コメントページ

  • 偽名スクルドさんは、かなりの手練れだと思う、ルィンシァがころす気で攻撃をしかけた時に咄嗟の判断で羽を出して空中に浮くことで衝撃を軽減、戦いの後はルィンシァとの戦闘を冷静に分析、即時ふっ飛ばされた場所に来ていたティアと第二戦を開始、ティアに負けて空を見ながらティアとの戦闘を分析後は、時間を開けずに村長屋敷に行きみなごろし天使3人の子供とスキンシップを取った後に即時みなごろし天使の3人と戦闘開始と体力的にも手練れと呼ぶに相応しいものを持っていると思う、つまりルィンシァがころすつもりの本気で相手をしてもするりとかわし、ルィンシァの後にティアと連戦しても大して体力を消耗せずにまるで肩慣らしでもするかのようにみなごろし天使の3人と戦闘を行うという手練、しかも村長が最も怖いと認識したということはレギンレイヴのように既に村長に対して殺気を放ちかけて幻の槍に突かれている経験をした可能性もある。 - 名無しさん (2022-07-20 21:45:45)
  • コミック版206話より、「死霊騎士」に「デスナイト」のルビがありました - 名無しさん (2022-07-22 18:39:26)
  • ちょうど今オーバーロードの4期放送中だからデスナイトといえばあの姿が思い浮かぶ - 名無しさん (2022-07-23 15:39:46)
  • コミック版207話はオリジナル展開? - 名無しさん (2022-07-29 12:25:31)
  • コミカライズ版は、書籍版のお話準拠のはず - 名無しさん (2022-07-29 20:58:34)
  • コミカライズ版は、なろう版や書籍版に描写の無い部分はオリジナルで補完する事がある、例えば善哉は、なろう版では屋敷でどの種族が食べたかは書かれていないが、コミカライズ版では屋敷に住んでいたり、屋敷で働いている種族が歓喜しながら食べているところが描かれていたりする - 名無しさん (2022-07-29 21:20:35)
  • 山エルフは総勢20名。ヤー、ヒテルトー、ピタゴラ回の子、村長の子の母親✕3、残りは14名。 - 名無しさん (2022-08-08 04:42:32)
  • 文官娘衆はフラウ以外に10名。ラッシャーシ=ドロワ、クラカッセ=プギャル、ロアージュ=マモンロズ、グリッチ伯の次女、ゲーテグ~の孫娘、パルアネンの孫娘、匿名希望、古典大好き、放送部。重複がなければあと1名。ただし347話で補充。 - 名無しさん (2022-08-08 05:08:58)
  • コミック版207話の件、前半はなろう160話「ギリ冬」、後半は書籍4巻「閑話 神の代行者」。今のところ表現以外でコミックオリジナルは無いかな - 名無しさん (2022-08-09 06:37:12)
  • 個人名不詳な山エルフさん、頑張れ! - 名無しさん (2022-08-10 01:49:11)

最終更新:2018年06月05日 17:21