全国いかがダイスキだー坊主会

妖界に存在するイカ漁妖怪団体。
2008年時点での加盟イカ釣り妖怪は4700体。

来歴

2008年6月18日、妖界東西新聞での登場が初出。(http://koorinteihyousen.blog.shinobi.jp/Entry/153/
18日、油価格の高騰により窮迫しているイカ釣り漁の窮状を訴えるため、妖界全土でイカ釣り海坊主、海塞ぎ、立烏帽子たちが2日間の休漁に入った。イカ釣り漁は夜間、イカを呼び寄せるため、頭部に油をテカテカに塗り発光させる集魚頭灯方式をとっており、一度の漁に多量の油を消費するので価格高騰の影響が甚大化している。 イカ漁妖怪団体「全国いかがダイスキだー坊主会」に登録されている全国のイカ釣り妖怪4700体のうち、6割強の約3000体が休漁をする見通し。――『妖界東西新聞』