千葉県に丸い固定した雲=HAARP ringが出現。山梨関東の記録的大雪時。平成26年2月15日。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人気ブログランキング

本日の閲覧数 -
昨日の閲覧数 -
総閲覧数 -
平成26年2月18日開始。 平成26年3月5日更新。

平成26年2月14日-15日の山梨県、東京都、埼玉県や関東での記録的大雪の時、千葉県を中心とする同心円状の丸くて偏西風でも動かない固定された雪雲又は雨雲が出現した。低気圧をHAARPで加熱した、HAARP ring(ハープリング)と思われる。電磁波で低気圧を加熱すれば、上昇気流が生じやすくなり、より低気圧が発達し被害が拡大する。犬HKのテレビで雪雲又は雨雲のレーダー映像を見つけましたので流します。

甘利TPP担当相は、平成26年2月15日、急きょ訪米し、通商代表部のフロマン代表と会談を行ったが、農産品の関税撤廃について、日米で具体的な妥協点は見いだせなかった。米は牛肉や豚肉の関税を殆ど0%である1-2%を要求した。



↓↓↓平成26年2月15日午前0時。


↓↓↓平成26年2月15日午前1時。


↓↓↓平成26年2月15日午前2時。


↓↓↓平成26年2月15日午前3時。


↓↓↓平成26年2月15日午前4時。


↓↓↓平成26年2月15日午前5時。


↓↓↓平成26年2月15日午前6時。


↓↓↓平成26年2月15日午前7時。



雨雲はここで確認出来ます。


↓↓↓犬HKの録画。消されない内に誰か録画して置いて下さい。首都圏に丸い雪雲又は雨雲が有ります。自然発生ではない事を示している。3分48秒から4分0秒の所。


↓↓↓平成26年2月15日午前3時40分。気象庁と東京電力の丸い雲の中心がずれている。理由は不明ながら、大雪を示す黄色の丸いドーナツ状の雲を観察出来る。人工的な物を強く疑う。自然発生は考え難い。


↓↓↓平成26年2月15日午前3時55分。


↓↓↓平成26年2月15日午前5時0分。


↓↓↓平成26年2月15日午前6時25分。






今回の大雪の後ではあるが、気象操作されている証拠を提示します。



↓↓↓Precipitable water(降雨可能な水=降水量)平成26年2月19日。人工高気圧が作成され、低気圧が日本近辺を通過する様に操作されている。地球規模で気象操作している証拠。


↓↓↓Precipitable water(降雨可能な水=降水量)平成26年2月21日扇型の降雨又は降雪が存在している。



↓↓↓Precipitable water(降雨可能な水=降水量)平成26年2月28日。人工高気圧が作成され、また日本付近を低気圧が通過する様に操作されている。


↓↓↓平成26年3月2日17時。千葉県を中心とする丸い同心円状の雨雲が再出現した。


↓↓↓平成26年3月5日5時。 関東甲信越地方の太平洋側の低気圧を正方形に加熱した。




HAARP?何それ、全然知らないから教えてと言う人はこれを見よ。


↓↓↓実際に出されている電磁波。平成26年2月19日。




↓↓↓平成25年9月16日に観察されたパキスタン沖の扇状の高海水温領域出現。9月24日に地震が起こり、新しい島も出現した。信じられない人はこれを見れば良い。


気象操作やHAARP ring が信じられない方はこのビデオを見て下さい。アメリカでは巨大竜巻が発生する時、HAARP ring や長方形の雲の発生抑制が観察されていますので、既定の事実です。


























最終更新:2014年03月05日 23:27
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。