「スレ独自の設定」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

スレ独自の設定」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 幻想はたった今、意図を持ってここへと集う……。
 葬られた物など無いと、天使達は過去を手繰り寄せていく。
 全ての手は繋がりを持ち、糸となって複雑に絡み合う。
 さあ、その光を持つモノ達よ、幾多もの蝋燭となって一つの巨大なワールド―物語―を照らそうではないか……。
 
 数多の妄想たちがめぐり合い、そこに新たなセカイを生み出す……
 全てはサラスヴァティ様の加護の元に……
 
 ----
 
 ***全てを包括する宇宙にて共有される事項
 
 -サラスヴァティ
   厨二病の干渉能力によって創造された異世界から、情報を引き出しスレッド上に具象化する呪文。
   多くの場合、いちど物質媒体に断片を保存し、サラスヴァティ・スレッドの波に乗せる物だが
   人によっては、異世界とスレッドを直に接続することで、そのままの心象風景を流し込む事も出来る。
   その強大な効果から神格化されているのかと思ったら、実はそれは違う国の神様だった事は……言うまでもない。
   語源は「大衆の目に晒す」と言う意味の「Saras」から来ており、それに神秘的かつ幻想的な活用を与えた事で「サラスヴァティ」と付けられた。
 
 -サラスヴァティ・スレッド(通称:本スレ)
   「隔週の金曜日」と呼ばれる時にのみ一般界に姿を現す、特殊な場。
   そこでは、サラスヴァティの効力が最大限に増幅されると言う奇妙な現象が発生しており
   普段のおよそ10倍近い情報がサラスヴァティによって観測される。
 
 -厨二病(別名:異世界創造症候群)
   この世界の人間のみに現れる病気。
   主に魔導師の資質を持った13から16歳ごろの青少年に発現する。
   ここではないどこかの平行世界との周波数が合い、その世界に干渉できるようになる。
   老化が進むにつれて多くは感覚が鈍くなり一般人に戻るが、
   一部の『適合者』と呼ばれる人間はオトナになっても厨二病の能力を使うことができる。
-
-----
-
-***此処、王立魔法図書館に関する事項
-
--王立魔法図書館
- サラスヴァティ・スレッドにて観測された具象存在を保管する国家機関。
- 
-
-  サラスヴァティ王国魔法図書館―――通称ウィキ
-
--来るものに警告する門(ゲートガーディアン)
-
--第弐拾九書庫:生まれ堕ちたモノ達
-
-
--第百拾伍書庫:暗黒の語り部
-
--第参書庫:理を司りし音律
-
--第五拾弐書庫:齎されし新秩序
-
--第XXX書庫:封印されし禁書の間
-
--大いなる一の魔導書(アンシーン・グリモワール)
-
-
-
-	
-
-
 ----
 - 何追加すれば良いのかワカンネ  -- bip  (2008-11-07 23:15:28)
 - いまだにサラスヴァティの意味が解らないんだが  -- 名無しさん  (2008-11-07 23:28:03)
 - サラスヴァティ?スレに晒し上げましょうって意味じゃね?  -- 人を超越せし者  (2008-11-07 23:31:32)
 - 輝ける星の欠片に纏わる設定ってのはスレではなく投稿者の設定だからそちらに移した方がいいと思う  -- 名無しさん  (2008-11-07 23:52:01)
 
 - とりあえずページの名前とかの設定追加しようと思うんだ  -- bip  (2008-11-13 00:55:14)
 #comment