※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前作パワスマ2に登場したキャラの能力に近い性能になる。
それぞれのプレスタの後の文字がそのキャラの頭文字にあたる。
プレスタ名は頭文字で省略します。

PSM
パワフルストローク・モヤ。足が全プレイスタイル中最も遅い.しかしフォア、バックともにすばらしいストロークを放つ。ボレーはそんなに弱くないがネットに出ることが難しい。

SBE
ストロングバックハンド・エンクィスト。足はPSよりやや遅い。がバックハンドはHS並みで凶悪。フォアはAA並みで溜めないと浮く。ボレーはPSと同じくらいだが、ややバックが強い感じがした。

SVR
サーブ&ボレー・ラフター。パワスマ2で最強と云われたラフター。今作では213km/hのサーブに加えてVM並みのボレーを持つ。しかしストロークが極端に弱く、足もかなり遅い(硬直が長いから?)。しかしディフェンス能力が意外とあるために間に合うことが多い.ストロークに威力がないため、ショートクロスはいい球が打てる。とにかくボレーが危険。

AAK
オールラウンド・カフェルニコフ。AAと変化を感じることは難しい。足がやや軽くなり、しかしバックがやや強化され、スライスも若干良くなっている。FR気味なAAか。

AAP
オールラウンド・ピオリーン。AAとは思えないストロークの弱さ。しかしボレーはOVに匹敵する強さ。体勢が崩れても良ボレー。足が重くなるが、前後の捕球範囲はなかなか。S&V気味なAA。ボレーができないと弱い。

FRN
ファーストランナー・ノーマン。初速がかなり速く、全体的にナダルやグロのFRよりも速い。しかしストロークがかなり貧弱。溜めてもパワーないしアングルもない。スライスがAAクラスに良いが、ボレーが弱いので決めきれない。

最終更新:2008年03月11日 18:30