ぷよぷよ用語辞典

ぷよぷよeスポーツ

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
「ぷよぷよ」の対戦プレイやeスポーツ大会向けに特化したソフト。
2018年10月25日(木)にNintendo Switch、PS4の2機種でダウンロード版が販売開始。

本作はこれまでの「ぷよぷよ」シリーズでおなじみだったストーリーモードなどはなく、
対戦プレイの要素に絞り込まれたゲーム内容となっており、価格も1,999円(税込)と低価格となっている。
のちにアーケード版『ぷよぷよeスポーツアーケード』が2019年4月18日より、
ゲーム筐体「ALL.Net P-ras MULTI バージョン3」対応タイトルの1つとして、全国のゲームセンターで稼働開始。

2019年5月6日には、steam版(PC版)『Puyo Puyo Champions/ぷよぷよeスポーツ』が配信開始。価格は1,100円(税込)。
基本的なゲーム内容はNintendo Switch版、PS4版と同じ。
こちらは配信当初、後述の「チャレンジ」「レッスン」モードが搭載されていなかったが、後の無料アップデートにより追加された。
なお、ゲーム内テキストは日本語・英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・韓国語・繁体字中国語・簡体字中国語から設定可能。
また、キャラクターボイスは日本語・英語のどちらかに設定可能。

2019年6月27日(木)には、Nintendo Switch、PS4の2機種でパッケージ版が発売された。価格は1,900円(税別)。
こちらは、すでに発売されているダウンロード版の内容に「レッスン」モードを追加。
なお、上記2機種のダウンロード版も無料アップデートにより同内容の「レッスン」モードが追加された。


主な特徴は以下のとおり。
  • 「ぷよぷよ通」「ぷよぷよフィーバー」の2ルールを搭載。
    • どちらも最大4人で対戦でき、COM1~3人との対戦も可能。
  • 過去の「ぷよぷよ」シリーズや『ぷよぷよクロニクル』『ぷよぷよ!!クエスト』から計24キャラがプレイアブルとして登場。
    • シリーズではおなじみの「連鎖ボイス」は旧作とは異なる形式に変更されている(「ぷよぷよ通」「ぷよぷよフィーバー」いずれも、連鎖数におうじて数字を発声していきキメの連鎖で技名などを発声する形式)。
  • オフライン用の「たいかいモード」搭載。最大8人で勝ち抜き形式のトーナメント戦が行える。
  • すべての機種でインターネット対戦に対応。
    • 世界中のプレイヤーやフレンドと「ぷよぷよリーグ(1vs1で対戦し、レート・段位が記録される)」「きがるにたいせん(好みの設定で2~4人で対戦でき、レート・段位が記録されない)」の2つのモードでネット対戦が可能。
    • Nintendo Switch版、PS4版でオンライン対戦をするには各機種のオンラインサービス(有料)に加入する必要がある。なお、異なる機種間でのオンライン対戦(クロスプレイ)は不可能。
  • ぷよぷよテトリス』と同様の「リプレイ」機能が搭載。
    • 今回は試合中に起きた大連鎖などの出来事がタイムラインで表示され、頭出しができるようになった。
    • インターネットの「ぷよぷよ放送局」でリプレイの投稿をしたり、「ぷよぷよリーグ」ランキング上位者のリプレイの視聴が可能。
  • 新機能「ブースト」を搭載。
    • ゲーム開始前の設定で「ブースト」の項目をONにすると、試合に負けたプレイヤーはつぎの試合で有利な効果を得てプレイできるようになる。
  • 過去の「ぷよぷよ」シリーズで一部ルールに搭載されていた「クイックドロップ(組ぷよを瞬時に設置する操作)」が、本作の「ぷよぷよ通」「ぷよぷよフィーバー」でも搭載。
    • 「クイックドロップ」はゲーム開始前の設定で「クイックドロップ」の項目を「ON」にすると使用可能となる(デフォルトでは「OFF」に設定されている)。
  • ぷよぷよクロニクル』と同様に「WIN数(勝利本数)」を1~100本から設定してプレイ可能。
    • 今回は「セット数」も最大99セットまで設定可能となった。
  • プレイヤーのアイコンを好みのキャラクターのイラストで編集可能。アイコンは試合画面下部のプレイヤー名に表示される。
    • 使用できるキャラクターのアイコンは本作のプレイアブル以外にも「ぷよぷよ」シリーズや「ぷよぷよ!!クエスト」から多数搭載。
  • ソフト発売後のアップデートで、1人プレイでハイスコアをめざす「チャレンジ」モードが追加。
  • のちのアップデートで「ぷよぷよ」の基本や連鎖のテクニックを学べる「レッスン」モードが追加。「レッスン」では『ぷよぷよテトリス』で搭載されていた「基本」「応用」「研究」に加え、実際にぷよを操作してぷよの消し方や連鎖などの練習ができる「問題」が収録されている。
  • アーケード版では、ほかのプレイヤーとオンライン対戦できる「全国対戦モード」、同じ店内のプレイヤー同士で対戦する「店内対戦モード」、ハイスコアをめざす「スコアアタックモード」の3つのモードがプレイ可能。使用可能キャラなどは家庭用版と同じ。



参考動画
  • PV