※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日向美弥@紅葉国さんからのご依頼品


 鉛色の雲が、空に立ちこめていた。
 海からまとわりつくような風が流れこみ、一歩踏み出せば柔らかい海岸の砂が足に絡んでくる。
 日向美弥は不安げに辺りを見回した。
 最愛の恋人、日向玄ノ丈と連絡が取れなくなってから、1ヶ月以上――いや、こちらでは1年以上か――が過ぎていた。
 ――今は、元気にしていると聞いたけれど。
 不幸中の幸いだったのは、ここレンジャー連邦と祖国は聯合を組んでいたこともあって、まったくの見知らぬ土地ではなかったことか。
 それに、玄ノ丈を捜してここに呼ばれたということは、それには何かしらの意味があるはずである。
 そして、
「雷雲あるなら、道真公の加護があると思っていいわけで……」
 時折鳴り響く雷の声は、どこか優しい。
 大丈夫、大丈夫。
 不安を振り切るように、美弥は辺りを見回した。海岸から程なく離れたところに、ホテルが見える。
 手がかりを求めて、ホテルへと歩き出す。と、こちらへ向かってくるいくつかの人影が見えた。
 美弥は目を凝らして彼らを見て、――足早に駆け寄った。
「玄ノ丈さん」
 忘れるはずも、間違えるはずもない。
 嬉しさがこみ上げ、美弥は微笑んだ。
 呼びかけられた玄ノ丈たちは、足を止めて美弥を見た。
 玄ノ丈は、じっと美弥を見た後、表情を変えずに言った。
「誰だ?」
 美弥は目を見開いた。
「美弥……です」
 上手く紡げない言葉に、玄ノ丈は素っ気なく「ああ」と答えただけだった。
「誰だって、なんで……」
「覚えている。遠い昔の感じだが。元気そうでなによりだ」
「昔じゃないですー!」
 泣きそうになりながら、美弥は玄ノ丈を抱きしめようとした。
 だが、軽く避けられしまい、勢い余ってたたらを踏んだ。そんな美弥の腕を、玄ノ丈が引いた。
 前のめりになっていた体が、ぐいと引き戻される。
 美弥は振り返って玄ノ丈を見た。だが、玄ノ丈は何を言う素振りもない。
「お取り込み中、申し訳ないが。私の舎人になにか?」
 玄ノ丈の傍にいた、古風な出で立ちの男が美弥を見下ろしていた。
 纏っている空気が、とでも言えばいいのだろうか。美弥は何となく、この人が道真公ではないかと思い、丁寧に頭を下げた。
「ええと、はじめまして。日向美弥と申します」
「ここは危ない。早く家にお帰りなさい」
「どういう、ことでしょうか?」
 美弥は首を傾げた。
「私はこちらの玄ノ丈さんに会いに来たのですが…状況がよくわかっていません。
よろしかったら教えていただけないでしょうか」
 レンジャーが危ういという話は、まだ出ていなかったはずだった。それに、道真公がいても危険とは、それほどまでに事態は深刻化しているのだろうか。
「このあたりには、悪い気が満ちている。そう遠くもなく、巨大な災いがくるだろう」
 どこか言い聞かせるように、道真公は告げた。
 そうして、玄ノ丈を見て、再び美弥を見た。
「この舎人は。狼だが、それでも知り合いかね?」
「はい、それは知っています。私のいちばん大事な人です」
「骨を拾い、反魂の法をかけて使っているが……」
「そう、だったんですか……」
 神々の宴の話を思い出す。悪しき反魂の法。蘇った者は、生前とは逆の性質を帯びるという。
 だから、私のことも忘れてしまったのだろうか。
 それに、こんなの、元気にしているなんて、言えない。喜べない。
 玄ノ丈は俯く美弥を見ると、目を閉じて視界から追い出した。
「公、近づいております」
 目を開けるや、未だ何もない空間を睨む。
「そなたはこの方を連れて落ち延びよ。そののち還れ」
「は。……こちらへ」
「元に戻す方法とかないのでしょうか?」
 美弥がそう訊ねるより早く、玄ノ丈は美弥の腰を抱いて大きく跳躍した。
 美弥の口から、小さな悲鳴がこぼれる。
 腰を抱く腕の力が強くなり、美弥も玄ノ丈を抱きしめた。
 冷たい体だった。



