桃竹狂芸師 スピリット・ダンスール

  • 爾子田里乃(にしださとの)
高校生編における上海アリス幻樂学園高等部1年青龍組の生徒。16歳(中学生編換算で14歳)。
丁礼田舞と常に行動を共にしており、2人でダンスユニット『クレイジーバックダンサーズ』を結成しおもに某動画サイトなどで活躍中。
慎重な性格だが自信過剰気味。それ以外の面では女の子らしい行動をよく取る。
学校の成績は優秀だが、上には上がいる影響かクラス内では十何位程度の位置に留まっている。
中学生編は幻想町とは別の地方で舞と共に『クレイジーバックダンサーズ』として活躍しながら暮らしていたが、
高校生編にて2人揃って何故か幻想町に引っ越し、上海アリス幻樂高校に入学。
(なお、『クレイジーバックダンサーズ』のダンス方針もこの頃を境に変わった模様)

+【実は彼女は…】
「精神溢れる狂芸師!スピリット・ダンスール!」
  • 桃竹狂芸師 スピリット・ダンスール
爾子田里乃の日本スキマ産業連の幹部としての姿。外見は頭に黒い革靴がある以外は一般的な東欧チックな桃色のダンス衣装。
性格自体は変身前と変わっていないが、日本スキマ産業連の頭目に洗脳された影響か若干狂っている。
(中学生編終了と同時に洗脳を受け、洗脳後幻想町に引っ越した)
戦闘スタイルは世界中の国のダンスを基礎とした戦闘術。エナジー(舞)と共にほぼ同じダンスを踊る事が出来る。
エナジー(舞)と違う点は、武器が笹の葉でできた扇と茗荷の花である点。笹の葉を一振りする事で、あらゆる自然現象や超常現象を操る。
茗荷の花の香りをかいだ相手の記憶を消したり、改竄したりも可能。その力を応用し、擬似的なカムナギ(半人間)タイプの奇石獣(綺石獣)を生み出せる。
笹の扇は2枚あり、背中に装着する事で滑空して空を飛ぶ事も出来る。