F.A.T.E.手帳~クルザス中央高地~

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

F.A.T.E.手帳~クルザス中央高地~


+Lv35『白狼たちの戦旗』(クルザス中央高地 X23-Y28)
Lv35『白狼たちの戦旗』(クルザス中央高地 X23-Y28)
餓えたスノウウルフの群れが
アドネール占星台の住人を狙っている
スノウウルフ・パップを倒せ
デュランデル家の衛兵
「ウルフどもを食い止めるぞ!」
(デュランデル家の衛兵
「どうだ!」
「倒れろっ!」
「うおおー!」
「くらえっ!」
「このっ!」
「まだまだ!」
「こしゃくな!」)
(目標達成後)
(デュランデル家の衛兵
「ここから先へは通さんっ!」)

+Lv35『星に願いを』(クルザス中央高地 X26-Y27)
Lv35『星に願いを』(クルザス中央高地 X26-Y27)
ドラゴン族の眷属が占星台を襲撃した
「占星台の観測記録」を守り
押し寄せるストラトエイビスを倒せ
慌てた様子の占星術士
「さて、観測記録を、と・・・」
「ん、何だあれは?」
「ドラゴン族の眷属だぁっ!?」
「ドラゴン族だ、攻めてきたぞーっ!」
(戦闘中)
(デュランデル家の衛兵
「くらえっ!」
「どうだ!」
「倒れろっ!」
「このっ!」
「うおおー!」
「まだまだ!」
「こしゃくな!」
「これくらいっ!」)
(目標達成後)
(デュランデル家の衛兵
「好きにはさせんぞ!」)

+Lv36『星の光、今は遠く』(クルザス中央高地 X26-Y27)*トリガー発生型
Lv36『星の光、今は遠く』(クルザス中央高地 X26-Y27)*トリガー発生型
占星術士が星読みの結果を伝えるために
キャンプ・ドラゴンヘッドに向かっている
イシュガルドの占星術士を護れ
イシュガルドの占星術士
「星読みの結果を、伝えねば・・・!」
イシュガルドの占星術士
「そこの冒険者さん。
 もしかして「キャンプ・ドラゴンヘッド」まで
 向かうとかだったりしませんか?
 実は北の「キャンプ・ドラゴンヘッド」まで
 星読みの結果を至急伝える必要がありまして・・・・・・。
 星読みの結果ですか?それは極秘事項で・・・・・・。
 普段であればお付きのものが同行してくれるのですが、
 急なことでみな出払っていて・・・。
 道中私の身をお守り頂けないでしょうか。
(護衛してあげますか?)
(いいえ)
イシュガルドの占星術士
「分かりました。
 残念ですが仕方ありません。
 どうしよう、早く伝えないと・・・・・・。」
(はい)
イシュガルドの占星術士
「では、早速参りましょう」
「何事もないとよいのですが」
「うわぁぁっ!?」
「急ぎましょう、嫌な予感がします」
「お・・・狼だぁっ!」
「星読みの結果を早く伝えねば」
「助けて、助けてぇっ!」
「おお・・・もう少しです!」
(イシュガルドの占星術士
「はぁはぁ・・・・・・」)
イシュガルドの占星術士
「あと少しなのに…!」
(イシュガルドの占星術士
「はぁはぁ・・・・・・」)
(戦闘中)
(イシュガルドの占星術士
「助けてぇっ!」
「早く倒してくれ!」
「まだ死ねないのに!」)
(目標達成後)
イシュガルドの占星術士
「あなたのおかげで、助かりました
 では、用事があるので失礼します」

+Lv36『ワイルドダイルダンディー』(クルザス中央高地 X25-Y20)
Lv36『ワイルドダイルダンディー』(クルザス中央高地 X25-Y20)
キャンプ・ドラゴンヘッドに向かう荷運び人が
ダイルの群れに行く手を阻まれ困っている
妨げとなっているワイルドダイルを倒せ
クルザスの荷運び人
「うわ、なんだこりゃ!?」
荷運びチョコボ
「クェッ!」
クルザスの荷運び人
「これじゃ通れんな・・・」
(クルザスの荷運び人
「誰か、何とかしてくれぇ!」
荷運びチョコボ
「クェェェッ!」)
(目標達成後)
クルザスの荷運び人
「おお、通れるように!」
「ありがとよ、あんたっ」
荷運びチョコボ
「クェッ!」

