ぷよぷよ用語辞典

組み換え

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
主に折り返しにおいて使われる技術。特定の形を指すのではなく、あくまで技術の一つ。
始めに想定していた連鎖の流れとは別方向に伸ばすこと、または発火点を変えること。
連鎖に使われているぷよの役割連鎖構造を変えることによって実現される。


組み換えの例

折り返しの組み換え>

https://puyonexus.com/chainsim/?w=6&h=12&chain=500000400000500000500000560000456000456000456000
現在青発火4連鎖の状態だが、これを組み替えていくと
https://puyonexus.com/chainsim/?w=6&h=12&chain=500000400000500000400000540000540000560000456000456000456000
発火5連鎖となる。

  • この場合土台上部が階段系の連鎖から挟み込み系の連鎖に組み変わっている。(連鎖構造の変化)
  • また、元々1列目の8段目にあった青ぷよは2列目にある青の縦3に繋がって消えるものだったが
  組み換えにより1列目にある青の縦3に繋がるようになっている。(ぷよの役割の変化)



中盤の組み換え>

https://puyonexus.com/chainsim/?w=6&h=12&chain=74600074600074466555455674566744544677
現在青発火2ダブがあるが、これを組み替えることにより
https://puyonexus.com/chainsim/?w=6&h=12&chain=4000045000074600074600074466555455674566744544677
発火での本線が生まれる。

(これもぷよの役割と連鎖構造が変化しているのがわかるだろう)



このような柔軟な発想を持つことで、ツモが合わないなどの事例は減らせるようになる。


参考動画
2:02~(一部引用)