 二度、三度……跳躍は繰り返され、道真公の姿がすっかり見えなくなってからしばらくして。
 玄ノ丈は美弥を下ろした。
 離れがたい思いを抱きながらも、美弥も素直にひとりで砂浜に立った。
「ここならいいだろう」
「あり、がとう……」
 未だ困惑の中にある美弥を置いて、玄ノ丈は目を閉じた。
 玄ノ丈の姿が揺れ、はらはらと体から何かが落ちていく。
「ちょ、まって!」
 慌てる美弥の声に、玄ノ丈は目を開けて不思議そうに美弥を見た。
「何がどうなってるのか、少し説明してもらえませんか?」
「ここなら安全だ」
「ええ、それはありがとうございます。
 でも私は、あなたに会いにきたんです。あなたがどうなっていたのか様子や状況とかききに。
 戦いの後でいいので、教えてもらえますか?」
「土塊と落ち葉と血より再び生まれた狼。それが俺だ」
「以前の記憶は……?」
「うっすらとは」
「そう、ですか……」
 美弥が消沈して言葉を切ると、再び玄ノ丈は目を閉じた。
「今の戦いが終わったら、もう一度会ってください。
 お願いです……」
「それは無理だ」
「なぜ?」
「使命は達成された。俺はただ、土に戻るのみ」
「そんな……!」
 玄ノ丈は微笑んだ。
 少しずつ姿が薄れていく。玄ノ丈の足下に、砂粒が降り積もっていく。
「やめて、消えないで!」
 美弥は玄ノ丈に抱きついた。
 玄ノ丈の姿はまた色濃い現実のものとなり、玄ノ丈は困ったような眼差しを美弥に向けた。
「いや、触れられていると分解できない」
「それなら、ずっとこのままでいます!」
「意味が分からん」
 美弥は顔を上げて、玄ノ丈を強く見つめた。
「あなたを愛しています。それだけです……」
「そんなものは……俺にはいらない」
「いらないなら、いるようになるまで離れません。
 消えないでください……」
 互いの瞳に、互いの姿が映る。
 短い静寂が訪れ、そして玄ノ丈は言い聞かせるように言った。
「俺がこうしているのは、おかしいんだ」
 それでも、否定の意を瞳に込めながら美弥は答える。
「ええ、先ほどの道真公の説明で少しわかりました」
「俺はもう、死んでいる。新しい男を捜せ」
「いやです!」
「幸せになれ」
 玄ノ丈は美弥を振り払った。だが、すぐさま、美弥は玄ノ丈に抱きつく。
 消えかけた玄ノ丈の姿が、また現実のものとなる。
「あなたといっしょでないなら、私に幸せはありません」
 舌打ちする玄ノ丈に、美弥は涙を堪えて微笑む。
「私があきらめの悪いことまで、忘れちゃいました?」
「覚えていない」
「うん、じゃあもう一度覚えてください。
 元に戻す術を見つけるまで、あきらめません」
「不可能だ」
「不可能なら、何度でも可能にしてきました」
 ――あなたは、知らないだろうけれど。
 これまでも、玄ノ丈さんをなくしては取り戻してきた。だから、
「今回だけあきらめるなんてことは、したくないです」
 美弥の心が通じたのか、玄ノ丈は微笑んだ。
 こうして再会する以前の、デートをした時のように優しく。
 美弥も微笑んだ。ほんの少し、元に戻れたような気がして。
 だが、玄ノ丈はすぐさま美弥から離れた。消えさせまいと、それだけの思いでまた抱きついてくる美弥を突き飛ばし。
 振り上げた右手に、雷球が現れる。
 腕を振って雷球は投げられ、炎が上がった。
「離れろ」
「いやです」
「危ないといってるんだ」
 玄ノ丈は海を睨んだ。
 暗緑色の海から、汚泥を固めたような塊がいくつも現れる。
 塊の先は5本に別れており、何かを掴むように宙を蠢きながら、近づいてくる。
 人の手みたい。そう思った美弥が悲鳴を上げるより僅かに早く、美弥を庇うように、玄ノ丈が前に出た。
「水死者だ。下がれ」
「……消えないと、誓ってくださるなら」
「……誓わないが善処はする」
 わかりました。美弥はそう言って玄ノ丈の元を離れた。
 美弥が離れたのを一瞥して確認すると、玄ノ丈は水死者に向かった。
 左右の手から稲妻が走る。呼応するように、美弥の元には雲が降った。
 囲む雲に視界を遮られ、玄ノ丈の姿が見えなくなる。
 雲から逃れようと動くことも、できない。
 ポケットに入れたアラームが、小さく振動している。もうすぐ、強制的にここを離れなければいけない。
 ――玄ノ丈さん!
 ログアウト寸前、それでもと美弥は雲に手を伸ばした。
 瞬間、雲が割けた気がした。己の世界に引き戻される美弥の瞳に、白い光が映る。
 善処すると言っただろう。
 光はそう言って笑っているように見えた。


作品への一言コメント

感想などをお寄せ下さい。(名前の入力は無しでも可能です)

名前:
コメント:




引渡し日: 2009/01/01


counter: -
yesterday: -
最終更新:2009年01月01日 20:29