サークル-一般-関東-なんたまクラブ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【基本データ】


ホームページ


会員数

10名

活動頻度、曜日

月に1回、第二日曜日が基本(メンバーの都合により第一や第三の日曜日に変更も)

主な活動場所

台東区生涯学習センター(鴬谷駅・入谷駅・浅草駅)、川崎教育文化会館(川崎駅)

参加層

20代後半から30代後半の社会人

サークル設立年

1994年

設立の経緯

神奈川大学クイズ研と東京理科大学クイズ研OBが、大学卒業後もクイズを楽しもうと結成

その他(現状・トピックスなど)

相変わらず、華々しい活躍も自慢できる業績もないまま、細々と活動してます。先日「第5回なんたまオープン」を開催したばかりで、今はメンバー全員、脱力状態です(笑)。

【活動内容】


例会の平均参加人数

7~8人、といったところでしょうか

問題傾向

「ふつうの早押しクイズ」がメインです(いわゆる「長文・難問」はやりません)。

サークル色の出る企画・活動は?

イントロや画像を使ったクイズなども、ときどき行ってます。過去には、下手くそな絵を描かされたり、歌を歌わされたり、パンストをかぶらされた企画も...。
また、毎回の例会後に行う飲み会こそが「なんたま」の真の姿という説も(クイズよりそちらがメイン?というメンバーも...)。
最近はご無沙汰ですが、メンバーでの国内・海外旅行などもありました。(もちろん、「機内ペーパークイズ」付き!!)

開催するクイズイベントなど

 2年に1回開催のオープン大会「なんたまオープン」(2006年11月に第5回を開催しました)。
 その間の年に、「音と画像のクイズ」によるオープン大会「なんたまAVオープン」(第2回の開催は、ただいま検討中)。

【参加するには】


(単発での)ゲスト参加の可否

お断りしております。

現在、会員募集しているか

しております。

初心者に対する対応は?

C 特になし→初心者もベテランも、一参加者として平等に扱う。特にハンデ・優遇策などはなし。
☆そもそも人数が少なく、特別クイズに強い者もいないので、ハンデ・優遇策を設ける必要がないのが現状です

参加するには?

 メールアドレス nantama◎mail.goo.ne.jp(◎をアットマークに変換願います)
 担当 津内口(他の者が対応させていただく場合もあります)

メッセージ

 新規に加入を希望する方には、3回(3か月)の例会に「ゲスト」としてご参加いただいてから結論を出していただいています。まずはお気軽に「ゲスト参加」していただければと思います(あくまで「加入を前提としたゲスト参加」です。単発でのゲスト参加はお断りしています)。
 また、クイズサークルの「掛け持ち」も原則禁止しています。これは、「なんたま」が《一部スタッフが例会をセッティングして、誰でも自由に例会に参加できる》というタイプのサークルではないからです。全員が会の運営に責任を持って、活動しています。
 月に何度も、どこの例会にも参加できるほどクイズに時間を使える方には、「なんたま」に参加するメリットはありません (「クイズに時間を割けるのはせいぜい月に1回」という者の集まり、と考えていただいてもいいと思います)。
 会員募集や「なんたま」の現状に関しては、「なんたまクラブ」ホームページに詳しく記してありますので、必ずそちらをお読みの上でメールにてご連絡ください。なお、お問い合わせに対するこちらからの返信に、何の連絡も返さないような非常識な方は、連絡してこないでください。過去に何人もいまして、大変迷惑しておりますので。












最終更新:2006年12月11日 23:45