最上位標目:アルカ文法史
上位標目:方言, 第十一期新生アルカ

ルティア・アルシア方言とは、第十一期新生アルカ時代の2008年11月30日初出の方言である。同時期の第一次アクセント改定(2008年11月26日)の煽りにより生まれた。
(初出:方言 2008/11/30 (日) 20:05:16)
後期制アルカ時代のルティア方言の後身である。
12月9日には、ルティアは理方語、アルシアは西方語を話すという設定になり、ルティア・アルシア方言の特徴は理方語に引き継がれた。西方語ではこの方言の特徴は引き継がれず、異なった趣を見せる。

2008年11月30日設定

特徴

  • イントネーションとアクセントはアルバザードと同じだが、抑揚が少ない。
  • 語末が下がらない。平坦に終わる。

ふつうに話してもユンクに聞こえてしまうので、ルティア人の男は「なよなよしている」という印象を持たれる。
ただしユンクと異なり、イントネーションの多重連結はない。

アルシアは魔法の国ルティアに傾倒しているので、ルティアと同じ。
アルシア人は人口が少ない上に移住する人が少ないため、よくルティア人に間違われる。
(方言 2008/11/30 (日) 20:05:16)

最上位標目:アルカ文法史
上位標目:方言, 第十一期新生アルカ
最終更新:2009年02月25日 21:28