除名に至るまでの悪行

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

有志による大まかな時系列

2007/4 初当選
2008/9/26 問責決議可決(「審議の権利を奪われている」発言)
   9/ 竹原市長を知り、メール
2009/3/ 阿久根市訪問
  3/24 現・由紀日記開設
  7/11 近藤氏死去
  10/19 会派結成
  11/ 会派解消される
2010/1/27 市庁舎内に無許可張り紙 無許可張り紙
  3/ 連帯ユニオンと出会う
  3/19 問責決議(「八百長議会」発言)
  4/ ユニオン加入
  6/18 懲罰動議可決。出席停止5日間(「誤報の訂正と謝罪を求める決議」)
  9/22 「庭山議員の暴挙を批判し健全な運営を回復させる決議」
2011/1 (竹原市長落選)
  3/11 原発事故
  3/18 ブログで避難呼びかけ
  4/ 選挙運動が警察により妨害されると思う
  4/ 再選
  12/ 毒物発言
2012/3 桐生市がれき受入表明。反対を表明。
  5/9 がれき監視委員会を傍聴。犯罪者発言
  5/25 献血発言
  5/26 試験焼却用のがれき搬入妨害(黄金の大仏マスクを被り“恨”プラカード)
      産経新聞web版で庭山氏のその模様が報道される⇓
     (魚拓)「震災がれきの搬入、反対派住民が妨害 群馬・桐生に第1陣」2012.5.26 15:23
  http://megalodon.jp/2012-0907-0107-25/sankei.jp.msn.com/region/photos/120526/gnm12052615280005-p1.htm

  5/31 議会からの抗議文受取拒否「内容がくっだらないから」
  6/4 早川教授と対談  6/6 議運出席要請を拒否(珈琲館事件)
  6/7 議運出席要請を拒否(FAX事件)
  6/8 議運出席。ネット上の発言を肯定し退席
  6/18 懲罰委員会欠席、弁明せず
  6/20 本会議にて弁明「あなた達を買いかぶってました。すみませんでした!」→除名可決。






「庭山由紀議員に対する懲罰動議」からわかる悪行を時系列に並べました。


  • 平成20年9月26日
桐生市議会、「庭山由紀議員問責決議」を可決。
庭山が「議員として当然あるべき審議の権利を奪われている」との発言をし、その発言は各議員の名誉を傷つけるものだとの指摘に対し、発言取り消し及び謝罪の要請に応じなかったものである。

  • 22年3月19日
桐生市議会、「庭山由紀議員に対する問責決議」を可決。
一般質問において、桐生市議会を「八百長議会」などと発言し、市当局に対して、市政に関する質問とは明らかに違う質問を行うなど、議会を甚だしく冒涜する発言をしたことは、議員としての品位と人格に欠けるものであるとして。

  • 平成22年1月27日
庭山、市庁舎内の会派控室ドアに「デタラメ議会撲滅宣言」など張り紙を許可なく貼る。

  • 平成22年5月28日
自身の議会活動報告の中で、年額32万4千円である桐生市議会議員の政務調査費を「月に32万4千円」と0をひとつ読み間違えて流布。
議長が庭山議員に対して誤報を訂正するよう文書で要請したが、庭山議員は手渡された要請文を自ら読み上げた後、その場で破り、回答せずに立ち去った。


  • 平成22年6月10日
市議会は庭山へ議会運営委員会への出席を要請したが、会期中にもかかわらず出席せず、当日の再度の出席要請をも拒否した。誤報の訂正を求めるとともに、謝罪と反省を求めるが、庭山は無視。

  • 平成22年6月17日
「庭山由紀議員に誤報の訂正と謝罪を求める決議」を可決。
これに対して庭山は全議員に「感謝状」を送る。

  • 平成22年9月22日
桐生市議会、「庭山由紀議員の暴挙を批判し、桐生市議会における健全な議会運営を回復させる決議」を可決。
同年第3回定例会の一般質問において議長の采配を無視し独善的な発言を続け、議場の秩序を著しく乱すことにより、議場内にいる者の心胆を寒からしめる発言を行ったものである。

