※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

S21HT キー割り当て


ハードウェアキーが少ないのでキー割り当てのカスタマイズは必須、これで使い勝手が変わる(・∀・)イイ!!
PQzII だと簡単に左右の通話開始終了キーを単なる左右キーに割り当てられるが、
PQzIIではなくSortInchKey + MultiKeyHook でボタンの2度押し機能が使える方法をメモしておく。

まず次の二つのソフトをインストール
  • SortInchKey
    • cabファイルをダウンロード、本体にインストール
  • MultiKeyHook
    • zipファイルをダウンロード、zipを展開したあと multikeyhook.cpl を /windows にコピー

ここまで終わったら再起動、その後MultiKeyHookに使用プログラムを伝える。
  • ミ田 → 設定 → Multi Key Hook
  • [x] Enable Multi-level Key Hook
Addボタンを押して \Program Files\SortInchKey\SortInchKey.exe を指定して保存

次にSortInchKeyの設定
\Program Files\SortInchKey\SortInchKeySettings.exe
  • 左ソフトキーの「メニュー」から「設定」
  • 追加ボタンで S21HT 用の設定コードを増やす
とりあえず

キー名称 キーコード 対応ボタン 長押コード
tel1 0x72 通話開始 0x5b+0xc6
tel2 0x73 通話終了 0x85
home2 0xed ホーム ???

ぐらいは増やすといい。右下OKボタンは既存のOKと同じなので追加不要。
コードの欄に今増やした対応コードが増えているはず。
後はそのコードに対して好きなアプリケーションなりを割り当てれ。

今のところ

tel1 1クリック ただのLEFT
tel2 1クリック ただのRIGHT
home2 2回押し ランチャ起動(WkTaskCmd.exe /l がオススメ)
OK 2回押し タスクの切り替え(WkTaskCmd.exe /f がオススメ)

だけ設定してあるが、これだけですごくイイ!側面の音量調節ボタンは本体が薄くて押しにくいので空けたままにしておいた。

ハードウェアキーのスキャンコードのメモ

MultiKeyHook付属ツールで調べた結果

前面のボタン
通話開始 通話終了 0x72 0x26+0x84 0x73
0x25+0x84 0x86+0x0d 0x27+0x84
ホーム OK 0xED 0x28+0x84 0x5c+0x75

本体側面の音量調節キー
0x75 D/U, 0x26 D/U
0x76 D/U, 0x28 D/U




|