サニド

概要
旧き神々が住まうイリジアの主であり王にして女王。王子にして王女。
旧き神、灼き尽くす白熱、ザ・ホラー、猊下などの言葉で呼ばれる。
慈愛に満ち、あらゆる知的生物、精神体、人々の守護者を自称するが、その慈愛は必ずしも人類に有益とは限らない。
極めて純度の高い黄金瞳を有し、自らをA.Z.T.Tそのもの、あるいは対だと称する。
黒の王を愛しているというが、A.Z.T.Tを名乗る傲慢故に黒の王には嫌われている。

出典
ソナーニルノベルブック用語集下段の作者不明記述による

元ネタ
クトゥルフ神話において旧支配者を封印したとされる旧神達、そのリーダーであるKthanid(クタニド、頭文字を取ればサニドと読める)
元ネタでは人を守る優しい神であるようだが、スチパン世界ではその愛も有害であるらしい

  • 元ネタはクトゥルフとそっくりさんだったか確か -- 名無しさん (2013-09-10 01:39:16)
  • 慈愛系の大物キャラってトチ狂ってることが多い気がする -- 名無しさん (2013-11-05 02:41:20)
  • 灼き尽くす白熱。。無色のウルタールの白い神、、? -- 名無しさん (2013-11-05 22:20:29)
名前:
コメント:
合計: -
今日: -
昨日: -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。