+Lv36『冬物語』(クルザス中央高地 X25-Y19)
Lv36『冬物語』(クルザス中央高地 X25-Y19)
寒冷化による食料不足で
グゥーブーが人里に降りてくるようになった
ハイランド・グゥーブーを倒せ
フォルタン家の伝令
「緊急事態発生~!」
「魔物の襲来に備えよ~!」
「餓えたグゥーブーだぁっ!」
(フォルタン家の衛兵
「グゥーブーの群れを迎撃する!」
「ドラゴンヘッドへは行かせんッ!」
「うおおー!」
「このっ!」
「くらえっ!」
「どうだ!」
「倒れろっ!」
「こしゃくな!」
「これくらいっ!」
「まだまだ!」)
(目標達成後
(フォルタン家の衛兵
「俺たちの・・・勝ちだ!」)

+Lv37『エイビスキラー』(クルザス中央高地 x26-y15)
Lv37『エイビスキラー』(クルザス中央高地 x26-y15)
キャンプ・ドラゴンヘッドに対して
ドラゴン族の眷属が包囲を開始した
スラストエイビスを倒せ
フォルタン家の衛兵
「ドラゴンの眷属だわっ!」
(フォルタン家の衛兵
「戦神ハルオーネの祝福あれ!」
「フォルタンの名誉にかけて!」
「ここを死守するっ!」)
(目標達成後)
(フォルタン家の衛兵
「やった・・・我々の勝利よっ!」)

+Lv38『スヴァラ迎撃作戦:工兵護送』(クルザス中央高地 X26-Y15)*トリガー発生型
Lv38『スヴァラ迎撃作戦:工兵護送』(クルザス中央高地 X26-Y15)*トリガー発生型
黄龍「スヴァラ」がスチールヴィジル方面に
向かうとの観測が、占星台より発せられた
迎撃準備に向かう工兵たちを護れ
フォルタン家の工兵
「凶悪なドラゴン族、黄龍「スヴァラ」を知ってるか?
 そいつが今、「スチールヴィジル」方面に向かっていると、
 アドネール占星台の観測で判明したんだ。
 俺たち工作兵は一刻も早く、
 奴らを迎撃するため、対竜カノン砲を設置しなきゃならん。
 だが、奴らの眷属による妨害が予想される・・・・・・。
 冒険者よ、あんたの力で設置作業が終わるまで、
 俺たち工作兵部隊を守ってくれないか!?」
(護衛を引き受けますか?)
(はい)
(フォルタン家の工兵
「ありがたい。では、出発しよう」
「カノン砲をお見舞いしてやる!」
「さあ、スチールヴィジルへ急ごう」
「ドラゴン族に気をつけなくては」)
(戦闘中)
(フォルタン家の工兵
「助けてくれぇっ!」
「こっちに来るな」)

+Lv38『スヴァラ迎撃作戦:砲撃準備』(クルザス中央高地 X26-Y8)*連続発生型
Lv38『スヴァラ迎撃作戦:砲撃準備』(クルザス中央高地 X26-Y8)*連続発生型
黄龍「スヴァラ」を迎撃するため
工兵部隊が対竜カノン砲を設置し始めた
作業完了まで、周囲の安全を確保せよ
(フォルタン家の工兵
「設置作業中、守ってくれ!」
「周囲の安全確保を頼む」
「こいつさえ完成すれば・・・!」)

+Lv38『スヴァラ迎撃作戦:砲撃応戦』(クルザス中央高地 X26-Y8)*連続発生型
Lv38『スヴァラ迎撃作戦:砲撃応戦』(クルザス中央高地 X26-Y8)*連続発生型
遂に黄龍「スヴァラ」が姿を現した
設置した「四連装対竜カノン砲」を活用し
イシュガルドの仇敵、スヴァラを倒せ
(フォルタン家の工兵
「対竜カノン砲の威力を見よ!」
「この砲撃を喰らうがいい!!」
「貴様らを殺すための兵器だッ!!」
フォルタン家の衛兵
「戦神ハルオーネのために!」
「貴様らには絶対に負けぬ!」
「おのれ、ドラゴンめが!」)
(目標達成後)
(フォルタン家の工兵
「我らの勝利だ!」
フォルタン家の衛兵
「私たちの力を見たか、ドラゴン!」)

