※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

電話でヒント




守上藤丸:えーと、ではすみません、国内の様子について事前にお伺いしたいのですが
Q:現在ナニワの国内はどのようになっていますでしょうか?

守上藤丸
 >政庁はまだ怖がられていたり、誰も寄り付かずに機能していないままなのでしょうか。
もはやそんな問題ではない。

と言う回答いただいてるのが気になっておりまして・・・。

芝村:A:ひどいありさまだ

芝村:まあ、ひかえめにいって地獄だな。

守上藤丸:うー・・・E142で藩国部隊が展開してるのですが、どう、ひどいのでしょうか・・・

芝村:人の形質をうしなって化け物の巣になりつつある

守上藤丸:3%どころじゃなくなってるのですね・・・・

守上藤丸:暮里とあってからいけそうなら電話でヒントいきます・・・。

守上藤丸:よろしくお願いいたします。


芝村:/*/


芝村:ここは地獄だ

芝村:遠く、悲鳴が聞こえる

守上藤丸:周りの状況を確認します。

守上藤丸:後、暮里探します。

芝村:真っ暗で何も見えない。

芝村:ふんわりとした灯が見える

守上藤丸:真っ暗?今、何階でしょうか?

芝村:暮里だ

守上藤丸:「暮里・・・!大丈夫!?」

芝村:暮里の手は、光ってる。

守上藤丸:近寄ります。

暮里:「まあな」

守上藤丸:「これ、墳墓の影響・・・・?」

暮里:「微妙だな」

守上藤丸:「鉱脈を掘ってる時にあやまって墳墓を掘っちゃって、そこから出てきた瘴気にあてられた・・・のとは違う?」

暮里:「わからん。まあ、わかるのは」

芝村:何か襲ってきたが、光を見ていやがって逃げていった。

守上藤丸:「神様か、大魔術師なら対応できるって聞いた。
 ・・・それと、地下生活の影響だね」

暮里:「やっかいな状況だ」

守上藤丸:「光がだめなんだ・・・・。今、国全体のどれぐらいがこんな感じになってるかわかる?」

暮里:「50%くらいだな」

守上藤丸:「半分か・・・早いな。ぐずぐずしてられないって事だよね・・・。」

暮里:「・・・雰囲気、違わなくないか」

守上藤丸:「なにが?」

暮里:「いや、きのせいならいい」

守上藤丸:「3択・・・か。うう。心臓に悪い・・・・」

守上藤丸:Q:確認させていただきたいのですが、電話でヒントの「ある問題」というのは、「ナニワ国民の人の形質を守る方法を、教えてください。」とかでもOKなのでしょうか?

暮里:「?」

芝村:A:ええ

守上藤丸:Q:3択間違えたら、状況悪化しますでしょうか・・・?

守上藤丸:「電話でね。今回の問題の解決方法、教えてもらえるんだけど、3択でね・・・。」

芝村:A:ええ

暮里:「なんだそりゃ、あてになるのか」

守上藤丸:「正解1つ、間違い2つ。間違うことは考えたくないんだけど!!」

守上藤丸:「わかんない!」

暮里:「・・・・」

芝村:#難しい顔をしている

守上藤丸:「黒電話らしいよ。」

暮里:「だからどうしたんだ」

守上藤丸:「いや、今できることがあるなら、それやりたいと思って・・・ちょっとぐるぐるしてる。」

暮里:「まあ、やってみればいいんじゃないか。正直、よくわからん」

守上藤丸:「うん、僕もわかんないんだけど・・・」
暮里をじっと見ます。

守上藤丸:#で、ちょっと落ち着きます・・・

芝村:暮里は貴方を見ている

守上藤丸:深呼吸深呼吸。

暮里:「???」

守上藤丸:「今回のこと、暮里も原因も良くわからないんだよね・・・?」

暮里:「……世界の終わりが近いと、よくこうなる。デットエンドだ」

守上藤丸:「・・・。」

守上藤丸:黒電話、探します。

芝村:じりりりりり・・・

守上藤丸:Σ

芝村:じりりりり・・・

芝村:遠くから音

守上藤丸:走っていきます。

守上藤丸:黒電話でしょうか?

守上藤丸:黒電話だったら、とります。

守上藤丸:「はいっ!」

芝村:黒電話だ。

知恵者:「はーい。こちらダンディー、知恵者」

知恵者:「なんだね」

守上藤丸:=□○_

守上藤丸:「こんばんは・・・お久しぶりです。。。」

守上藤丸:「いつぞやはお世話になりました、ナニワの守上藤丸です。」

知恵者:「いやいや。で、クイズだな?」

守上藤丸:「いつも用件だけで本当に申し訳ないんですが。ナニワ国民の人の形質を守る方法を、教えていただけますでしょうか・・・?」

守上藤丸:「ク・・・?はい・・・。」

守上藤丸:電話しながら暮里探します。

芝村:近寄ってきてる。

守上藤丸:#黒電話ってところで知恵者さんかなーとは思ってましたがっ!!

知恵者:「うむ、よかろう。では三択クーイズ」

芝村:#そうねえ

守上藤丸:#今日知恵者さんも呼ぼうと思ってたんですが、呼んでたらどうなってたのでしょう・・・

守上藤丸:耳をすませます。

芝村:#一電話

芝村:糸

知恵者:「1.暖かい家庭」

知恵者:「2.国民皆殺し」

守上藤丸:#糸電話・・・!!

知恵者:「3.精霊手」

知恵者:「さあ、どれかなー?」

守上藤丸:#・・・・・普通に考えたら1しかないような。3が有効なら暮里やってそうですし。今から暖かい家庭を目指せば間に合うのですか・・・。

守上藤丸:Q:次の発言が答えになっちゃうのでしょうか?

芝村:#間に合わない

芝村:A:ええ

守上藤丸:#うううう。精霊手って何ができるのーーー!?

守上藤丸:#最初の暮里の灯りって精霊手でしょうか?

芝村:ええ

守上藤丸:#暮里の手をとってじっと見てみます・・・。

芝村:暮里は不思議そう

芝村:どうする?

守上藤丸:どうしましょう・・・・・

守上藤丸:うーんうーん。
暮里の手に、「暖かい家庭」か「精霊手」って書いてみます。

芝村:暮里は温かい家庭とかいた

守上藤丸:「暖かい家庭」

守上藤丸:「・・・ありがとうございます。」 >知恵者さんに

知恵者:「正解です。でもまあ、ナニワじゃ無理だな。わははは」

守上藤丸:「泣きますよ!!」

知恵者:「大人しく滅びるがよい」

守上藤丸:「いやです。お断りします。」

芝村: /*/




最終更新:2009年04月28日 01:57