルヒュル、パーーーン!

「ヒギャ?」
「ミギャー!フー!!」
「あ、何やら猫士たちが騒いでいます。何があったのでしょうか?」
「ああ、大変です。大変です。どうやら猫士たちが花火の音に驚いて、パレードの行列に向かって飛び出していってます。」
「これは面白い…、い、いや失礼。大変な惨事となりました。せっかくの戦勝パレードがもうメチャクチャです。」

「猫がパレード中の7人に向かって飛び掛っていっています。」
「いけ、やれ。そこだー。」
「あー、榊聖藩王がなんと猫に口説かれています。」
「わたどり大臣が摂政の2人を誘って、猫士と合コンを始めています!」
「アム、エストは猫とダンスを踊っています!!」
「アールヴはヅラをかぶった猫を追い掛け回しています!!!」

「もういけません。メチャクチャです。これでは中継のしようもないので、私は花火でも眺めていることにします。タマやー!」
「税金返せーーー!!」



~政庁から国民募集ののお知らせ・CM~

当藩国は、ネコが陽だまりでうとうとするような感じで、良くも悪くもひじょ~~にノンビリした藩国です。

リアルや仕事の都合で全員が一同に会することはまれですが、イベント課題の締切が迫ると何故か絶妙の作業分担と連係プレイで切り抜けるチームワークのよさが売りの一つです。

当藩国は"時間があまり取れない方"や"初心者の方"も熱烈歓迎します。
作業の強制はされませんが、貴方がやってみたいことがあったらおしえて下さい。
なにぶん国民数8名の小さな国ですから、仕事には事欠きません(笑)

吏族、技族、文族、大族、いずれも募集しております。
そこの貴方、ゴロネコ藩国で働いてみませんか?(笑)

入国の特典:藩王様が似顔絵を描いてくれます。



添付ファイル