「聳え立つ嵐の山」

日本チームのNo.3。柔道技をベースに戦う総合格闘家。寡黙だが、その胸の内に熱い魂をもつ大和男子。妻子あり。
ゲタの音を高らかに響かせながら迫り来るその格闘スタイルは、多くのKOFプレイヤーのトラウマとなっているとかいないとか。
いわゆる投げキャラであり、必殺技もほとんどが投げ技。まさに漢の中の漢。
ただし接近しなければ何も出来ないわけではなく、大地を揺るがす地雷震が遠距離での油断を許さない。
また投げキャラでありながら、恵まれた体格から繰り出される打撃技もパワフルで、リーチ・判定に優れたものを持っている。

+紹介動画

紹介動画


+コマンド表

コマンド表

コマンドはキャラクターが右向きの場合
アイコンの意味は以下の通りです。
:EX対応 :スーパーキャンセル :ドライブキャンセル :MAXキャンセル
:近距離で :空中近距離で :空中で :空中可
:連打 :連打可 :溜め :押し続ける :4秒以上押して離す
種別 EX SC DC MC 技名 コマンド
通常投げ - - - - 送り足払い
特殊技 - - - - 頭上払い
必殺技 - - - 天地返し
- 雲掴み投げ
- - 切り株返し

(EX)

(EX)
- 地雷震
- - - - 地雷震(フェイント)
- - - 超受け身
- 超大外刈り
超必殺技 - - 地獄極楽落とし
NEOMAX超必殺技 - - - - 驚天動地

+連続技

連続技

アイコンの意味は以下の通りです。
:スーパーキャンセル :ドライブキャンセル :MAXキャンセル
:ハイパードライブ発動 :ハイパードライブキャンセル

主力連続技

1 近弱P近弱P立弱K天地返し
備考 基本コンボ。近弱P暴れからヒット確認が出来る。
2 近強P頭上払い地獄極楽落とし
備考 パワーゲージ1本を使った基本コンボ。
3 近強P頭上払い立強K超大外刈り[弱超受け身切り株返し]×4地獄極楽落とし
備考 パワーゲージ1本を使ったキャンセル発動コンボ。
ループ部分を3回にすれば地獄極楽落としからMAXキャンセル驚天動地が間に合う。ゲージ量と相談して狙ってみよう。

その他の連続技(自由記述欄)

1 ジャンプふっ飛ばし(カウンターヒット)雲掴み投げ地獄極楽落とし
備考 ジャンプふっ飛ばしがカウンターヒットした場合の追撃コンボ。
2 頭上払い(空中ヒット)弱超受け身雲掴み投げ
備考 頭上払いで対空を取った場合の追撃コンボ。
3 EX天地返し少しダッシュして頭上払い雲掴み投げ
備考 位置を問わないコンボ。頭上払いの拾いは最低空で。ゲージがあれば雲掴み投げにキャンセルをかけたコンボに持っていける。
ちなみに頭上払いヒット後キャンセル発動し雲掴み投げからHDコンボに持っていくことも可能
4 (画面端付近)EX天地返し少しダッシュして頭上払いジャンプぶっ飛ばし攻撃切り株返し~etc
備考 画面端または画面端付近限定のキャンセル発動コンボ。
最初の頭上払いの当て方が高すぎるとジャンプぶっ飛ばし攻撃が当たらず、低すぎると相手の浮き位置の関係上大門が一瞬後ろを振り向いて逆向きに攻撃する場合があるので注意。
最初の頭上払いの拾いは最高でも最低空でもない拾い方がベスト。
頭上払いヒットキャンセル発動後はレバーを上方向入れっぱなしで自動的にジャンプしてくれるのでぶっ飛ばし攻撃が当てやすい。
切り株返し後のコンボは上記にある主力コンボ3を参照
5 (画面端)EX天地返し頭上払い×3~4雲掴み投げ
備考 画面端限定のコンボ。
最初の頭上払いの拾いは最低空で。

+基本戦術

基本戦術

相手を近づけされないリーチのある通常攻撃、近づいた相手を一気に吸い込む発生の早いコマンド投げと牽制と取っ組み合いに優れた性能ではあるものの動きは少々遅めで基本ゲージを使わないとダメージアップが図り難い。
ネオマックスキャンセルを絡めたコンボの威力はすさまじいがマックスキャンセル対応が超必殺技以外に対応していないので高火力コンボに持っていくにはやはりゲージが多く必要となる
リーチを活かしチクチク攻めたり追い払いつつ投げを決めたらドライブキャンセル、スーパーキャンセルコンボで削っていくスタイル

