※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 /*/

 恋愛とは偉大なものである。
 スイトピーはそれを信念としていた。
 マイトの事を考えれば元気が出るし、マイトを見てると生き生きとしてくる。
 スイトピーはそう信じていた。

 お茶会に呼ばれたのはそんな折だった。

 /*/

「ミチコさんでもアレ、ダメそうなんですか!?」
 お茶会主催のソーニャは、何やら電話を取って叫んでいる。
 優雅じゃないわ。
「お茶の時間なのに」
 思わず声を漏らすと、エミリオも
「そうだね」
と答えた。
 エミリオとはここの所何故か縁があり、いろんな所を一緒に回っている。
 何かしら? 最近様子がおかしいわね?
 スイトピーは首を傾げた。
 そうだ、何故か視線が合わないんだ。私は彼に何かしたかしら?
 もう一度首を傾げて考えてみたが、とんと思い当たる節はみつからなかった。

「どうしたんすか?」
「いや、その………恋愛って難しいですね………」
 須田の問いにソーニャは曖昧な口調で返したが。
 スイトピーがそれに食いついた。

「どんな話ですの?」
 目をキラキラ輝かせるスイトピーに、ソーニャはたじろぐ。
「その………ああ、私からはちょっと説明しづらい話です、あまり良い話ではないので。ゴメンナサイ、スイトピーさん」
 ソーニャが謝るが、スイトピーは話を濁らせたソーニャを見て、面白くなさそうに頬を膨らませた。
「あまり、プライベートには立ち入らないほうが」
 エミリオが苦い顔でたしなめるのが、ますますもって面白くない。
「あ、そういうスイトピーさんはどうなんですか? 今どんな恋愛してます?」
 ソーニャが話を切り替えようと訊ねてきた。
 スイトピーの瞳が、再び輝く。
「マイト」
 好きな人の名前を口に出してみる。
 うん、幸せ。
 スイトピーがキラキラしてる横で、エミリオが暗くなっている。
 本当にこの方は何なのかしら。
 スイトピーはいきなり暗くなったエミリオをキョトンとした顔で見た。
「だれ…あ、いや」
 スイトピーがジイィっとみつめると、顔を逸らす。
 何でこんなに面白い反応するのかしら?

 エミリオが暗く落ち込んでいるのを、須田は「うんうん」とお茶をすすりながら微笑ましそうにみつめた。
「若いっていいなあ」
 須田の発言に、スイトピーはやはりキョトンとした顔をした。
 何で若いと暗くて落ち込むのかしら?
 首を傾げて考えてみるが、やっぱり分からない。

 ソーニャと須田が何やら話し出した横で、スイトピーがエミリオの肩を叩いた。
「え、何……?」
 視線が合わない、いや合わせない。
 スイトピーはますます訳が分からなくなる。
 紳士って言うものは、目と目を合わせて話をするものじゃないの? 私、本当にエミリオに何かしたかしら?
「何でいきなり落ち込みましたの?」
「え、いや……」
 まだ視線を彷徨わせて合わせないエミリオに、スイトピーは遂にキレた。
「もう、殿方がいきなり落ち込んだり目を合わせないなんて男らしくない!! 私が何かしましたか!?」
 スイトピーが怒鳴ると、エミリオは深くふかーく溜め息をついた。
 何ですの? その反応。
「もういい……」
 エミリオが再度暗くなったのに、スイトピーは再度頭にはてなマークを飛ばすのだった。


「うんうん。少年だねえ」
「ですよねぇ~」
 いつの間にやら会話を中断してスイトピーとエミリオを鑑賞していた須田とソーニャは「うんうん」と首を振りながらみつめていた。


 頑張れ男の子。
 恋をして何もしない間に落ち込んでいるのはまだまだだぞ?
 ソーニャはにっこりとしながらエミリオに無言のエールを送った。

 /*/

 恋愛とはやっかいなものである。
 エミリオは内心そう思っている。
 恋してる女の子ってきらきらしていて可愛い……とは思う。多分……何考えているんだろう。
 スイトピーは可愛いとは思う。うん。多分……本当に何考えているんだろう。
 マイトって誰だろう……いや、スイトピーが誰の事好きなんて、どうでもいいじゃないか。
 でも何でだろう……すごく、嫌だ。
 エミリオは頬を膨らませて怒るスイトピーをチラリチラリと見ながら、この居心地の悪さに首を傾げていた。





counter: -
yesterday: -
最終更新:2007年09月20日 19:37