ぷよぷよ用語辞典

真ん中折り

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
真ん中折りとは、最高度の連鎖技術を持った者が時折見せる、フィールドの真ん中まで食い込んだ多重折り返しである。
ほとんどの連鎖連鎖の方向性を持っており、発火時においては右折り左折りかが明確な事が多いが、
それが視覚的に不明確であり、あたかも真ん中から崩されているように見え、かつ巧みに回収されている場合に言われることが多い。
popo氏やAIによる例がある。

厳密には真ん中折りと呼ばれるようなものであっても右折り左折りのいずれかの要素はあると思われるため、
真ん中折りという用語は定義付けられた単語というよりは印象論的な単語であるといえるだろう。



【例】
  • YNW氏AI
https://puyonexus.com/chainsim/?w=6&h=12&chain=705046547047654465766765464757744776675657755556476444776555465774466
  • popo(?)
https://puyonexus.com/chainsim/?w=6&h=12&chain=50000050000087000087000877008788004558001584545747548778548444874775878754448
※この記事は書きかけです。実例等加筆して頂けると幸いです。


関連項目