故・近藤市議の死に対する疑惑

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2009年7月11日、当時桐生市議だった近藤健司氏が桐生市新宿3の南公民館近くの路上に止めた軽乗用車の運転席で死亡しているのが発見された。
桐生署は、現場の状況などから自殺の可能性が高いという見解。

自殺であるかどうか、自殺であったら原因は何なのか不明ではあるが、
故・近藤市議は庭山元議員も含む複数名より「ネットいじめ」を受けていたらしい。



近藤市議いじめの一端が載っている議事録(情報提供ページより)




[つぶくのブログ]2009/07/13 (桐生市役所 Part3 No.598より)

 http://bukkun.blog53.fc2.com/blog-entry-17.html 
「政敵で、同期の競争相手で、友でもあった、近藤健司議員の死を悼む」    
彼の死との因果関係は現時点では不明であるが、事実として、近藤議員は死の直前まで、ネット上のあるBBS(掲示板)で攻撃されていた。
近藤攻撃を繰り返していた一人で、同じBBS仲間から「マドンナ親衛隊のF/A22らぷたー」と称されていた「もと金融まん」氏は、まさにステルス攻撃機のようにペンネームで自らの正体は隠しながら、
名前も立場も明かして公然と自分の見解をのべていた近藤議員をBBS仲間とともに攻撃し挑発していた。
近藤議員の死の直後、「もと金融まん」氏はBBS上で繰り返してきた近藤議員への攻撃の記録をすべて削除し、雲隠れしてしまったようだ。



39 : 非公開@個人情報保護のため: 2010/10/23(土) 18:04:00 (【地方議会】桐生市役所part7【情報操作】No.39より)

それから、私はできるだけ言わないつもりでいたのです。7月の11日、これは思い出すと涙が出ます。
大変近藤議員にはかわいそうな結末でございました。そのとき私ははっきり言って、2時50分から3時ごろ、現場へ行きました。
その現場のときは、ブルーシートがはがされて、レッカー車に積み込んで移動するときでございます。ある刑事さんが何かありましたか、私はあえてものは申しませんでした。
庭山議員が飛んできて、近藤議員でしたってねと、そうですよ。私は答えました。
この現場をまず初めにあなた見ているでしょう。なぜそういう問いかけするのですか。非常に残念です。その後何ですか。
殺人事件、そういうことを発信しているでしょう。どこが殺人だったのですか。解明してください。
それから、その後これがまた大問題でございます。10月に入りまして、7日、8日、9日、この日に熊本で全国都市問題会議がございました。
この全国都市問題会議、打ち切り公費で行っています。あなたの計算書も私は見ています。打ち切り旅費は8万7,000円でございます。
あなたは、後発的に申し込みをしたそうです。ということは、通常の飛行機代金より高い料金を払っていると思います。
さあ、ここで私が一番今回出たことで腹立たしいのは、この新聞知っているでしょう、あなた。
阿久根市長、みずから出廷と。これは、21年10月7日付でございます。西日本新聞、大見出しで出ています。
阿久根市長、みずから出廷と。ところが、私がたまげたのは、夜皆さんと一緒に食事に出ました。そのときにあなたはこの阿久根市長とまるで恋人気取りのつもりで会うと言いました。今のそのスーツだと思います。
※下線部分は投稿者が追加



庭山本人が火消しコメント?

http://blogs.yahoo.co.jp/chugamo2008/34624050.html
のコメント欄に庭山本人とみられる人物が2度投稿している。
コメントは火消しともとれる内容。




「きょ-○ゅ・日々の記録」というブログで近藤市議の死について書かれた記事のコメント欄が炎上

http://kyoju27.blog21.fc2.com/blog-entry-255.html
ふざけるな
庭山、私は知っています。7月11日正午すぎ、近藤議員が命を落とそうとしている、まさにその瞬間、おまえはその現場を目撃し、慌てふためいて、
子どもと共に「すぐに知らせなくては」と言い残して、警察が来る前に、現場が通れないので裏道をぬけてある場所に行き、ある人に「市会議員が車の中で血を流しているのを見た子供がパニクルとやなので、ドライブに行く」と伝え立ち去った。
であるから、警察のキープアウトで出入り禁止の現場付近にはいない、もちろん現場の隣の庭山家はもぬけの殻、だれの車か知っていて中にだれがいるのか知っていて、血をながしているのを見ていて、知らせると言って自分から通報もせず、
いったいおまえは、人間の風上にもおけぬやつだ。7月12日は一日ブログ消し、その後は何もなかったもごとく、ほとんど毎日れいの老人と今後の打ち合わせ。
こんな市議がいることが桐生市民として恥ずかし。何があったとしても同僚の議員だろう。そして同じ人間だろう。逃げてすむ問題じゃあなかったと思うぞ。
2009.08.15 Sat l 怒っているただの市民. URL l 編集
最終更新:2012年07月30日 13:33
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。