  • 平成23年12月12日
Twitterで庭山元市議が「毒物作る農家の苦労なんて理解できません。」とつぶやく。

  • 平成24年1月22日
インターネット上等で根拠となるデータ等を示さぬまま、「高濃度に汚染された黒保根で収穫された野菜各種が販売されている」と煽る。

  • 平成24年2月5日
桐生市第22区(黒保根町)の区民による「議会報告会並びに意見交換会」の席で抗議を行う。

  • 平成24年2月13日
桐生市第22区 区長 星野勝美氏ほか4町会長名から、「桐生市議会庭山由紀議員に対し辞職を求める要望書」が提出。

  • 平成24年5月25日
Twitterで庭山元市議が「献血の車が止まっているけど、放射能汚染地域に住む人の血って、ほしいですか?」とつぶやく。桐生市議会に非難が殺到。

  • 平成24年5月25日
各派代表者会議が緊急開催。
庭山は「訂正も謝罪もしない」「献血量が激変しても仕方がない」。


  • 平成24年5月31日
平成23年12月12日のTwitterでのつぶやきに対して、新田みどり農業協同組合 代表理事組合長 橋場正和氏ほか3団体の連名にて、「庭山由紀桐生市議会議員に対する辞職を求める要請書」を提出。


  • 平成24年6月4日
平成24年1月22日からのネット上での発言について、黒保根やまびこ会 会長 小林茂樹氏ほか2団体が、「庭山由紀桐生市議会議員に対し辞職を求める要望書」を提出。

  • 平成24年6月6日
午前10時に議会運営委員会を開催し、庭山に事実確認を行うため、出席要請をしたが、現れず。

  • 平成24年6月7日
桐生市電気設備工事会社6社の連名にて「庭山由紀桐生市議会議員の辞職勧告決議の要請書」が提出。
再度午前9時30分に議会運営委員会を開催し、出席要請をしたが現れなかったため、再度出席要請の連絡をしたところ、同議員から「FAXでのやり取りを希望する」旨の連絡があった。

  • 平成24年6月8日
問責決議案の日程追加のため、議会運営委員会を開催。庭山が現れたので
9団体6事業所より辞職等を求める要望書・要請書が提出され、747件の苦情と抗議がきている為、直ちに質疑を開始。

まず委員から、「献血の車が止まっているけど、放射能汚染地域に住む人の血って、欲しいですか?」というツイートを行ったか確認したところ、「私が発信しました。」と発言。

次にそれについて謝罪はないかと問うと、「ありません。」と発言。
委員から説明責任が議員としてあると思うのですが、その辺どうお考えでしょうか。と問われると、庭山は「特にありません。」と返答。
さらに道義的責任が多々あると思うが、どう思うか。と聞かれると、庭山は「だから、特にありませんって言ってるじゃないですか。」と言い、席を立つ。
委員長は「再開いたします。庭山議員!庭山議員!」と呼び止めたが、庭山は無視をして退席。

庭山はその直後Twitterで「問責はもらう気満々なんだから」「ぐずぐずしないではやくちょうだい」と発言している。




庭山本人へ電凸


437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/25(金) 18:23:57.12 ID:GlrSLPgpi [5/5]
電話してきたよー
長いコールの後本人出た

庭山議員でしょうか?
こちら名乗る、番号も通知で
ツイッターで騒がれている件についてお聞きしたいのですが

放射能汚染について現地の現状
輸血血液の洗浄?についてももちろん知っているがそれも込みで汚染されている血液を出したくない
考えは間違っていないので謝罪も訂正もしない
自分の子供への食べ物も気を使っている
被災地差別と言われているが差別しているのはあなた達の方ではないか
こんなに取り上げられるとは思わなかった

ツイッターでの言葉使いが一般人に対してひどい、議員とは思えない
育ちが悪いのでw森山議員も私を良くは思っていないでしょうね

最後に反省も謝罪の気持ちもないと言う事ですね?
これ以上放射能汚染を防ぐ為の発言であって間違った事は言っていない、あなた達の差別意識に問いかけている


こんな感じでまくしたてられて終わった
一方的に喋るおばちゃんって感じだったな
とりあえずちゃんと相手はしてくれたので
おふざけじゃなく電凸オススメ


疲れた…
最終更新:2012年09月07日 01:21
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル