《振り逃げ》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《振り逃げ》

イベントカード
使用コスト2/発生コスト2/黄
[アプローチ/自分]:自分のキャラ1枚を活動状態にする。その後、デッキの上3枚を捨て札にする。捨て札にしたカードの使用コストの合計値が8以上の場合、このターン、そのキャラは、もう一度アプローチに参加することができる。

神様のメモ帳で登場した色のイベントカード
自分キャラ1枚を活動状態に戻し、デッキの上のカード3枚を捨てることで、捨てたカードの使用コストの合計が8以上なら、そのキャラはこのターンに2回アプローチできるようにする効果を持つ。
条件は非常に厳しいが、成功すればコスト2で2回アプローチが可能になる。
他のカードと違い対象制限がないため、うまく使えばかなり強力。
条件は捨てるカードのコスト合計が8以上ならいいので、平均コスト3なら発動しやすくなる。
あらかじめデッキ操作をしておけばほぼ確実に発動が可能となる。
ただし、キーカードを捨ててしまわないように注意したい。
なお、2回アプローチの発動に失敗したとしても、活動状態になったキャラはそのままなので、妨害に回ることが可能。
そのため完全に腐ることはなく、捨て札置き場肥やしも可能なので損はないだろう。

カードイラストは第9話「あの夏の二十一球」のワンシーン。

関連項目


収録