サークル-一般-関東-江戸川クイズ本舗

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【基本データ】


ホームページ


会員数

会員数は20名(その他、会員外のゲストの方がだいたい12-3名ほど)

活動頻度、曜日

毎月1回、第1or第3日曜日を中心に年12回程度開催

主な活動場所

タワーホール船堀(都営新宿線船堀駅前)

参加層

クイズ経験者としては元・関東学院大学クイズ研究会のOB・社会人会員が中心ですが、原則的には前身サークル(もともとは某深夜放送のリスナー仲間で作った「成田さだまさし研究会」という全然趣旨の違うサークル)関連のメンバーも多く、クイズに関しては初心者・オープン大会にほとんど行ったことがないメンバーが大半です。ゆえに比較的毎回「まったり」とした感じでクイズをやっています。

サークル設立年

1992年3月(2006年4月にリニューアル)

設立の経緯

当サークルはもともとはまったく違う趣旨のサークルだったのですが、別の「さだ研」のメンバーや、主催者が学生時代に所属していた旧・関東学院大学クイズ研究会のメンバーなどが揃い変遷を経て、2006年4月に「クイズサークルえどきゅう(江戸川クイズ本舗)」としてリニューアルオープンしました。
現在は早押しクイズが一応のメインですが、旧団体の例会企画などの名残もあり、クイズ以外にも、バラエティ企画などもジャンルを問わずいろいろやっています。

その他(現状・トピックスなど)

基本的には、いわゆるオープン大会に参加するような方がごく少数派で、「既存の大会の本や企画を試しにこのサークルでやってみたらどうなるんだろう」…というお試し企画が多く、脱線気味なトークが大好きな「ド素人クイズサークル」です(知り合いに言わせるとここのサークルの例会のノリは「テーブルトークRPG」に近いそうです)。
また、基本趣旨としては「クイズ・ゲーム企画を肴に仲間作り」をモットーとしているので、いわゆる何かのクイズ番組や大会を目指している実力養成を目指している方にはあまりお勧めはできないかもしれません。(ただし企画柄、意図的に難問長文問題はたまに出ますが…)

【活動内容】


例会の平均参加人数

平均15名前後(2008-10年度平均、会員・会員外含む)。定例会の他に、関西・東海・北海道方面の方で会報の定期購読をされている方もいます。

問題傾向

早押しは「基本問題中心」(近年、例会前のフリバでは「abc」さんの大会問題集が使われる事が多いです)、他の企画に関しては「テレビ番組によく出題される程度」の難易度と企画バリエーションだと思います。

サークル色の出る企画・活動は?

当会の通常例会としては(別項のG1例会を除く)、1月に行われる「箱根駅伝すごろく」(注:クイズ企画もありますが、本当に「すごろく」がメインです)、5月に行われているクイズ系企画「御大杯」、7月に行われるゲーム系企画「船堀記念」の3企画が、毎年の盛り上がりの割にはシンプルな企画群で、「とっつきやすい」例会と思われます(公式サイトでは、この3つの例会を「新人さんがデビューするには最も適している例会」として推奨しております)。
また、若干難易度が高いガチンコ系クイズ企画としては、1月に行われる「グリーンハウスカップ(GHCと呼ばれています)」という企画が、他の実力養成型クイズサークルさんの例会のノリと最も近いと思われますので、この例会を推奨する事もあります。

開催するクイズイベントなど

サークル内G1企画として、毎年9月上旬に行われる「でんきゅうステークス」というクイズ大会、年度末・毎年3月に行われる「創立記念定例会・堀切王冠賞」というクイズ・ゲームの折衷例会は、他団体と合同で開催する事もあるため、ゲストも参加人数も他の例会よりも非常に多くなります。(ゲスト参加は大歓迎です)

その他、特記事項

会報(現在はpdf版で年に8冊程度発行。前サークルから通算で約140号になります)やホームページの掲示板(例会後は「感想戦」で盛り上がります)、mixi、Twitterなどの定例会外の活動の盛り上がりも見せています。以前は紙印刷での発行でしたがpdfに切り替えた事により、カラー化と読者が増えたメリットがありました(現在は肖像権の兼ね合いがあり「誰が購読してるのか」という確認の上でパスワード付の限定公開サイト等で閲覧するようになっておりますが、定期購読されたい方はご連絡ください)
当会では「定例会」「会報」「ネット(ホームページ掲示板やmixiのコミュ等)」での3種類の活動方法を推奨しています。
ちなみに近年は関東学院のクイ研からの学生会員がゼロになってしまい、メンバーの平均年齢が当初は10代後半が中心だったサークルが10数年経て、現在は30代半ば、と「高齢化?」が進んでおりまして、20代前半の方や、他の大学の学生さんの会員or出入りさんを極めて急募しているところです。

【参加するには】


(単発での)ゲスト参加の可否

大歓迎です。ただし、いきなり参加表明するよりも、事前にご連絡をいただき、公式ホームページの掲示板等でやりとりを先にやっておいたほうが実際に現場(定例会)で楽しめると思います。

現在、会員募集しているか

大歓迎です。基本的にクイズ系の方以外の方もいらっしゃいますので、早押し系だけでなく団体戦・ゲーム系の企画もやっておりますので、初心者の方でも問題なく参加できると思います。ただ、正会員になるにはかなりサークル企画がクイズ企画以外の企画も割合としては多く、明らかに他のクイズサークルさんとは異質なため、最初の数回or半年ぐらいは、「出入りさん」として参加されて、合うか合わないかを判断してもらっております。(なお、当会の趣旨上「仲間作り」が最優先事項というかそれがサークルのモットーですので、最低限、「一人の大人」として、きちんと挨拶ができて他の参加者の方とコミュニケーションが取れればまず問題はないと思います)

初心者に対する対応は?

B 初心者優遇あり→ベテランも参加しているが、初心者向けの企画があるなど、初心者に対してなんらかのアドバンテージがあるサークル。
☆最近は、早押しに関してはクイズ経験者・未経験者を問わず上位と下位の実力差が開く傾向が出てきましたので(女性会員が微妙に増えてきましたので)、クイズ企画に関しては早押し・非早押し系も含めた企画を用意した団体戦(形式は個人戦だポイント等は団体戦)の形式が多いです。
と同時に、企画への参加者は増えてきたのですが、それを仕切る企画者・スタッフ側が長年、慢性的に不足しているので、プレーヤーをやりながら年に数度、企画者およびスタッフもやってみたい、という方は大歓迎です。

参加するには?

公式サイトまで。

メッセージ

クイズサークルとしてはまったくの門外漢で、実績も何もあったもんじゃない「ド素人クイズサークル」ではありますが、もしご興味を示された方・対抗戦なんかどうだい?と思われた他団体の渉外担当の方がいらっしゃいましたら、ホームページ等を参考にしていただき、ご連絡頂ければ幸いです。












最終更新:2017年05月23日 04:19