裁量バックテスターの画面説明


メイン画面

エントリーボタン 青が売り、赤が買いのエントリーを行います。
枚数変更 ボックスを直接編集するか三角ボタンを押すことで枚数を変更することが出来ます。
初期リミットスットップ値 エントリーと同時にリミットストップを設定する場合、数値をpipsで設定してください。
テスト速度変更ボタン 設定した数値の速度に変更します。または再生一時停止をさせます。
買い注文一括決済ボタン 白いバツを押すことで、買い注文のみを一括決済することができます。
売り注文一括決済ボタン 白いバツを押すことで、売り注文のみを一括決済することができます。
指値注文一括取消ボタン 白いバツを押すことで、指値注文のみを一括取消することができます。
マクロON/OFFボタン トレール決済、自動ナンピンのON/OFFの設定ができます。
ボタンが赤い枠で囲われるとONの状態となります。
足再生ボタン ローソク足1本分進め一時停止の状態にします。
再生速度を最大にしたり、ティックモードを始値のみなどにすることで、
より効率よく足ごとの再生をさせることができます。
日時再生ボタン 指定した日付あるいは時間まで進め一時停止の状態にします。
各注文ボタン 各注文を行うことが出来ます。
指値編集と決済ボタンは、ポジションリストのポジションを選択することで実行できます。
メニュー 設定 各種設定ができます。
オフラインチャート 同期させるオフラインチャートを設定できます。
CSV 一般設定にてCSVを保存するにチェックをしている場合にCSVファイルを開くことが出来ます。
(テスト中は読み取り専用でのみ開くことが出来ます。)

保存先ファイル:MT4『データフォルダを開く』>『tester』>『files』>rireki.csvファイル
size 裁量バックテスターのウインドウサイズを変更します。

ポジションおよび指値注文はクリックし選択することが出来ます。
『指値編集』『決済』ボタンを使用するには、
ポジションおよび指値注文をクリックし選択した状態にしてください。


設定画面


全般設定
口座残高 口座残高を設定します。ポジション保有中は変更できません。
最大レバレッジ 最大レバレッジを変更します。テスター起動中に設定できます。
初期取引枚数 初期取引枚数を設定します。
1枚に対するMT4Lot数 バージョンアップによりこの項目は削除されました。
現在は内部にて自動調整されます。
取引増減枚数 枚数を変更する三角ボタンの増減値を変更します。
初期リミット 初期値のリミットを設定します。
初期ストップ 初期値のストップを設定します。
ショートカットキーを使用する ショートカットキーを使用します。
テンキー1:売り注文 テンキー2:買い注文 テンキー3:決済注文
テンキー4:速度1 テンキー5:速度2 テンキー6:速度3
テンキー7:速度4 テンキー8:再生/一時停止 テンキー9:足再生

※ショートカットキーは裁量バックテスターのウインドウが選択されている状態でのみ使用することができます。
CSVに保存する チェックすると取引履歴がCSV保存されます。
自動ログイン設定 チェックすると自動ログイン設定が設定されます。


速度設定
速度ボタンに速度を設定します。


トレール設定
トレール設定の内容を設定します。
トレールは買い注文ごと、売り注文ごとに実行され一括決済されます。


ナンピン設定
ナンピン設定の内容を設定します。


オフラインチャート設定
同期させたいオフラインチャートの設定をします。
同期させる時間足のみ設定してください。
※元チャートより小さな時間足のチャートは生成させることができません。
使用する一番小さな時間足をストラテジーテスターで生成するようにしてください


注文画面


新規指値
新規指値注文、逆指値注文を発注します。
設定レートに発注したいレートを入力してください。
反映ボタンにて現在レートからpips値にて入力することもできます。
IFO:指値注文のリミットストップ値を設定します。設定しない場合は空にしてください。