ハンター・シリーズ


華代ちゃん(シリーズ)の「番外編」から更にスピンアウトしたシリーズ郡。
「華代被害」に遭った人々を戻して回っている「組織」がこの世にある、という「華代ちゃん」シリーズが無ければそもそも前提からして成り立たないシリーズである。



英語版「セカンド・チャンス」読者さまへの「ハンター」シリーズに関する設定
  • 本作はシェアードワールド「華代ちゃん」のスピンアウト作品である。
  • スピンアウト作品の中でも「ハンター」と呼ばれるシリーズの序盤の作品である。
  • 「ハンター」シリーズは基本的に執筆された順番に読まなくては前後の関係が分からなくなる可能性がある。その前提で管理されている。
  • シェアードワールド「華代ちゃん」とは「10歳前後に見える少女「真城華代」がセールスレディを自称して、“困っている”人の元に現れ、“悩みを解決する”と言って不思議な力を行使するも、かえって状況をめちゃくちゃにしてしまう」というブラック・コメディである。
  • 「華代ちゃん」が「悩みを解決する」手段として行うのが「相談者を女性に性転換し、女装させてしまう」ことである。
  • 例えば「コンパニオンの人手が足らずに困っている」社長がいたら、忽(たちま)ちの内に若い女性に性転換させ、コンパニオンの制服に着替えさせてしまって「解決」と称し、満足げに去っていく。
  • 「身体が硬くて困っている」場合は「女性なら身体が柔らかいから」と性転換してしまったりと、「不条理」かつ「強引な論理」なものが大半である。
  • 「華代ちゃん」にはストーリーに前後の区別がなく、どの作品からでも読み始めることが出来、設定を共有しない。
  • だが、中には「華代ちゃんの出自」といったものに言及したいというリクエストや、女性に変えられた人物や、お互いに性別を入れ替えられたカップルの後日談などを描きたいというリクエストも増えてきたため、「番外編」としてそれらをカテゴライズした。
  • 「ハンター」シリーズはその一種である。
  • 「ハンター」は「華代ちゃん」によって女性に変身させられた人々を元に戻すために活動している秘密組織である。
  • 「セカンド・チャンス」以前の作品において「ハンター1号」が華代ちゃんの餌食となっている。
  • 「ハンター」の腕利きエージェントが次々に「元を絶つ」べく華代ちゃんに向かって行く…というのが「セカンド・チャンス」の前提である。
  • ちなみにこの後、有志によって次々に投稿されたハンターたちが活躍するドタバタコメディへと発展していくことになるとはこの時点では作者(真城悠)は全く想像していなかった。

(作成中)


ハンター世界の設定


最終更新:2012年01月24日 23:18