※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



サイゼリヤ【さいぜりや】

イタリアンのファミレス。とても安い。サイゼリ「ア」ではなく、サイゼリ「ヤ」なので、気をつけよう。池袋の1号店が第4回オフ会東京回の1次会会場。

作戦コマンド【さくせんこまんど】

主に兵種制ルールで使われているきのたけの数少ない選択要素であり、名前欄をΘにすることで必殺技の”撃破”を”回復”に、†にすることで”撃破”を”レベルアップ”に変えることができる。基本的にピンチな時にΘが使われるパターンが多く、これを活かして勝利したパターンも数多く存在する。現在は兵種制ルールで使われてはいないが、新しく開発されたいろいろなルールにこのシステムの痕跡が見られている。
関連項目⇒「スキル制ルール

サラ【さら】

スリッパ氏が開発したメイドロボ(らしい)。由来は「まっさら」から。

参謀の盾【さんぼうのたて】

強さ3、最大修正値30の盾。B‘Zを倒すと稀に落とすことがある。他者からの勧誘を跳ね返す特殊効果を持つ。第4回オフ会社長の何気ない一言が元ネタ。


失踪【しっそう】

行方をくらますこと。また、行方が知れないこと。きのたけでは、時々長期または短期の失踪者が発生しており、失踪の自由を保障する稀有な集合体となっている。失踪は当人の自由意思によるもので、気が済めば戻って来ることもまた自由である。帰還の際には、会議所で「おかえり」と声を掛けるのが良いとされる。
対義語:追放 類義語:離脱

終戦【しゅうせん】

戦いが終わること。ここではそのまま大戦がどちらかの勝利によって終わった時を指す。

時空が歪む【じくうがゆがむ】

レスの書き込み時間が前後で逆転すること。主に鯖が不安定なパー速で発生し易い。これによって必殺技大量撃破を阻止されたらたまったもんじゃない。

霜月の危機【しもつきのきき】

2011年11月5日、集計担当者不足によって大戦が開催されなかった事。当時、集計技術取得者は僅か3人であり、不在の場合が多々あることから後継者の育成が急務である。関連語→「集計無月

集計【しゅうけい】

大戦結果をまとめる事 またはまとめる人の事を言う。代表的な集計係きのこ軍集計班集計班が居ない時はなどがやっている。集計をする人が居らず一時休戦の危機にさらされた事もあるのでやはり重要な仕事であると言える。関連項目⇒「集計係

集計係【しゅうけいがかり】

大戦中の両軍の撃破数をリアルタイムでまとめる人のこと。集計人。集計係がいないと大戦自体がそもそも成り立たない為、かなり重大な役目を背負っている。また、大戦の〆となる総評を書く役目も請け負っている。これはリアルタイムで戦況を把握している。集計係だからこそできる業でもある。かなり大変な仕事なので集計係の人には感謝しましょう。ちなみに戦況を纏めるのに向き不向きの個人差があるようである。関連項目⇒「集計

集計ツール【しゅうけいつーる】

初代集計ツールは加古川かつめしが作成。が、度重なるルール変更によりお蔵入りとなってしまった。しかし、会議所★73の終盤にて791の人がツールについての質問をしたことにより加古川かつめしが再びツールの開発に着手。その後、会議所★77から抹茶が開発を受け継いだ。現在は、集計の完全機械化を目指して開発が進んでいる。なお、ツールが完成したとしても、集計班コテは変わらないものと見られている。

集計無月【しゅうけいなづき】

集計係が居らず、なかなか大戦が始まらないことから生まれた言葉。10月(神無月)になぞらえている。要は皮肉。

集計不要大戦【しゅうけいふようたいせん】

集計係の数の少なさから集計係の都合でたびたび機能不全に陥るきのたけで、集計無しでもできるよう作られたルール。勝利判定は、一人の兵士のスコアが一定にまで到達した時にその兵士の所属する軍が勝利するというもの。現行ルールではスコアは一定のレス番での敵軍との戦闘に勝利するとあがるようになっているが、一部の強い兵士のゴリ押しにならないよう、武器相性と援護システムを導入、また、負けると下がるようになっている。ちなみにルールはまだ完全には定まっておらず、VIP大戦で使われたことは一度も無い。

紹介【しょうかい】


将棋【しょうぎ】

チェスが元とされる日本のテーブルゲーム。抹茶がやたらと強い。というのも、高校時代は将棋部員だったからである。yahoo!きっずなどで遊ぶことができる。

常勝【じょうしょう】

たけのこ軍に用いられる敬称。第五次大戦を終わって4勝1敗ときのこ軍を既に圧倒していたたけのこ軍の実力を、第五次大戦総評でこの言葉を用いて表現している。関連用語⇒「夜のきのこ

