ワームの歯/Wurm's Tooth

ワームは欺かない。そいつの口が開いたら、お前を食うつもりだ。

A wurm knows nothing of deception. If it opens its mouth, it plans to eat you.


「でっかいワームが俺に噛み付いたんだ。 噛み砕かれる代わりに、俺は奴の歯の抜けた隙間に滑り込んだのさ。歯一本――実際の話、素晴らしいお恵みだったよ。」
――「オレアンダーほら吹き話」

"The great wurm bit down on me. Instead of being crunched bloody, I slid into the space where its tooth was missing. One tooth――a boon most potent, indeed."
――The Tall Tales of Oleander


ジェブナ・ノールは、ワームとの死闘の自慢話のために、苦労してそれを持ち運んでいる。幸いなことに、酒場の常連はそれが乳歯だとは知らなかった。

Jevna Nor lugged it around, bragging of his triumph over the wurm. Luckily, the tavern regulars didn't notice it was only a baby tooth.