鯛谷

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

生涯

本名の記録はない。昭和から平成への過渡期、バブルと呼ばれた時代に彗星のように現れ消える。牛魔王によって固められたホロゾンタの結束を、内部より瓦解させようと試みた。牛魔王に勝つとも劣らない激しい性衝動に全てを委ねた生活は、普段禁欲生活を強いられるホロゾンタ末端からすれば、サンクチュアリのように映った。

最近解明されつつある『小走り隊』(もう一つのホロゾンタとも呼称される)と深い繋がりがあり、それを背景に、勢力拡大に成功したとも言う。しかし、時間と共に、性欲の爆弾・女人ピストン運動と揶揄された小走り隊でさえ、鯛谷の性衝動に応えることは出来なくなり、関係は自然消滅へと向かう。と、同時に、彼のホロゾンタ末端に対する支配力は弱まっていった。 

ホロゾンタを脱退した後、一般人に溶け込んでいたが、観光で訪れた登別の熊牧場で熊運動場に落下し、あえない最期を遂げる。糞の中から発見された彼の遺物は、二本の歯ブラシだけだったと言う。享年 38歳。

口癖は「てめぇ、ぶっとばすぞ!」であったが、彼がぶっ飛ばした姿を見た者はいない。

教団内の生活用品販売組織『姑宇婦』の雑誌「あみい」の編集に携わっていたらしい。

彼が結婚をした日、関東地方を覆い尽くすかのような大雪が降り、公共交通機関は麻痺した。彼が踏み台にした女性の呪いであろう、と安倍晴明の子孫である陰陽師がつぶやいたらしい。

熊の糞便の中から発見された遺品の歯ブラシ(実際には歯をみがくためには使用されなかった)
鯛谷が全盛を誇った在京時、小走り隊の女人群を喜悦せしめるために、夜毎使用されたと伝えられる逸品で、現在でも充分に使用可能である


墓所

熊の糞便から取り出された二本の歯ブラシのうち、一本は係員の不手際により紛失。もう一本は、奈良県明日香村にある入鹿の首塚に、遺族のたっての希望により埋葬される。それが平成23年の飛鳥寺外溝遺跡発掘時、これも係員の不手際により何物かに持ち去られたという。ヒグマの糞から発見された歯ブラシなど誰が欲しがるのかは、全くの不明であるが、好事家とはそういうものかも知れない。よって、現在、墓所はない。



逸話

きのやまさをと同郷であるが、郷里での親戚関係はないようだ。しかも、ホロゾンタに属しながら、きのやまさをの名前さえ知らなかったと言う。昭和後期になると、きのやまさをは、ホロゾンタ内で教団を支えた要人として崇められていたので、その名前を知らないと言うことは、三国志を半分以上読んだ後、「劉備って誰?」と言うに等しい。故に、本当にホロゾンタの信者であったのかが怪しまれるのである。

彼の激しい性衝動は、小柄な女性に向けられることが多かったようだ。言うまでもなく、小走り隊は小柄な集団である。

彼が関係を持った小走り隊は、第三期である。

彼を賞味した熊は、最終的に第28歩兵連隊1800名が出動したという記録が残る、数度にわたり民家を襲い、当時の開拓民7名が死亡、3名の重傷者を出したという三毛別羆事件(吉村昭『熊嵐』に詳しい)の子孫であったと伝え聞く。
最終更新:2013年03月03日 18:15