《太阿の霊剣》

作品名:召喚学園の魔法史学
使用者:遊形花菱

召喚学園の魔法史学に登場する武器。
魔術器のひとつ。形状はステッキ。
光る刃を生成し飛ばすこともできる霊剣




武器についての詳細

変形

  • 通常時はステッキとして持ち歩き、戦闘時は剣として扱う
    • ステッキの先を灯して照明としても使える。
 今やステッキは手元から先がすっぽりと、青白い光の刀身に包まれていた。ホログラムのよ
うに透き通った刃だ。刃の付け根には、棒状の柄まで出現して
いる。

刃生成

  • 刃を飛ばす
    • 刀身の軌跡を準えた刃を作り出して放つ。
    • 場合によっては盾としても使える。
 霊剣から飛び出したのは、刀身の軌跡をなぞった三日月型の刃だった。虚空を切り裂き、嚙
みつき攻撃のために伸びきったオオカミの首を捉える。
  • 様々な形に変えられる
    • 刃を小さく、かつ大量に発生させることも可能。
 横薙ぎに振るわれた霊剣から飛び出した光の刃は、いつもに比べて極小さなものだった。た
だし数は桁違い。帯状に広がる無数の刃が標的を襲う、面攻撃だ。


元ネタ

太阿の剣
中国の『超絶書』に語られる名剣。泰阿の剣とも。
何物をも断つ剣とされ、天の時、地の利、人の和が揃えば万軍を退けるものとされる。


関連項目

《太阿の霊剣》の武器分類。

関連タグ


リンク