  • 遠距離戦
画面端同士であればコマンド投げを空振りしてゲージを稼いだり地雷震でけん制しながらジリジリ近づいていく。
ただし地雷震は隙が大きめなので飛び道具や飛燕疾風脚などの浮遊しながら突進するような必殺技に合わせられないように注意すること。

  • 中距離戦
巨体を活かしたリーチの長い打撃攻撃がけん制として強く、ジャンプぶっ飛ばし攻撃や立ちDを強気に振っていく。

  • 近距離戦
投げキャラとして発揮する間合い。コマンド投げが連続技としても繋がり、ガード崩しも機能する。
「EX超受け身」の無敵や高速中段打撃にもなる「EX地雷震」も使っていくとさらに崩しとしても強い
そしてこの間合いでも相変わらず立ちDが強く割り込み対空としても強い。ただし体の大きいキャラを除いて相手がしゃがんでいる状態であると密着でも立ちDは当たらなくなるので
立ち下段攻撃である立ちBも混ぜること。

難敵対策

雑記

立ち弱KEX地雷震で下段→高速中段の非常に見切りづらい連係となる。
またEX天地返し→ダッシュ近立ち強P→弱超受身を行うと大門が後ろを振り向く形になりコマンドは逆になるが、相手着地時に地雷震をちょうど重ねられる状況になり投げ択もできて崩し翻弄がしやすい。
近立ち強Pのタイミングを調整したり弱超受身キャンセルを遅らせたりすれば相手の裏に回れたり、振り向かず正面向きで地雷震も可能になるので相手着地時に中段のEX地雷震当てで翻弄することも可能

+通常技性能解説

通常技性能解説

通常技

Ca:キャンセルの可否 連:連打キャンセル可 必:必殺技以上でのみキャンセル可 超:超必殺技以上でのみキャンセル可 特:特殊なキャンセルが可
Ca 解説
弱P ◯・連 発生が早くしゃがみにも問題なくヒットする。連打がきくので近距離ではこの技で刻んでもいい。
- 張り手。高さとリーチを活かしてジャンプ防止に。
弱K リーチのある下段蹴り。接近戦ではこの下駄をペチペチ当てて機先を制していく。
また、動作中にキャラが前に出るためコンボ時にリーチを稼ぐことが出来る。
強P コンボの起点に。ガードされても微不利程度(-1F)なので反撃もほとんど受けない。
- そこそこのリーチと判定を持つため牽制に。キャンセルはきかないため振り回しすぎると危険。
強K - 大門の牽制の要。上方向に判定が強く、発生も早め。ジャンプ防止や早出し対空に。
屈弱P 連打がきかず他の小技にも繋げられない。使う必要性は薄い。
屈弱K - 下段。ヒット時はノーキャンセルで投げが繋がる。ヒット確認から投げられるようになると強い。
屈強P 両の手による張り手。出番は少ない。
屈強K 下段の足払い。発生は悪くないがリーチに難あり。
J弱P - 下方向に判定あり。性能的には並で使いどころはさほどない。
J弱K - 持続の長い膝蹴り。めくり性能はあるが地上技には繋ぎにくい。崩しから投げを狙う場合に。
J強P - めくり性能が高い。しゃがみ状態の相手になら地上技も繋ぎやすいため、中段からのコンボ始動に。
J強K - 下方向に鋭い蹴り。リーチがある。小ジャンプから早出しで高速中段に。
吹っ飛ばし リーチも短く性能的には並。無理に使うこともない。
J吹っ飛ばし - 横に強く、リーチも長め。ヒット時は強制ダウンを奪え、有利時間も長い。ダッシュから切り株返しで直接拾うことも可能。
カウンターヒットでワイヤーダメージが発生する。
通常投げ - 強制ダウン。

