※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雹@神聖巫連盟様からのご依頼品


/*眠らない夢*/

 感覚は微か。まどろみと言うほど重くもなく、朦朧と言うほどにも軽くもない。
 あえて言うなら浮遊感。ベッドで寝ているはずのこの身はもうずいぶん遠くに感じた。

「起きなさい。狸寝入りくらい、見抜けないと思って?」

 どこかからかうような口調。ヴァンシスカは微かに目を開いた。
 それだけで、息が切れそうになる。体を動かすのは、ずっと遠くから糸を引っ張って人形を動かすような感覚に等しい。ひどく繊細で、ひどく苦労する。それは目に見える物も同じ。視界にうつる白い天井や、友人が見下ろしてくる姿も、細長い筒を通してみた彼方の景色のようだ。
 現実感がひどく遠い。
 動悸すら定かでない体。浅い呼吸で、体に熱を取り戻す。唇がひどく乾いている気が、した。
「まだ限界じゃないようね。もっとも、そろそろみたいだけど」
 それはでも、仕方がない。ヴァンシスカは微かに笑みを浮かべた。
 目を瞑る。
 そうすれば、頭に何かが触れた気がした。
 勿論気のせい。今あの人はそばにはいない。だからこれは単なる思い出だ。
 ああ。それでも、思い出せる。以前来た時、髪に触れていったあの暖かな感触を――。
「今日、来るらしいわ。最後になるでしょうから、好きなようになさい」
 ヴァンシスカは心の中で頷いた。力の入らない、細い腕で、胸の前にあるチョコレートを抱きしめた。

/*/

 実際のところ、疲労しているわけではない。
 目を開くことですら大変だけれど、それは単に苦労すると言うだけで、できないわけではないのだ。
 今では眠ることもない。意識は起きているのか眠っているのかはっきりしない。けれど、視覚も、聴覚も、嗅覚も触覚も全てが遠くにあるだけだ。
 無いわけではない。ただ、実感するには遠すぎるだけ。
 そっか、看取ってもらえるんだ。そう思うだけで、少し嬉しくなる。
「…………」
 きっと口が開いたのなら、笑みがこぼれていたに違いない。
 年甲斐もなく高揚している。心臓すら、思いだしたように鼓動した。
 抱きしめた物が暖かい。
「はろー。ヴァンシスカ」
 久しぶりの声。遠いはずの音が、何故か近い。
 返事を返したかったけれど、でも、うまく声が出なかった。
 姿を見たかったけれど、でも、何故か目が開かなかった。
「オゼット先生。魔法的なことは全くわからないのですが、このヴァンシスカの状況。どうなんでしょう?」
「見ての通り。もうそろそろ。――――お別れ、してあげて」
 答えは無い。ただ、手をそっと握られた気がした。
 なんと言ってくれるんだろう。どきどきする。
「あぁヴァンシスカ、ヴァンシスカ。もう、時間はないのか?」
 でも残念。私には何も返せない。せめてその、今にも泣いてしまいそうな声をどうにかしたい。
 ―――唇に感触。
 それだけは遠くはなく。ああ確かにキスされたのだと、何故かわかった。
「あれ?」
 戸惑ったような声。そして少しして、口に何かをあてがわれる。
 冷たい、水。
 舌に触れる。口の中を潤していく。
 久しく感じる事の無かった、体の温かさが近づいてくる。
 キスをされて、どきどきしている心臓を感じてしまう。
 顔がほてる。さましたくて呼吸をする。
 そして、ずっしりと重たい感触。
 ああそうか。
 体はこんなにも疲れていたんだ。
 それじゃあ、眠らないと……。
「古い神ね。悪魔と同じくらい、名前も忘れられた……」
 意識を手放す。

/*/

 ただ、すぐにまた、目が覚める気がした。

/*/

 感覚は微か。まどろみと言うほど重くもなく、朦朧と言うほどにも軽くもない。
 あえて言うなら浮遊感。ベッドで寝ているはずのこの身は、しかし徐々に重たくなっていく。
 ――もうすぐ。夢から覚めるな、と思う。

 そうして目を覚ませば、久しぶりの外の明るさに反射的に目を瞑ろうとしてしまった。
 景色は鮮烈なオレンジ色。夕暮れ時か、室内はオレンジとブラックの濃い陰影で彩られている。天井は二色で綺麗に二分されていて、まるでその色の厚紙を切り貼りしたように見えた。
 手のひらに暖かな感触。ヴァンシスカはわずかに首を傾けた。左を見る。
 ベッドの横。椅子に座っていた雹は、うとうとしかけていた頭を持ち上げた。
 視線が合う。
「あ、あの」
 口ごもる雹。なんと言おうか考えるように目を一度回した。そして一度ごくりとつばを飲んで、笑みを浮かべた。
「おはよう」

 ヴァンシスカは笑顔を浮かべると、おはようございます、と言った。



作品への一言コメント

感想などをお寄せ下さい。(名前の入力は無しでも可能です)

  • やわらかくてあたたかいSSをありがとうございました>< -- 水仙堂 雹 (2009-03-10 21:38:32)
  • お幸せに。またのご依頼をお待ちしておりますw -- 黒霧 (2009-03-11 22:41:20)
名前:
コメント:





引渡し日:2009/03/08


counter: -
yesterday: -