• こちらでは規格品(1号〜14号)以外の郵便ポストを紹介します。
★解説の補足お待ちしてます(keroco)★

書状集箱 (しょじょうあつめばこ)

  • 郵便制度が始まった明治4(1871)年に設置されたポストを再現。黒く塗られている。
  • 明治時代は木製だったと思われるが、再現品は金属製。

黒塗柱箱

  • 明治5(1872)年から使われていたポストを再現。黒い柱状で三角屋根。

丸形庇付

  • 差出箱1号に似ているが一回り小さく、差出し口周囲に装飾が施されている。個体によって装飾が多少異なる。

■コンクリート製 代用ポスト

  • 戦時中、金属不足のためにコンクリートで作られたポスト。わずかながら現役で使われている。

LETTERポスト

  • 差出箱1号の試作品。昭和23~24年頃製造されたらしい。3基だけ見つかっており、そのうち2基は現役。いずれも「協和産業」製造。
1号丸ポストとの相違点
1.差出口に英語でLETTERの表示がある(連合国軍占領下の影響?)
2.天頂部のボルトが無い
3.取集時刻の枠が無い

掛箱

  • 差出箱2号に似ている。

引出し型ポスト

  • 北海道だけで見つかっている。

郵トピア都市記念

  • 1988年(昭和63年)に郵政省が全国から数十都市を郵トピアモデル都市を選定した。オブジェの載ったポスト、光るポスト、投函すると音の鳴るポスト等が設置された。郵トピア事業は2000年に終了し、ポストも撤去されつつある。
郵トピア構想モデル都市は以下の市
北海道:旭川市、小樽市、函館市
東北:八戸市、塩竈・多賀城地域(塩竃市、多賀城市、七ケ浜町)、秋田市、山形市、会津若松市
関東:宇都宮市、桐生市、佐倉市、小田原市、甲府市
東京:武蔵野市、小平市
信越:新潟市、上越市、松本市
北陸:富山市、金沢地域(金沢市、野々市町、内灘町)
東海:高山市、沼津市、瀬戸市、伊勢市
近畿:草津市、宮津市、八尾市、西宮市、桜井市、和歌山市
中国:米子市、松江市、岡山市、福山市、防府市
四国:高松市、松山地域(松山市、砥部町、松前町、重信町)、高知市
九州:久留米市、佐賀市、長崎市、熊本市、宮崎市
沖縄:那覇市