ナグネリアン

ナグネリアン 麻雀黄金期から来た男


 原作   南波捲 
 作画   畠山耕太郎? 
掲載誌 別冊近代麻雀95年2月号~96年連載
話数 全18話

あらすじ

時は1970年代、麻雀放浪記で火が付いた麻雀ブームは、雀聖阿佐田哲也率いる麻雀新撰組の登場で頂点に達する!! その時、微熱に浮かされたままの青年・ナグネが目覚めたのは、現代だった――!!(1巻表4より)
「アサ哲がおらんやったら、今一番強い奴は誰や!?」 70年代麻雀ブームから現代に目覚めた青年・名久根はマージャン界の実力者たちに襲いかかったが……!? 麻雀の過去・現在・未来を駆け抜ける痛快ストーリー!!(2巻表4より)

単行本

レーベル名 出版社 判型 巻数 奥付 Amazon
近代麻雀コミックス 竹書房 B6 全2巻 1巻・1996年6月27日初版 2巻・1996年7月27日初版 ナグネリアン麻雀黄金期から来た男 1 (近代麻雀コミックス)

+ タグ編集
  • タグ:
  • 南波捲
  • 畠山耕太郎
  • 近麻
  • 近代麻雀コミックス
  • 90年代

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2021年12月19日 20:08