ジャバウォック(C)
基本情報
名前 ジャバウォック
種族 魔種
ジョブ アタッカー
召喚コスト 50
<タイプ> 凶獣
タイプ テイルズ
HP 500
ATK 60
DEF 60
覚醒
超覚醒
アーツ

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 アローンアップW
周囲に自ユニットが1体もいないとき、攻撃力と防御力が上がる。
TRANCE 超覚醒時、範囲内にいる最も近くのトランスを持つ自使い魔1体に憑依し、
自身のアビリティを付与、さらに攻撃力と防御力を30ずつ上げる。
ただし、同じ使い魔には1体しか憑依できない。
憑依した対象の自ユニットが死滅すると、トランスは解除され自身も死滅する。
消費マナ 20

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 500 60/60
覚醒 550 80/80
超覚醒 600 160/160〔通常時〕、210/210〔アビリティ発動時〕
190/190〔トランス時〕
240/240〔トランスとアビリティ同時発動〕

DATA・フレーバーテキスト
+Ver3.2
Ver3.2
身長 不明 その森には恐ろしい化け物が住んでいます。誰かが確かめた訳ではありませんが、獲物に食らいつく強靭な顎と鋭い鈎爪を持ち、森に入る者を引き裂いてしまうといいます。そんな恐ろしい化け物にまるで散歩でもしているかのように、すたすたと近づく者がいました。
「ふむ、なかなか活きの良い化け物ではないか。これは良い手駒となりそうだ。」
今にも飛び掛からんとする化け物の前に現れたのは、深い笑みを浮かべた赤の女王でした。赤の女王は化け物に向かってバットを振ります。すると、化け物を真っ赤な光が包みこみました。
「妾こそは〈悪夢の女王〉! “ひとごろしき”の化け物ジャバウォックよ! お前を妾の第一の駒としてやろう!」
もう一度赤の女王がバットを振ると、紅い光が消えていきます。光が収まると、そこには先ほどの獰猛さはどこへ行ったのか、化け物が静かに頭を下げていました。赤の女王は大人しくなった化け物の様子に満足そうに頷きました。
体重 不明
最高速度 不明
出身 悪夢の国・アンブラソルム
性格 極めて凶暴
現在 赤の女王の手駒
イラストレーター 村上 ヒサシ
+Ver3.3
Ver3.3
全長 不明 ――どうして!? この物語に“アイツ”はいないはずだろう!? スナークの代わりにジャバウォックだなんて! 確かに“おとなりさん”だけど、これじゃぁこの物語の流れが変わってしまうじゃないか!
おびえて隠れるベルマンたちの耳に、ずしんずしんと足音が聞こえてきます。ジャバウォックがベルマンたちを探しているのです。
――なんとかして“アイツ”をこの物語から消さないと僕らの物語が、この夢の世界が壊れてしまう!…でもどうすればいいんだ!
とうとうベルマンは頭を抱えてしまいました。一緒に隠れている仲間もみんな不安そうにしています。その時、どこからか楽しそうな少女の声が聞こえてきました。
「この物語も悪くはないのだが、これでは〈悪夢の女王〉程度よな。妾の求める悪夢にはちと届かん。〈赤の女王〉としては、謎が残るような結末ではなく、救いようのない、まっ赤な色の、最悪の結末こそが望ましいのだ。たとえば…こんな感じにな。」
少女が錫杖を振るうと、地面は大きなチェス盤にベルマンたちの隠れる木々はまっ赤な駒に代わっていきました。
「ほれ、ゲームの開始だ! ジャバウォックがくるぞ! 捕まればそなたらは妾の駒だ!」

――『スカーレットテイル』その9の②
重量 不明
最高速度 不明
武器 強靭な顎・鋭い鉤爪
存在 “ひとごろしき”
弱点 ヴォーパルの剣
イラストレーター 猫えモン

考察
主力クラスのトランス使い魔。アビリティはアローンアップW。
若干スペックが低いものの人獣の美獣イザベラのトランス版に近いデザイン。

トランス50コストの中でも特に召喚スペックが低く、超覚醒までいってもアローン適用前提なパラメータであるが、
ここからトランスで成長してアローン適用時240/240に、更なるアビリティがもう一つ付く。
トランス使い魔はマナを1体につぎ込む関係上、アローンアップとの相性は決して悪くなく、意外と使いやすい部類に入る。
ただトランス発動時のみ、味方と隣にいなければならないのでアローンが切れるのが面倒な事に注意。

手近な天邪鬼合体だと60cの間270/270。タワー戦の蓋役としては十二分である。
またRE:で追加されたガミジンとの合体で250/250、天邪鬼と比べるとやや破壊力に劣るがこちらは永続。アビリティの発動条件も合致していてパフォーマンスは良い組み合わせ。
トリスタンと組むとタワー内で310/310という謎の物体が生まれる。マナはかかるが戦況に刺さるとゲームを決めかねない。
魔種単として手頃でジョブ的にも噛み合わせがいいハスターとのゲテモノコンビも最低240/240でアローン290/290は優秀の一言。
特殊な能力はないがシンプルに数値が出せるカードなので、手近な根元との合体で主力級として扱う事も出来るし、30コストと合体させて大型的な運用も出来る。唯、アローンの性質から省みるに後者のワントップで運用した方が扱い易いかもしれない。

キャラクター説明

関連カード
カードデータリンク
--- --- ---


+編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい
名前:
コメント: