※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部派仏教

(1)仏教が発展するにあたり、阿含経といった教典の見直し、及び解釈の展開が起こった。そのため、多くの解釈論が展開した。そのため解釈の行き違いが起こり、分裂し発生した。この部派仏教は十五世紀頃まで続いたとされる。

参考

図解雑学 ナツメ社『仏教』
最終更新:2006年07月25日 11:36