クラウンピース・ランパース=アポロルーキー

  • クラウンピース・ランパース
霧湖中学校に転校してきた、中学2年生の交換留学生。13歳。自由奔放で明るい性格。一人称は「あたい」。
慧音先生も頭を悩ます程度に明るくハイテンションで、「頭が狂ってしまいそう」との事らしい。
日本語は喋れるが片言。「勿怪の幸い」を「ポッケのタイ米」と読んだり、「美しい」を「鬱くしい」と読んだりするレベル。
幼馴染で妖山学園中等部でALTを務めているヘカーティアが日本に行くと聞き、彼女を追ってアメリカからはるばる幻想町に留学。
現在はクラスメイトの春咲リリーの家でホームステイ中。リリーの両親が破天荒でよく家を空ける為帰宅後は割と共に自由に過ごしている。
幼少期にアメリカのサーカス団に所属していた時期があり、私服はピエロを模した物が多い。
やたら調子に乗りがちで最初は慧音先生をよくからかっていたが、後にとある一件で頭突きされてからは恐怖心を持つようになった。
意外にも寒がり屋で、冬はホームステイ先のリリーの家の炬燵に籠ってテレビゲームをする事が多いようだ。

一時何者かによって闇堕ちされるが、後に光堕ちする。


そして…

「松明が放つ幻想新人打者!アポロルーキー!」
ヴンダーレンジャーの新人打者。イメージカラーは茜色。
正体はアメリカから来た霧湖中学校の転校生で、元カルケイオスの一員だった少女、クラウンピース・ランパース。
衣装は茜色の縞模様が入った野球のユニフォームをベースにしたスチームパンク衣装。
頭にはピエロ帽を模した赤い野球のヘルメットを被り、両足に茶色い特殊スパイクを付けたブーツを装備。両手には白い手袋を装備。
戦闘スタイルは野球を利用したもので、持っている松明型バットで飛び道具を自在に打ち返したり、
松明型バットの先の炎をボールに変えて、そのボールをピッチャーの如く自在にコントロールしつつ投げたりする。
また、松明型バットを直接投げて投げた周囲を燃やす事も可能。
彼女の通常時のヴンダーグラスは、茜色のサングラス。サングラスはヴンダーレンジャーでは唯一の例である。