F.A.T.E.手帳~黒衣森:中央森林~

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

F.A.T.E.手帳~黒衣森:中央森林~


+Lv30『とても楽しいキノコ狩り』(黒衣森:中央森林 X14-Y20)*トリガー発生型
Lv30『とても楽しいキノコ狩り』(黒衣森:中央森林 X14-Y20)*トリガー発生型
強心作用のある治療薬を作るため
鬼哭隊の隊士が材料を探し求めている
「毒キノコの胞子」を集めろ
鬼哭隊の隊士
「そこの君、我々鬼哭隊の活動に協力を求めたい!
 現在、強心作用のある治癒薬を開発中・・・・・・らしくてな、
 ぜひとも、君の力を貸してはくれないだろうか?
 鬼哭隊の職分を超えているように思うかもしれぬが、
 我々の職務は、外敵に抗することだけではない。
 このような活動も立派な・・・・・・と、話がそれてしまった。
 ともかく・・・・・・治癒薬をつくるために、
 素材となるらしい「毒キノコの胞子」を、集めてくれぬか?
 開発中ゆえ量はいくらあっても困らん、頼んだぞ!」
(引き受けますか?)
(いいえ)
鬼哭隊の隊士
「そうか・・・・・・残念だが仕方ない。
 ほかの者をあたるとしよう。」
(はい)
鬼哭隊の隊士
「引き受けてくれるか・・・・・・!。
 「毒キノコの胞子」はこの周辺で採れる・・・・・・らしい。
 くれぐれも頼む、任せたからな?」
鬼哭隊の隊士
「「毒キノコの胞子」に強心作用が本当にあるのかだと?
 ・・・・・・そんなこと、一介の現場の者にはわからぬよ。
 私だって、上から集めて来いと命令されただけなのだ。」
(納品時)
鬼哭隊の隊士
「「毒キノコの胞子」を見つけたか?」
(キャンセル)
鬼哭隊の隊士
「む・・・・・・そうか、持ってきたのではないのか。
 「毒キノコの胞子」は、身体にいいものではないと聞く。
 見つけたら、早めに私に渡した方が安全ではないか?」
鬼哭隊の隊士
「うーん、これでいい・・・・・・のだろうか?
 いやすまない、恥ずかしながら私は実物を見たことがない。
 上から聞いた話のかぎりでは、大丈夫だと思うが・・・・・・。
 いや、きっとこれでいいのだろう、いいに違いない!
 君、もっと集めてきてくれないか!!」
(目標達成後)
鬼哭隊の隊士
「きっとこれだけあれば充分だろう!
 私はそろそろ部隊に戻らなければならないので、
 まだ「毒キノコの胞子」があったら早めに持ってきてくれ!」
(目標達成後納品時)
鬼哭隊の隊士
「おお、「毒キノコの胞子」を
 持ってきてくれたのか、冒険者よ!」
(キャンセル)
鬼哭隊の隊士
「「毒キノコの胞子」を渡してくれるのではないのか?
 まぁ・・・・・・君が持っていたというのなら、止めはしない。
 だが、取り扱いにだけは、十分気を付けてくれよ。」
鬼哭隊の隊士
「うむ、「毒キノコの胞子」に相違ないな。
 まだ少し時間がある、持ってきてくれるのならば、
 受け取るのでよろしく頼むぞ。」
鬼哭隊の隊士
「君の協力に感謝する!」
  毒キノコの胞子:解毒剤の元となる毒キノコ

+Lv31『強襲リンドヴルム』(黒衣森:中央森林 X14-Y17)*トリガー発生型
Lv31『強襲リンドヴルム』(黒衣森:中央森林 X14-Y17)*トリガー発生型
採集作業のため芽吹の池に
向かおうとしている園芸師が魔物に襲われた
向かい来るリンドヴルムを倒せ
リンドヴルム
「グギャアッ!」
収穫に来た園芸師
「ああっ、助けて冒険者さんっ!
 お願いします、他に頼れる人いないんですぅっ!
 森で働いていたら、「リンドヴルム」に襲われたんです!
 慌てて、何とかここまで逃げてきたんですけど・・・・・・
 しつこくて、まだ追うのを諦めてません!
 お願いします、冒険者さん!
 あの恐ろしい「リンドヴルム」を退治してください!」
(退治しますか?)
(いいえ)
収穫に来た園芸師
「そ、そんな・・・・・・。
 こんな残酷なことがあっていいの・・・・・・!?」
(はい)
収穫に来た園芸師
「あ・・・ありがとうございます!
 じゃあ、後は頼みますね!」
リンドヴルム
「グゲゲッ!」
収穫に来た園芸師
「ひぃぃぃっ!?」

+Lv33『真理を求めて』(黒衣森:中央森林 X12-Y16)*トリガー発生型
Lv33『真理を求めて』(黒衣森:中央森林 X12-Y16)*トリガー発生型
碩老樹瞑想窟の道士がゴーレム発生の
原因を探るため、サンプルを求めている
「石兵のソウルストーン」を集めろ
謎に挑む道士
「あたしぃ、ゴーレムの発生について調査するためにぃ、
 ゴーレムやスプリガンが持ってるって話のぉ、
 「石兵のソウルストーン」を集めてるんですぅ。
 でもでもぉ、このあたりの魔物は強くってぇ・・・・・・
 あたしの力じゃ歯が立たないんですぅ。
 あたしの代わりにぃ、冒険者さんがぁ、
 「石兵のソウルストーン」を集めてくれませんかぁ?」
(調査を手伝いますか?)
(いいえ)
謎に挑む道士
「そうですかぁ・・・・・・。
 わかりましたぁ、他の人にお願いしますよぅ。」
(はい)
謎に挑む道士
「ありがとうございますぅ。
 よろしくお願いしますねぇ。」
謎に挑む道士
「ゴーレムの発生について調査するためぇ、
 魔物が持つ「石兵のソウルストーン」集めてますぅ。
 見つけたらぁ・・・・・・あたしまで持ってきてくださぁい。」
(納品時)
謎に挑む道士
「あっ、鉱石を持ってきてくれたんですかぁ?」
(キャンセル)
謎に挑む道士
「そうですかぁ。
 じゃあ、がんばってくださいねぇ。
 待ってますよぉ。」
謎に挑む道士
「助かりますぅ。
 もっといっぱい欲しいので、よろしくですぅ!」
(目標達成後)
謎に挑む道士
「必要な量は集まりましたぁ、どうもですぅ。
 でもでもぉ、いっぱいある分には困らないのでぇ・・・・・・
 もっとあったら、持ってきちゃってくださぁい。」
(目標達成後納品時)
謎に挑む道士
「おかげさまで、必要量は集まってますぅ。
 でもぉ、資料の鉱石はいくらあってもいいのでぇ、
 まだまだ受け取りますよぉ。」
(キャンセル)
謎に挑む道士
「そうですかぁ・・・・・・。
 でも、必要量は集まっているのでぇ、大丈夫ですぅ。」
謎に挑む道士
「ありがとうございますぅ。
 必要な量は足りてますけど、いただきますねぇ。
 調査の精度が上がりますからぁ。」
(謎に挑む道士
「ありがとうございますぅ!」)
  石兵のソウルストーン:ゴーレムの核となっている鉱石