三拳魔

【名前】 三拳魔
【読み方】 さんけんま
【登場作品】 獣拳戦隊ゲキレンジャー

【詳細】

かつては獣拳の創始者ブルーサ・イーの弟子だったが、悪に走って臨獣拳を生み出し、臨獣殿を創設した3人の拳士の総称。

大地の拳魔 マク空の拳魔 カタ海の拳魔 ラゲクで構成されている。
マクは「怒り」、タカは「憎しみ」、ラゲクは「嫉妬」から力を得ると称している。

かつて起きた「激臨の大乱」で激獣拳七拳聖に敗北し、遺骸はそれぞれ滅多な事では手の届かない場所に封印される。
魂も拳魔の腕輪に封じられていたが、理央メレの手によって復活を遂げた。

修行は最初にそれぞれが司る負の感情を限界以上に引き出す必要があり、本気で殺害するつもりでかかってくる為、付いて行ける者は数少ない。

【余談】

彼らの名前もリンリンシーと同様、「モチーフとなった生物の名前の最初の1字を最後尾にスライドさせた」ものになっている。