下駄を履くまで

下駄を履くまで


 原作   小池一夫 
 作画   叶精作 
掲載誌 ビッグコミックオリジナル?75年11月~79年10月号掲載
話数 全12話

あらすじ

昭和37年、池谷一郎は大学を出て、就職をしないまま、麻雀ばかりやっていた。新宿に棲みつき、雀士として生きる池谷の波乱万丈の人生を描く、傑作麻雀劇画!(eBookJapan1巻紹介ページより)
浮き草のような雀士だった池谷は、やがて一軒の雀荘を任されるようになる。その店を訪れる、様々な客と池谷の出会いを描く、傑作麻雀劇画!(eBookJapan2巻紹介ページより)

単行本

レーベル名 出版社 判型 巻数 奥付 Amazon
劇画キングシリーズ スタジオシップ B6 全2巻 1巻・1978年8月30日初版 2巻・1980年7月1日初版 麻雀 下駄を履くまで [マーケットプレイス コミックセット]
近代麻雀コミックス 竹書房 B6 全2巻 1巻・2004年4月27日初版 2巻・2004年5月27日初版 下駄を履くまで 1~最新巻(近代麻雀コミックス) [マーケットプレイス コミックセット]
漫画スーパーワイド 小池書院 B6 全1巻 2007年初版 下駄を履くまで (キングシリーズ 漫画スーパーワイド)

備考


+ タグ編集
  • タグ:
  • 漫画スーパーワイド
  • 劇画キング
  • 小池一夫
  • 叶精作
  • 70年代
  • 近代麻雀コミックス

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2019年07月26日 19:32