宮津風凛子(みやつかぜりんこ)

高校生編における上海アリス幻樂高校1年玄武組の生徒。16歳(中学生編換算で14歳)。
頭の白いリボンと金髪ロングヘアーが特徴で、胸は大きい。何故か特技は穴を開ける事(物理的にも概念的にも)。
説教臭く、筋の通った性格で強きを挫き、弱気を助く。好きな人は努力している人で、嫌いな人は秩序を守らない人。
その性格からか1年玄武組の学級委員長を務めており、その他クラスの生徒との関わりも多い。
父親が角迅町の町会議員で、母親が角迅町旧坂区に数件並ぶ大手居酒屋チェーンの会社の社長秘書というエリート一家。
誰よりも強く平和を望んでおり、奇跡の戦士と敵対勢力が争う現状を好ましく思っていない。

  • ジャムジャスティロック(モチーフ:正義+石のように固い意志)
「テーブル山座の欠片が貫く正義!ジャスティロック!」
宮津風凛子がミラクルピーストに変身した姿。『テーブル山座』の星の欠片を宿したミラクルピースト。
外見は橙色の大きな岩を模した鎧で、非常に頑丈。ただしその分動きもやや鈍い。
攻撃方法は岩を模した鎧から放つ岩攻撃。両手を岩石に変えての岩石パンチも出来る。
正義の力を宿しており、対象の意志が強ければ強い程自身の攻撃が通じるようになっている。
逆に言えば、意志が弱かったり適当な相手ではイマイチ力を発揮できない欠点がある。