タナトス(C)
基本情報
名前 タナトス
種族 不死
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 30
<タイプ> 黒冥神
タイプ オリンポス
HP 400
ATK 40
DEF 30
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 内海 祐紀

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 アラウンドスイッチ
周囲にいる自ユニットの数が一定以上のとき攻撃力が上がり、一定以下のとき防御力が上がる。
TRANCE 超覚醒時、範囲内にいる最も近くのトランスを持つ自使い魔1体に憑依し、
自身のアビリティを付与、さらに攻撃力と防御力を30ずつ上げる。
ただし、同じ使い魔には1体しか憑依できない。
憑依した対象の自ユニットが死滅すると、トランスは解除され自身も死滅する。
消費マナ 20

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 400 40/30
覚醒 450 60/50
超覚醒 500 120/170〔トランス前・3体未満〕
180/110〔トランス前・3体以上〕
150/200〔トランス後・3体未満〕
210/140〔トランス後・3体以上〕

DATA・フレーバーテキスト
+Ver3.5
Ver3.5
身長 1.61[meter]
…う~ん、このところ、どうにも物語の流れが変わってきているような気がするわ。
どうやら、私に断りもなく脚本に手を加えている子がいるようね。この時期、確か天秤は闇の側に傾いているはずだったのだけれど… 光の側が頑張りすぎているのかしら? このまま天秤が逆に傾いてしまったら、何の面白みもない物語になってしまうわ。
試練を乗り越える? 戦いに打ち勝つ? 愛を手に入れる?
ふぅ… そんな安っぽい展開、つまらないじゃない。人はね、幸せは簡単に忘れるのに、不幸はいつまでも覚えていて、恐れ、悔み、何度でも反芻するものなの。だからこそ「悲劇」は、永遠に語り継がれる物語となるのよ。
そんなわけだから、書き替えられた脚本を、さらに修正しなければね。

すがりついた僅かな希望が、一刀のもとに断ち切られる物語。
突然の不条理に巻き込まれて、何もかも失ってしまう物語。
逃れようのない悪意に駆られて、自ら全てを終わらせてしまう物語。

ふふ…いいわね、どれも全く救いがなくて、涙なしでは観れないわ。
闇に染まった『13の鍵』と光を放つ『13の剣』――私としては、悲劇で終わってくれさえすれば、どちらが勝とうと構わなかったのだけどね。…見えているわよ、『炎の矢と力の女神』と『正義の天秤の女神』、君たちの頑張りは少しばかり頂けないわ。
あぁ、どんな悲劇にしようかしら。それも一度の悲劇じゃない。繰り返し、繰り返し、絶望が絶望を呼び込んで、より純粋な悲劇に昇華されていくの。
――そう、悲劇は繰り返し上演されてこそ、完成度を増してゆくのよ。
体重 52[kg]
生息域 心の闇
好き 悲劇を眺めることよ
ライフワーク 悲劇の脚本を練ることよ
世界とは 悲劇でできているものよ
イラストレーター LENA[A-7]

考察
一見わかりにくいアビリティだが軍団を守るときには攻撃力が上がり、攻める時にはDEFが上がるという形になっている。上昇値は60。

タナトスに根元をトランスさせ敵タワーを荒らす場合、DEFが230になるチェルノボグor天邪鬼、低いATKを補う火車orギーブルがオススメ。
とはいえアビリティの性質上、自タワーでのATK180を活かし主力にトランスさせる運用のほうが無難であり強力。
(荒らし運用の場合、トランス無しでは120/170とステが物足りなく、有りでは30コスのHPが足を引っ張ってしまう)

主力にタナトスをトランスさせる場合、ステータスの上昇幅が60と非常に高い為、基本的にどの使い魔につけても強力ではあるが、アビリティの特性上、根元次第でステが変動する為、注意が必要。
ATK上昇をメインに据えたい場合は、軍団で動かすのに向いているトランス先がオススメ。(雪の女王等)
DEF上昇メインの場合は、2トップ+降魔の運用がオススメ。(ミキストリ等)

また、ゴグモンドやグレート・ハーロットといった高ステの使い魔にトランスした場合、ステが簡単に300の大台に乗る。
特にグレート・ハーロットはアビリティの性質上相性が良い。

キャラクター説明
本文


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 付近に自ユニット3体以上(ロード含む)で180/110。
    3体未満で120/170。いずれも非トランスでの数値です。 -- (名無しさん) 2016-07-10 15:40:10

  • グレハの相性は最悪だと思う。根本連れて歩けってか -- (名無しさん) 2017-02-12 10:08:59
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る