神話

インド神話における神族・ディーヴァと対立する立場にあるアスラ族の大王。
仏教における神格「阿修羅」は、アスラを漢訳したものである。

シリーズにおいて用いられている「アスラおう」という名は通称に過ぎず、サンスクリッド語で「偉大なるあまねく照らす者」という意味を持つ「マハー・ヴィローシャナ」が、その真名である。
仏教においては、真言密教における胎藏界曼荼羅、金剛界曼荼羅によって成る両界曼荼羅の中心に位置する至高の存在「大日如来」~またの名を毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)~として崇拝される。
所謂、「奈良の大仏さま」のこと。

そのルーツは更に古く、遡れば紀元前のイランでアーリア人に崇拝されていた始原神ヴァルナがその原型とされる。
後にヴァルナは民族移動によってペルシャに渡ったアーリア人が成立させた拝火教=ゾロアスター教において光の神・アフラ=マズダ、インドに渡ったアーリア人からは司法神ヴァルナとして信仰された。

非公式

最古の作品である「女神転生」の頃から「アシュラ」の名でシリーズの要所要所に登場している。
崇拝される地域・神話によって、神・魔の立ち位置が著しく異なる彼のような存在は、メガテンシリーズそのものを象徴している、と言っても過言ではないだろう。

  • デジタル・デビル物語 女神転生II (旧約・女神転生)
最高位の邪神・アシュラとして登場。
主人公が取るルートによっては、貶められた以前の姿・アフラマズダを取り戻し、仲魔となって戦う。
  • 真・女神転生
実質的な初登場作となる。
大魔王ルシファーを背後に擁するCHAOSサイドの軍勢を仕切る総指揮官の立場にあり、物語終盤にメシア教の聖殿・カテドラルの下半分を占拠。
主人公の属性がLAW、NEUTRALの場合は最終ボスとして立ち塞がる。
  • 真・女神転生II
大日如来・ヴィローシャナの名で登場し、魔界の一角・ケセドに鎮座。
魔界において迷える人間の魂を救う存在として描かれるが、主人公の属性によっては交戦することにもなる。
  • 「デジタルデビルサーガ」シリーズ
直接的には姿を見せないが、同一視される司法神ヴァルナが「主人公サーフが悪魔化した際の姿」として描かれる。
主人公らが悪魔化した際、その種族は"阿修羅"とされ、ガイドブックでも「アスラ王の一人」と強調されて解説が入れられる。
さらに作中、サーフが「阿修羅の王」と呼ばれるシーンが登場する。
  • デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王
別件依頼において、国家の根幹を司る悪魔として登場。
メガテン世界での「アスラおう=大日如来」の関係が色濃く描かれ、さらにアスラおうがかつてアフラマズダであったこと、「ある時空の闘い」を経ることでアフラマズダの位階に至れることが語られる。

能力

太陽」コミュがMAXに到達することで合体可能となる。
偉大なる者。

初期Lv:86

マハラギダイン(初期) イノセントタック(初期) マハラクカジャ(初期)
マハンマオン(88) ハイパーカウンタ(89) 魔術の素養(90) 不動心(92)

火炎・光無効 氷結耐性 疾風弱点
最終更新:2012年07月10日 09:55