特殊技

Ca 解説
頭上払い コンボの繋ぎや簡易対空に。判定は過去作ほど強くないため頼りすぎるのは危険。
空中ヒット時は追撃が可能。

+必殺技性能解説

必殺技性能解説

Bt:ボタンの入力 共:弱強共通 Ca:キャンセルの可否
技名 Bt Ca 解説
天地返し - 発生1Fのコマンド投げ。弱攻撃から繋がる。
EX 若干投げ間合いが広くなる。
投げた後は相手が地面に落ちるまでに追撃可能に。
雲掴み投げ -
空中の相手を掴む。立っていても背の高い相手なら掴める。
投げと付いているが投げ技ではなく打撃技扱い。
EX 発生が早くなり、上半身無敵がつく。
切り株返し -
強攻撃から繋がる。
ダウンした相手を掴むことが出来る。
地雷震 - - 地震を起こして画面全体を揺らし、立ち状態の相手をダウンさせる。受身は可能。
空中やしゃがみ状態の相手には無力。
EX
発生が早くなり、振り下ろした手に中段の攻撃判定がつく。
この中段部分を立ちガードされた場合、相手は地震でダウンせずダメージも受けない。
地雷震(フェイント) - - 攻撃判定の発生しないフェイント技。隙が小さい。
超受け身 - 前転と同程度の距離を転がる。前転よりこちらの方が素早く、近距離で出しても相手の裏に回らない。
弱版には無敵はないが、動作を必殺技でキャンセル可能。63214LKで弱超受身を入力し、動作中に6+PまたはKで天地返しまたは超大外刈りで通常より素早くモーションキャンセルすることができる。
弱版より移動距離が長い。動作中は無敵なので相手の攻撃をすかしながら接近できる。
ただし終わり際に一瞬無防備な時間がある。こちらはキャンセル不可。
EX 強弱の利点を合わせたような性能。
動作時間が短く、移動距離が長く、動作中に無敵があり、必殺技でキャンセルがきく。
終わり際に無防備なところは変わらない。
超大外刈り
発生9F。出がかり無敵のコマンド投げ。弱攻撃から繋がる。
EX 投げ間合いが広くなり、投げスカり時の硬直が短くなる。
地獄極楽落とし 発生1Fのコマンド投げ。投げ間合いが広いのが特長。
ノーマル版、EX版とも直接崩しに使うよりはコンボダメージの底上げに。
動作時間が長くMAXキャンセルポイントまでにHDゲージが切れてしまいがちなのが難点。
EX 投げ間合いが広くなり、ダメージが上昇する。
N 驚天動地 - - 地雷震(フェイント)のようなモーションの当身技。コマンド完成から1Fで判定が発生する。当身が成立すると演出に移行。
威力は絶大で、全キャラ中最大のダメージを誇る。

+技解析

技解析

Hit:ヒット数 Dmg:ダメージ ()内:小ジャンプ時のダメージ Stn:スタン値
G段:ガード段 全F:全体フレーム 発生:発生フレーム
Ca:キャンセルの可否  連:連打キャンセル可 超:超必殺技以上でのみキャンセル可 特:特殊なキャンセルが可

通常技

Hit Dmg Stn G段 全F 発生 硬直差 Ca 備考
弱P 1 30 8 4F +1F
1 30 8 4F +1F -
弱K 1 40 8 4F -2F
強P 1 80 10 5F -1F
1 80 7 9F -10F -
強K 1 90 10 6F -5F -
屈弱P 1 25 3 6F +1F
屈弱K 1 30 3 4F 0F
屈強P 1 80 10 8F -6F
屈強K 1 80 7 6F -2F
J弱P 1 45(40) 3 4F -
J弱K 1 45(40) 3 5F -
J強P 1 72(70) 7 9F -
J強K 1 70(68) 7 7F -
吹っ飛ばし 1 75 10 15F +2F
J吹っ飛ばし 1 90(80) 8 14F -
GC吹っ飛ばし 1 4 0 13F -15F -
通常投げ - 100 0 1F - -
頭上払い 1 60 6 5F -11F

必殺技

Hit Dmg Stn G段 全F 発生 硬直差 Ca 備考
天地返し 2 30/150 0 38F(※1) 1F - - ※1 投げスカリ時
EX 3 40/50/100 0 42F(※1) 1F - - ※1 投げスカリ時
雲掴み投げ - 2 0/120 0 6F -10F
EX 2 0/210 0 5F -18F
切り株返し - 2 0/80 0 19F -5F
地雷震 - 1 90 0 ※1 63F 27F - - ※1 立ちガード不可
EX 2 100/100 0 ※1 50F 15F(※2) -18F
※1 立ちガード不可、腕部接触時は中段
※2 地震部分の発生は19F
地雷震(フェイント) - - - - - 33F - - -
超受け身 - - - - 34F - - ※1 ※1 動作を必殺技でキャンセル可
- - - - 41F - - -
EX - - - - 37F - - ※1 ※1 動作を必殺技でキャンセル可
超大外刈り 1 140 0 42F(※1) 9F - ※1 投げスカリ時
EX 1 180 0 30F(※1) 9F -
※1 投げスカリ時
地獄極楽落とし 5 20×4/150 0 51F(※1) 1F - ※1 投げスカリ時
EX 10 20×8/100/80 0 51F(※1) 1F - ※1 投げスカリ時
N 驚天動地 1 500 0 41F 1-30F - -