送還/Unsummon

トレイリアの徒弟は、霊気のエネルギーを縛り止めるよりもずっと前に、それを開放することを学ぶ。

Tolarian apprentices learn to liberate Ætheric energy long before they are taught to bind it.


「元の奇妙な世界へ送り返してやれ。そうすれば、この手のおかしな化け物との不名誉な戦いが避けられるだろうさ。」
――ジェスのヴァレク隊長

"Send it back to its own strange world so we can avoid another inglorious combat with these wicked beings."
――Captain Valek of Jhess


魔道士は日課のように霊気から怪物を召喚する。ときにそこに投げ返すことがあっても不思議はない。

Mages routinely summon creatures from the Æther. It's only fair that they occasionally throw one back.


「我が現実への不法侵入だ。次からは許可を取るんだな。」
――静寂なるシマン

"You're trespassing in my reality. Ask permission next time."
――Simun the Quiet


「個人的な話じゃない。君じゃ無い方が好ましいってだけだ。」
――虚空魔道士アシュレル

"It's nothing personal. I'd just prefer if you weren't."
――Ashurel, voidmage


在るべきでなく、消えるべきだ。それが答えだ。

Not to be. That is the answer.


修練者が学んだ技術はカルトーシュに刻み込まれており、永遠衆は今でも自身が得意とした戦法に精通している。

Skills mastered by initiates are preserved within cartouches, so Eternals remain adept at their preferred combat styles.