+Lv40『血と肉の街道舗装』(クルザス中央高地 X9-Y19)*トリガー発生型
Lv40『血と肉の街道舗装』(クルザス中央高地 X9-Y19)*トリガー発生型
キャンプ地に戻ろうとしている調査員が
ジャイアント族に道を阻まれている
無法者のジャイアントを倒せ
フォルタン家の衛兵
「くそっ、邪魔くさいジャイアント族だぜっ!
 けど・・・・・・今の俺たちの装備じゃどうにもなんねぇ。」
「たいちょー!
 なんだか寒くなってきたし、今日は諦めて戻りませんか?」
「我々は氷壁調査隊だ。
 冒険者よ、丁度いいところに現れてくれた。
 少し、我々の話を聞いてはもらえないだろうか?
 実はこの先でジャイアント族が待ち構えていてな、
 我々のキャンプに戻れなくて困っているのだ。
 氷壁調査隊は、その名の通り調査が主任務、
 ジャイアント族を倒せるほどの戦力は保有していない。
 そこで冒険者よ、君の力を貸してくれないだろうか?」
(手を貸しますか?)
(いいえ)
フォルタン家の衛兵
「そうか・・・・・・いや、君を責めはせぬ。
 しかし、ならばどうしたものか。
 一度引き返し、援軍を請うべきだろうか・・・・・・?」
(はい)
フォルタン家の衛兵
「おお、やってくれるか!」
「頼んだぞ、冒険者!」
「すご~い、たっのもし~!」
「ホントに頼むぜ、おい。
 あんたらみたいなのがやってくれねぇと、
 こっちが困っちまうんでな。」
「こういう時にこそ頼れるのが冒険者。
 バッチリ決めてくれちゃってよね!」
「頼むぞ、冒険者!
 今は君だけが頼りなのだ!」
(目標達成後)
フォルタン家の衛兵
「いい腕だ・・・ホレボレするな」
「すっげぇなぁ、オイ!」
「わ~、すっご~い!」
「協力に感謝する、冒険者よ」
「おかげでスッキリしたぜ!」
「あ~りが~とね~!」

+Lv45『アインハルトの意地』(クルザス中央高地 X10-Y28)*トリガー発生型
Lv45『アインハルトの意地』(クルザス中央高地 X10-Y28)*トリガー発生型
北方より移住してきた巨人族が
秘石の塔近辺の新たな脅威となりつつある
アインハルト家の衛兵と共に巨人族を倒せ
アインハルト家の衛兵
「協力してくださる冒険者の方ですね?
 ありがとうございます・・・・・・実のところを申せば、
 ジャイアント族と戦うことに、不安を覚えていましたから。」
アインハルト家の衛兵
「冒険者よ、いいところに現れてくれたな!
 すまないが、「ジャイアント」の退治を手伝ってくれ。
 奴ら、このあたりに根付こうと、最近よく現れるのだ。
 とくに最近では、「秘石の塔」がたびたび襲われるせいで、
 警備が人手不足になってな・・・・・・ぜひ、力を貸してくれ。」
(手を貸しますか?)
(いいえ)
アインハルト家の衛兵
「そうか・・・・・・ならばせめて、「秘石の塔」へ寄ったら、
 増援をよこすよう、誰かに伝えてくれないか?
 我々は、ここで奴らの監視を続けるつもりなのでな。」
(はい)
アインハルト家の衛兵
「協力に感謝する、冒険者よ!
 さあ、我らの手で勝利をもぎ取ろうではないか!」
(戦闘中)
(アインハルト家の衛兵
「いくぞ、攻撃開始だぁ!」
「くらえっ!」
「倒れろっ!」
「どうだ!」
「このっ!」
「まだまだ!」
「こしゃくな!」
「これくらいっ!」)
(NPC戦闘不能時)
(アインハルト家の衛兵
「こんなところで死ねるか!」
「も、もうイヤだ~ッ!」
「寒い・・・僕は死ぬのか・・・?」)
アインハルト家の衛兵
「無念、誰か仇を頼む・・・」
(目標達成後)
(アインハルト家の衛兵
「君の協力に感謝する!」)

+Lv47『暖を求めて』(クルザス中央高地 X19-Y30)
Lv47『暖を求めて』(クルザス中央高地 X19-Y30)
暖を求める巨人族が灯りに引き寄せられ
アドネール占星台に向かって進軍を開始した
デュランデル家の衛兵と共に巨人族を倒せ
デュランデル家の衛兵
「ジャイアントどもが来るようだ!」
「これより迎撃作戦を開始する!」
「渡河を許すな、攻撃開始ッ!!」
デュランデル家の衛兵
「冒険者よ、我々に協力する気はないか?
 我々は、ここより東の「アドネール占星台」を守護する、
 デュランデル家の者だ。
 現在、我らが守護するかの地に向かって、
 ジャイアント族が移動中である。
 至急、きゃつらへの迎撃作戦を展開せねばならん。
 我々にとってきゃつらの相手は手慣れたものだが・・・・・・
 万が一の遅れを取ることがあるやもしれぬ。
 勝利を盤石にするため、汝らの力を貸してくれ!」
(失敗時)
デュランデル家の衛兵
「くっ・・・なんということだ・・・!
「・・・ここまでだな、撤退する」

+Lv47『巡礼の道』(クルザス中央高地 X9-Y28)
Lv47『巡礼の道』(クルザス中央高地 X9-Y28)
イシュガルド正教の神官が
巡礼者のため魔物の排除を求めている
ピュアエナジーを倒せ