自民党議員に色々お願いしよう!

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■自民党議員に衆議院の解散総選挙を求める署名&大規模集会・デモの呼びかけよう!
 詳細はコチラ


意見書一例

  様

【衆議院の解散総選挙を求める署名&大規模集会・デモを呼びかけています】

                              平成22年  月  日

                      住所
                      氏名

【このメールの主旨】
日頃は地域のため、国家のために尊いお働きを下さり、心より感謝申し上げます。
私は日本の行く末を案じる一国民で、ボランティアでこのような周知文や意見書を送信している者です。

今般、私は西田昌司参議院議員が『解散総選挙を求める署名』の呼びかけを始められた事を知りました。
そこで私はこの主旨に賛同し、
1.この署名にお一人でも多くの方のご協力を頂くこと
2.更には、衆議院解散総選挙を要求する大規模集会やデモを行って頂くこと
を呼びかけてまいりたく、同志と共に全国の自民党国会議員・地方議員、日本会議、各種保守団体さまへ
送信している次第です。
何卒最後までお読み頂き、また出来ますことならば前向きなご協力を頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

【『解散総選挙を求める署名』についての呼びかけのお願い】
「西田昌司オフィシャルサイト」内において、『解散総選挙を求める署名』の呼びかけがなされていることは
既にご承知のことと存じます。
http://www.showyou.jp/
同署名用紙によれば、この署名は
  • 鳩山由紀夫内閣総理大臣に提出することはなく、鳩山内閣の退陣、衆議院解散に追い込むために活用されること
  • 5月末(5/31)を目途に署名数等を公表し、その活動に活かされること
  • 記入していただいた個人情報につきましては限定して使用されること
  • 提出はFAXでも、郵送でも構わないとのこと
が記されています。
つきましては上記サイト内の署名用紙
http://www.showyou.jp/news/kaisan.pdf
を印刷頂きました上で、自民党支持者の方々、議員の先生方それぞれの後援会の方々、保守系団体の皆さまはじめ、
一人でも多くの方に署名のご協力を頂きますよう、心よりお願い申し上げます。

【衆議院解散総選挙を要求する大規模集会やデモの開催ならびにご賛同の要請】
与党民主党は、昨夏の選挙で党のマニフェストに記載しなかった外国人参政権法案を幾度となく提出しようとした一方、公約の目玉であった「子ども手当」については日本に滞在しない外国人の子弟にまで支給する欠陥法案を成立させる愚策を行うばかりか、現在は政府の明らかな対応の遅れにより「口蹄疫」の被害が拡大する一方であり宮崎県を始めとする畜産業を壊滅させようとする危機的状況を招いています。

しかし上記は、与党民主党により日本の将来、日本人の生活が脅かされようとする事例の、ほんの一部にすぎません。
民主党は他にも様々な反日政策や売国法案を成立させようとしていますが、残念ながら現政権を贔屓にしているマスコミはほとんど報じません。しかし、インターネットでこれらの危険性を知った国民は、「このままでは日本が滅びる」として大いに危機感を抱いています。
一時も早く衆議院が解散されなければ、数の論理であらゆる反日政策や売国法案が成立してしまうことでしょう。

私どもは上記「子ども手当」が欠陥法案のまま成立した折にも、自民党中心のデモの開催依頼を致しました。
しかしその折に自民党国会議員の先生から、
「自民党主催のデモが大々的になると、マスコミは自民を徹底的に叩くので、
日本会議や地方議員に協力を求めて欲しい。
そうすれば自民党の国会議員の中にも同じ気持ちの議員がいるので一緒に動きたい」とのご意見を頂戴しました。

そこで今回、地方議員の先生方・また保守系の団体さまが中心となって大規模集会やデモの開催を頂きたい、
そして開催される折には是非とも国会議員の先生方も行動を共にして頂きたい、
と考え周知活動を行っている次第です。

自民党は来る参院選に向け、執行部による全国遊説と街頭演説を行っておられますが、
これらに加え、大規模集会・デモの実施も前向きにご検討下さいますよう、お願いいたします。
4月に開催された日本会議主催の『外国人地方参政権反対集会』には1万人規模で集会が行われ、
これは一部の新聞では報道されました。
しかしその他に連日のように開催されている、この国の将来を憂う市民団体の集会やデモ、
街宣活動についてはなかなか大勢の方を動員するには至っておらず、勿論報道もされず、
周知もままならないのが実情です。そこで、一般国民にもっと民主党政権の危険性を知って頂くために、
数万人規模の集会・デモを行う必要があると考えております。
そうなれば、現政権が推進しようとしている危うい政策全般にも疑問の声が上がり、
保守政党・自民党の存在をアピールできる絶好の機会にもなるはずです。

数万人規模の集会・デモを開催することは、一般市民では到底不可能です。
衆議院選で2700万票を集められた自民党しかできないことです。
もちろんそれは容易ではありませんが、自民党議員の先生方ご自身も覚悟をもって後援会からの動員をして頂ければ、
と願っております。

もし大規模集会・デモが成功すれば、自民党ご自身も存在価値を見せつけ、
昨夏の「政権交代。」のキャッチフレーズに騙された国民の目を覚まし、
今夏の参議院議員選挙でも、目指す衆議院選挙でも、日本の国を思い働いて下さる自民党に力を頂けるようアピールできる、
絶好の機会にもなろうかと思います。

もちろん、こうして手弁当で国思う周知活動を行っている私どもの中にも、
有給休暇をとってでも集会・デモに参加する覚悟のある者も多数います。
それだけ国民は日本の危機を感じているのです。

国会議員、地方議員、自民党都道府県連、各議員先生方の後援会、保守系団体、その他関係各所におかれまして、
この国難を乗り越えるべく手を携えて頂きます様、前向きなご検討を頂きたく、伏してお願い申し上げます。
時節柄、お体にはくれぐれもご自愛下さり、ご活躍下さいませ。
                                                         以 上
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。