昇進【しょうしん】

昇格とも。大量撃破により階級が1つ上がる事。元帥は最上級なので、それ以上階級が上がることは無い。

消毒【しょうどく】

グリコーゲン氏の使用するAAの事。DBが出現する今、彼の出動するべき時は頻繁にあるのだが、当の本人は既に会議所から身を退いてしまっている。

神父【しんぷ】

DB教の布教者・神父黒飴の事。言うまでもなく、中の人は黒砂糖である。


スキル制ルール【すきるせいるーる】

作戦コマンドから派生した選択要素に重点を置いたルール。IDによって選ばれた3つのスキルを選択して使う構成になっているが、未だに完全なルールは定まっていない。

スクリプト【すくりぷと】

機械語への変換作業を省略して簡単に実行できるようにした簡易プログラム。ここではモ●キチの開発したスクリプト連投ツールによる埋め立てのことを指す。今現在多数のコンマスレがこれにより埋め立て被害に遭っている。きのたけも被害に遭ったことがある。スクリプトを喰らった場合、次スレを立てても粘着されるため、大戦の続行は困難である。ちなみに、きのたけでは緊急戦闘場を用いてある程度対策している。

スナイパー【すないぱー】

意図的に00やその他ゾロ目を狙う人の事を言う。これを封じるために色々策を練り実行していたようだが、今は「大量撃破補給(現在は廃止)をコンマだけでは出せない」という形で一旦落ち着いている。

スナイプ【すないぷ】

意図的に00やその他ゾロ目を狙うこと。きのたけではこれが原因できのこ軍たけのこ軍の勝利数に差がかなりついていた。関連用語⇒「スナイパー

スパン型集計方式【すぱんがたしゅうけいほうしき】

集計方法の一種。主にVIP大戦に用いられる。100レス、50レスごとなど明確にレスを区切って集計結果を公表する。勢いがあまり出ない大戦の序盤から中盤にかけて非常に有効とされるが終盤では勢いが出すぎて公表が間に合わないことがある。現在の集計方法の主流。関連用語⇒
リアルタイム集計方式」「劇場型集計方式


スマホ【すまほ】

スマートフォンの略称。携帯電話に替わる存在として、世界中で普及が進んでいる。

スレ立て係【すれたてがかり】

パー速で次スレを立てる人や、VIPでスレを立てる人の事を指す。特にVIPでのスレ立て係は混乱が起きないよう、立てる順番を決めてから大戦に臨むのが普通である。 関連項目⇒「>>1

備考:きのたけは、基本的に2スレ以上続くため、勢い継続の為にも迅速な次スレ立てが求められる。その為に最初のスレを立てる前に会議所であらじかめ決められるのがスレ立て係であり、大戦においては基本的に3スレ目までの係(大戦が3スレ以上続いたケースは過去に一度も無いため)と、スレを立てられなかった時のために予備の係が決められる。現在はスクリプトに対抗するためできるだけ多くのスレ立て係が求められる。


精鋭【せいえい】

選りすぐりの兵士たちを集めた部隊の事。主にたけのこ軍を指す。少人数の兵士からおよそ数に見合わない程の大量の撃破きのこ軍に浴びせることからいつしか呼ばれるようになった。

聖戦【せいせん】

2月14日、バレンタインデーに行う大戦の事。

戦死【せんし】

兵士連投のしすぎでバーボンハウス送りになること。バーボンハウス送りになると2時間の間、2chの全てのスレッドが見られなくなる。大戦はほぼ間違いなく2時間以内に終わるので戦えない=死んだも同然なのでこの名称で呼ばれることとなった。バーボン送りとなった兵士達はこの時大抵パー速でむせび泣きながら大戦の結果を見守っている。例外的にIP非固定のJOJO天国へ行く方法、通称メイド・イン・ヘブンを知っているため戦死知らずである。
関連→寝落ち

戦場【せんじょう】

パー速にある、「ここだけ○○な戦場」スレのこと。こちらもVIP開催を主とするスレだがきのたけとは違い、毎日20時に開戦する。

宣伝【せんでん】

きのたけには他スレを宣伝する書き込みが結構多い。勢いの高さから宣伝に向いてるからだろうか。効果が如何ほどのものかは不明。

扇風機【せんぷうき】

夏前後に本領を発揮する家電のひとつ。エアコンに比べて長期間使え、電気代も安いのが特長である。

専ブラ【せんぶら】

2ch専用ブラウザのこと。使用する兵士も多い。便利。


総撃破数【そうげきはすう】

それぞれの大戦でのきのこ軍たけのこ軍それぞれ3位までの撃破数の合計のこと。関連項目「撃破記録」(←面倒なのか50次以降は更新されていない。)

総評【そうひょう】

終戦後に集計係によって書かれる大戦のまとめの事。大戦の名物の一つであり、終戦後に総評が投下されるのを楽しみにしている兵士も多い。元を辿れば、第三次大戦終戦時にテンションのあがった集計係が殴り書いて貼り付けた文章が始まりである。これまでの総評は今までの戦績にまとめられている。

最終更新:2013年12月25日 01:44