※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

毛利「忘れるな、我は天下などに興味はない。だが、中国は我のものぞ。よいな」

大谷「しかと」

毛利「よいか、大谷。我らの目的はただひとつ」

大谷「打倒徳川」



三成「毛利元就… 一つだけ言っておこう  私を裏切ることは許さない
もし裏切れば……家康もろとも貴様を殺す」


大谷「三成、ぬしは何も案ずるな  …毛利、分かっていような
ぬしとわれは同胞、切っても切れぬ間柄…  それをゆめ忘れるな」

毛利「貴様と我の利害は一致… ならば何も言うことはあるまい
大谷、貴様も気苦労の絶えぬ男だな」


大谷「これも義のため、三成を生かすためよ  …では、ぬしが果たすべきは分かっておるな?

毛利「言われなくとも分かっておるわ」


【二周目以降】
ここで打つべき策は二つ
一つは東への進軍に備えて背後を固める…
そして今一つは、
長曾我部元親に停戦を示すことだ
さて、いずれの策をとるべきか







最終更新:2010年10月16日 09:46