03040

写真 NO IMAGES
復元想像図 NO IMAGES
奉納年 嘉永3年(1850)2月
掲額者 千葉倉松胤雪門人10名
緒元 縦60cm ×横166cm
問題数 10
奉納先住所 岩手県一関市舞川原沢90
奉納先名称 菅原神社
別保管住所 岩手県一関市厳美町沖野々215
別保管名称 一関市博物館
文化財指定
拝観時注意事項 常設展示はされていない。

額文 現代文等
関流八伝 千葉倉松胤雪門人
問1
今有側円内如図設円転線上(乃側円周与円周共親線而上)其側円短
径三寸円径一寸問側円正高幾何
答1 答曰側円正高九寸
術1 術曰列側円短径自乗之以円径除之得正高合問
佐藤雄作利雄
問2
今有全球内如図設円錐容至多大球及小球二个
其小球径一寸問大球径幾何
答2 答曰大球径二寸
術2 術曰置小球径倍之得大球径合問
日下炳治頼矩
問3
今有勺股弦内如図設方及斜(乃斜者従勺弦隅全方角)容円其勺
三寸股四寸問円径幾何
答3 答曰円径五分四厘七毛二糸有奇
術3 術曰(別求弦)列勺股和自之加股巾開平方乗勺加勺
股和因弦及股巾乗勺股和以除股巾因勺巾倍之
得円径合問
佐藤市右衛門品喜
問4
今有全円内設圭及二斜容大円二个小円二个其
小円径一寸問大円径幾何
答4 答曰大円径二寸
術4 術曰列小円径倍之得大円径合問
佐藤義作福包
問5
今有側円周親大円周如図容小円三个其側円長
径三十九寸短径九寸問小円径幾何
類題0310901

問答の寸法では作図できない
答5 答曰小円径七寸
術5 術曰列側円長径以側円短径除之自之加二个以
除四个以減一个余乗側円短径得小円径合問
吉家久蔵利隆
問6
今有方内如図設象限二个及半円容大小円其小
円径一十七寸問大円径幾何
答6 答曰大円径三十三寸
術6 術曰置小円径乗三十三个以一十七个除之得大
円径合問
千葉喜平胤定
問7
今有全円内如図洩重大円設一線容中円一个小
円二个其小円径一寸問中円径幾何
答7 答曰中円径二寸
術7 術曰列小円径倍之得中円径合問
佐藤幸吉定寄
問8
今有勺股弦内如図従勺股央至弦両端隅設二斜
容円其勺三寸股四寸問円径幾何
答8 答曰円径七分八厘有奇
術8 術曰(別求弦)列股半巾加勺巾開平方(名位)列勺半巾加
股巾開平方加位及弦(一段半)以除勺因股得円径合
問9
今有外円内設一線作団扇容大円一个中円二个
小円一个其至多小円径一寸問外円径幾何
答9 答曰外円径四寸
術9 術曰列小円径四之得外円径合問
佐藤治作喜員
問10
今有方内如図従左右設象限画黒積容等円二个
其等円径一寸問黒積幾何
(方+等/2)^2-(方-等/2)^2=(方-等/2)^2-(等/2)^2 から 3*等=方
擬三角=(2*PI()/6)*方^2-sqrt(3)/4*方^2=(4*PI()-3*sqrt(3))/12*方^2
半銀杏=PI()/4*方^2-擬三角=(3*sqrt(3)-PI())/12*方^2
黒積=方^2-擬三角-2*半銀杏=(12-3*sqrt(3)-2*PI())/12*方^2
黒積=(36-9*sqrt(3)-6*PI())/4*等^2
答10 答曰黒積三分九厘有奇 黒積=0.39049670258533・・・
術10 術曰列一分八厘七毛五糸開平方加球積法以減
一个余乗等円径巾九段得黒積合問
渋谷正左衛門直光

額文は「和算 岩手の現存算額のすべて」による。

名前:
コメント: